朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 皆さんは猫がお好きですか ///2017.02.22放送分

f0112434_16205286.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌) 

今日2月22日は「にゃん・にゃん・にゃん」で「猫の日」。語呂合わせから生まれた記念日はたくさんありますが、これほど愛らしいものはない気がしませんか。

昔から、身近な動物として愛されてきた猫は、ことわざにもたびたび登場します。「猫をかぶる」「猫に小判」「猫の手も借りたい」。そして、「猫に鰹節」ということわざもありますね。猫に大好物の見張り番をさせるなんて、とんでもない。すぐ手の届くところに置けば、油断できない状況になる・・・という意味です。

海の向こうのタイにも、よく似たことわざがありますが、油断できない好物は鰹節ではありません。「焼き魚、猫にまかせる見張り番」。タイの猫は、香ばしい焼き魚が好きなのでしょうか。

また、フランスには「猫の留守にネズミが踊る」という、何だか楽しそうなことわざがあります。「鬼の居ぬ間に洗濯」という日本のことわざと同じ意味で、こわい相手がいない間に、思いっきり気晴らしをすること。フランスでは命の洗濯ではなく、ネズミがダンスを楽しむのですね。

そして、アイルランドには「猫を嫌う人には気をつけろ」ということわざも。猫は人間の思い通りにはなりません。それが嫌だという人は、自分の思うように人を支配するかもしれないから、気をつけなさい・・・という意味だとか。なかなか深いことわざですね。

さて、皆さんは猫がお好きですか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-02-19 22:02 | 朝野家・香りの散歩道

/// 社長!また、そんなん買ってきたんですか?!ちっちゃくていい ///

f0112434_18194290.jpg

よく社員から言われます。「社長!また、そんなん買ってきたんですか?」「何に使いますのぉ~???」呆れられます。

『でも、これは使えるやん!』
必要は発明の母、ならぬ「とりあえず購入は使用の母」です。

Facebookの記事広告を見ていると、たまに魅力的なものがあります。クラウドファンディングに直感で乗ってしまいました。Wekey Pocket|極薄ワイヤレスキーボード「ウィーキーポケット」です。Li-Polymer(リチウムポリマー)バッテリー内蔵、金額はクラウドで25%OFF2個で11,960円コースでした。

f0112434_18201886.jpg
この商品は、スマホよりも薄くて軽く、持ち運びに便利な折り畳み式ポケットサイズのキーボードで、持ち運びが便利でiPoneやiPadなどブルートゥースでつなぐことができ、フリック入力の不得意な私には使える商品です。

今までもELECOMの小型キーボードを使っていたのですが、カバンにしまおうと思っても、想像以上にかさばってしまい、やっぱり大きく重いのです。長文を打つにはキーボードが慣れていて、あると便利ですが、常に持ち歩くのはさすがに面倒です。

f0112434_1821392.jpg
このキーボードは、厚さわずか6mm(オープン時3mm)で、重量は95g。耐水性もあります。広げれば普通のキーボードサイズ、たためば携帯電話とほぼ同じで使いやすいんです。
f0112434_18214449.jpg
ただいつもは日本語入力なので、ローマ字入力なれるまでが問題ですが、これで、iPoneとの組合せでオフィスと同じ環境が出来ます。

今回はとても使えそうです。
# by asanoyayu | 2017-02-19 18:25 | 社長お勧め商品

/// フランス人CÉCILIA のweb『日々の喜び』に朝野家が・・・ ///

f0112434_19222033.jpg
昨年、FAMトリップでお越しいただけたフランスwebライターに書いていただきました。綺麗な写真を楽しんでください。

NOUVEL ARTICLE ! [Hibi no Yorokobi] Je partage avec vous les délices du ryokan 山陰・湯村温泉 ゆけむりの宿 朝野家  RYOKAN ASANOYA -->
# by asanoyayu | 2017-02-18 19:25 | テレビ・雑誌の取材

/// 2/23日 17:00~ 毎日放送MBS ちちんぷいぷい「昔の人は偉かった」で放送 ///

f0112434_1552101.jpg
15日、荒湯でちちんぷいぷいの名物コーナー『昔の人は偉かった』の取材があり、湯村温泉の昔の暮らしぶりや日常温泉としての生活などインタビューされました。

f0112434_15522825.jpg
MBS毎日放送の河田アナとくっすん(UK)のお二人が歴史を求めて、ただひたすら歩くコーナーです。

f0112434_15525011.jpg
湯村温泉の高温・泉質だから出来る『荒湯生キャラメル』も味わって頂き、河田アナ、くっすんともビックリされていました。

f0112434_15531178.jpg
放送は、23日(木)ちちんぷいぷい17:00~「昔の人は偉かった」のコーナーで湯村温泉も出ます。

f0112434_15583983.jpg
荒湯と湯村温泉の説明をさせていただいたので、少しは出ると思います。
ぜひ、ご覧ください。

f0112434_1852925.jpg
日時:2/23日 13:55〜 毎日放送MBS
   昔からの人は偉かったコーナー 17:00~予定
番組:ちちんぷいぷい 『昔の人は偉かった』
# by asanoyayu | 2017-02-18 15:59 | テレビ・雑誌の取材

/// 本日、2回目の荒湯ジオガイド ///

f0112434_17383498.jpg
但馬の情報雑誌「T2」を発刊しているキャメルさんからの依頼で、本日2回目の荒湯でジオパークガイドをしてきました。

f0112434_9185981.jpg
今、山陰海岸ジオパーク推進協議会のスマートフォンアプリを作成しており、各地ガイドの方のインタビュー動画が見られるコンテンツがあるそうです。湯村温泉については、新温泉町役場から推薦いただ様で撮影が行われました。

f0112434_1740513.jpg
ついでに「温泉熱温度差発電」「荒湯生キャラメル」などのコンテンツも、撮って帰られました。どんな動画になるのやら・・・。

今日はトリプルヘッダーで、夕方には兵庫県ツーリズム協会の地域プレゼンテーションFAMツアーがあり、報道関係者や各旅行会社の方々のジオガイドをすることになっています。少しでも湯村温泉を知っていただけるように頑張ります。
# by asanoyayu | 2017-02-16 17:40 | 山陰海岸ジオパーク

/// Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー) ///2017.02.15放送分

f0112434_9113055.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

昨日のバレンタインデーには、どんなドラマがありましたか。

「そんなもの、ないない」という声も聞こえてきそうですが・・・「ドキドキしたけど、本命チョコが渡せた」「ちょっと贅沢な自分へのごほうびチョコが、最高においしかった」と、甘い香りを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

それにしても、毎年この時期は、世界で注目されているチョコレートに出会えるチャンスですね。バレンタインデーやホワイトデー限定の商品もあり、チョコレート好きな方にとっては、ワクワクする季節でしょう。

最近は、「Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)」のチョコレートが人気を集めているそうです。「Bean to Bar」とは「カカオ豆から板チョコまで」という意味で、原料のカカオ豆を選び抜くところから、チョコレートづくりのすべての工程を一貫して手がけること。

おいしさに妥協しないショコラティエたちが、手間をかけて創りだすチョコレートは、味だけでなく、香りや色つや、舌でとろける感触まで、すべてがオリジナル。それをいただく私たちは、産地によって異なるカカオ豆の風味を、味わうことができるのです。

せっかくのチョコレートですから、あわてて食べずに、ゆっくりと香りも楽しんで。チョコレートを口に含んだまま目を閉じると、嗅覚が研ぎ澄まされて、よりいっそう繊細な香りが楽しめるそうです。

お気に入りのチョコレートで、香りの違いを試してみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-02-15 08:46 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今日はバレンタイン 偶然に出会う愛のバス『ハートのつり革』///

f0112434_11104427.jpg
------2017.02.14日本海新聞記事抜粋-----
今日はバレンタイン、偶然に出会う愛のバス『ハートのつり革』を二人で持つと幸せになれます。

新温泉町観光振興協議会と湯村温泉旅館料飲組合のコラボ企画、構想から3年かかってしまいました。

f0112434_11111553.jpg

サンテレビの取材を受けました。...
放送は、今日2/14日 11:55、14:55、17:50 のサンテレビニュース に出るかもしれません。

良かったら、ご覧ください。


# by asanoyayu | 2017-02-14 11:12 | 隠れハート

///湯村温泉から皆様にバレンタインのプレゼント ///

f0112434_22483375.jpg

明日はバレンタインデーですね。チョコレートと告白をお待ちの男性陣も多いとは思いますが、湯村温泉から皆様にバレンタインのプレゼントを用意しました。

f0112434_22491635.jpg

今回は私が発案者ということでサンテレビの取材を受けました。

放送は明日2/14日 11:55、14:55、17:50 のサンテレビニュース に出るかもしれません。時間変更になりました。良かったら、ご覧ください。

f0112434_22500463.jpg
今朝10時から、全但バス湯村営業所で幸せの『ハートのつり革』の記者発表が行われました。
f0112434_22510386.jpg
この事業は湯村温泉観光協会の「ハートを探せ」と浜坂観光協会の「恋人の聖地」を結ぶ「愛のバス」として、全但バスの協力で湯村温泉⇔浜坂駅の間を走る1台のバスに1か所、湯村温泉発のバスの1か所についています。
f0112434_22513327.jpg

このバスに乗れて、2人でハートのつり革を持ち、携帯の待ち受けに保存すると幸せになれるといわれています。ぜひ、乗って探してみてください。

このハートは湯村温泉観光協会の「幸せの隠れハート」の1つにも認定されました。

f0112434_22533163.jpg

雪の降る中、全但バス社長、湯村温泉観光協会、浜坂観光協会、商工観光課などそれぞれの関係種も出席して発表が行われました


# by asanoyayu | 2017-02-13 22:53 | 隠れハート

/// 社長!また、そんなん買ってきたんですか?!(-_-;)失敗こいた ///

f0112434_14213946.jpg
よく社員から言われます。「社長!また、そんなん買ってきたんですか?」「何に使いますのぉ~???」呆れられます。

『でも、これは使えるやん!』
必要は発明の母、ならぬ「とりあえず購入は使用の母」です。

f0112434_14228100.jpg
Facebookの記事広告を見ていると、たまに魅力的なものがあります。今回もこれに乗ってしまって大失敗です。

軍事用、昼間の様に明るく、直接人にあてないでください。安全が確保されますといううたい文句。ペットとお散歩するのに鹿や猪が出てくる場所でも使えるかなぁ~、会社でも使える・・・と即決してしまいました・・・しかもUbertorch 3が3つで配送料入れて$148.49 USD。

f0112434_14224266.jpg
いつもだと他にないか、この商品は大丈夫か?と調べてから買うのですが・・・。失敗こいてしまいました。昨日、国際郵便で届いたので、早速単4電池3本入れて夜家に帰るのを待って・・・わくわく・・・。軽さ、照度もかなりのもの、でも動物が怯む程のものか?

f0112434_1423248.jpg
雪かきが無いので、時間が取れたため、「Ubertorch」で検索かけるとAmazonでヒット。明日届いて1,088円。恐るべきアマゾンプライム・・・。

ガァ~~~ン!!!。
1個1,088円の使用品を5,603円で買ってしまった。正にしまった!!こりゃ~流石に会社には請求できないわ。

「安い」「凄い」「欲しい」の時は冷静に、時間を置いて『本当にいるか』を考えて、調べて買わなければ・・・。
『社長!また、そんなん買ってきたんですか?!(-_-;)』、反省の買い物でした。
# by asanoyayu | 2017-02-12 14:25 | 社長お勧め商品

/// 朝からえらいこっちゃ〜! ///

f0112434_1125685.jpg
朝からえらいこっちゃ〜!

f0112434_1132196.jpg
大雪で雪かきが追いつきません。車で越しのお客様には30分以上お待たせしています。

f0112434_1134942.jpg
もぉ~いつまで降るねん。

f0112434_1141469.jpg
笑うしかないヽ( ̄д ̄;)ノ ハハハハハ

本日、開催予定の『ゆむら灯火の景』は中止になりました。

f0112434_1145727.jpg
大雪の中で、雪の芸術見つけました。

タイトル:『雪と水の木』

f0112434_1153083.jpg
タイトル:『イギリス騎兵隊帽子』

もう少し頑張れそうです。
本日、リフレッシュパークも臨時休館となりました。(9:50am)

f0112434_116552.jpg
全但バスがわんにゃんハウス前で横向きで、スタックして道をふさいでいます。お客様の車が持って来れない・・・。

くれぐれもお気おつけてお越しください。
# by asanoyayu | 2017-02-11 11:00 | イベント・歳時記

/// Blogtrip Japon, épisode #04 : I love Yumura ///

f0112434_11333498.jpg
昨年来ていただいたフランスのパワーブロガー、セシリアちゃんの湯村風景です。

のんびりとした温泉地がここにある!
youtubeのUP有難うございま〜す。

良かったらご覧ください。
# by asanoyayu | 2017-02-10 11:21 | テレビ・雑誌の取材

/// 三四郎が選んだ香水///朝野家・香りの散歩道2017.02.08放送分

f0112434_23232526.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

明日、2月9日は、日本を代表する文豪が生まれた日です。時代が幕末から明治へと大きく変わろうとしていた150年前のこの日、江戸のまちに金之助(きんのすけ)という男の子が誕生しました。のちに「吾輩は猫である」や「坊ちゃん」など、数多くの名作を世に送りだした夏目漱石です。

今年は生誕150年を祝って、漱石の人生や作品に、ますます注目が集まっているようですね。

漱石が生きた明治という時代は、日本に西洋文化の新しい波が押し寄せた時代。女性たちが身につけた香水も、その一つでした。

明治41年、漱石が新聞に連載した小説「三四郎」には、香水が登場する印象的な場面があります。九州から上京した東大生の三四郎は、都会的で自由闊達な女性、美穪子(みねこ)に心をひかれます。ある日、美穪子と偶然出逢った店で、どの香水を選べば良いか相談を受けた三四郎は、わけもわからずヘリオトロープの香水瓶を手に取りました。

美穪子が買い求めたその香水は、物語の最後に再び登場します。ヘリオトロープの香りをつけた白いハンケチを、美穪子が三四郎の顔の前に差し出すという、静かで香り高い別れの場面です。

紫色の小さな花を咲かせる甘い香りのヘリオトロープは、日本では香水草(こうすいそう)、フランスでは恋の花と呼ばれています。

夏目漱石がなぜ、数ある香水の中からヘリオトロープを選んだのか・・・その思いを香りで想像してみると、小説の味わいがよりいっそう深みを増してくるかもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-02-08 08:15 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今日のおばんざいは朝野家館主の『温泉ローストビーフ・炊飯器バージョン』の簡単レシピです ///

f0112434_18425635.jpg
最近、肉ばかり食べて低糖質をしていますが、神戸であった会議の帰りにコストコに寄ってきました。

目的の一つはプライムビーフ肩ロースのブロックを買うことでした。1859gで3,867円はお買い得ですね。久々に調理も簡単、その上にこれは美味のでぜひ作ってみて下さい。

今回は朝野家館主の『温泉ローストビーフ・炊飯器バージョン』です。 「荒湯生キャラメル」に続く、温泉熱利用料理第2弾です。
f0112434_18434266.jpg
いつもの目分量 約10人前ぐらい

===材 料===
牛肩ロースブロック   1859g
バター           50g
国産牛脂(出来たら但馬牛脂)20g
塩              適量
黒粒胡椒           適量
イタリアンミックス      適量
にんにく           1房
赤ワイン         20CC
ハチミツ         大さじ2
醤油           大さじ2
酢            大さじ1
オリーブ油        50CC

サランラップ
ジブロック又は真空調理機
アルミ箔

f0112434_1845231.jpg
===作り方===

1.牛肩ロースブロックは冷蔵庫から出し常温にして使います。岩塩(塩)、挽いた黒胡椒、イタリアンハーブミックスをしっかり目にかけます。

f0112434_1846029.jpg
2.さらに、摩り下ろした生ニンニクをブロック全部の面に塗り、手で擦り込こんでサランラップを撒いて、味が染み込むように冷蔵庫で30分休ませます。

f0112434_18472589.jpg
3.冷蔵庫から取り出した肉の水分を、クッキングペーパーで拭き取ります。フライパンにオリーブ油(バターや国産牛脂を入れると美味しくなります)を入れて熱します。ここがコツです。

f0112434_1847513.jpg
4.休ませておいたブロック肉の全部の面を強火で焼きます。後でローストビーフソースをつくる時に、ここで出た肉汁を使うので捨てないようにして下さい。

f0112434_18481182.jpg
5.表面が焼けた牛肉はジブロックに入れて、空気を抜いて密閉しておきます。わが家では真空調理機を使ってパックします。

f0112434_1848346.jpg
6.普段は70度の温泉を使い、肉の内部に熱を入れて行くのですが、家庭では炊飯器の保温温度は約70度ですので、パックされたブロック肉を炊飯器の中へ70度のお湯を調整し、肉全体に被るようにヒタヒタにして保温スイッチを押すだけ、後は炊飯器が中まで熱を入れてくれます。

この大きさでは90分近くかかりますが、500グラムなら30分を目安にして下さい。炊飯器、肉の塊の大きさによって変りますので要注意。目安は肉から出てくる汁が褐色になればほぼオッケイです。後は経験次第です。

肉の大きさで湯がく時間が変わりますが、結構、レアに作って、電子レンジで調整すると、みんなの好みに合わせられます。

f0112434_18493948.jpg
7.肉を取り出しアルミホイールで包み、余熱で最後の仕上げます。材料は冷える時に味が染み込んでいきますので、冷えてからスライスして下さい。

ジブロックに残った肉汁とフライパンに残っている焼汁でローストビーフのソースをつくっていきます。

f0112434_1850459.jpg
8.フライパンは弱火で残った肉汁を加え、赤ワイン、ハチミツ、醤油、酢を入れてかき混ぜながら、アルコールを飛ばしながらとろみをつけます。

冷えたローストビーフをスライスし、ソースをかけると出来あがり。朝野家館主の簡単レシピ『温泉ローストビーフ』の完成です。

f0112434_18503259.jpg
今日は炊飯器でやりましたけどね。朝野家では75度ぐらいの温泉が館内すべての蛇口から出ています。いつもはこれを利用します。安いお肉でボリュームいっぱいの簡単男料理です。

星☆☆☆3ついただきましたぁ~。
男子たまには厨房に入るべし!!
# by asanoyayu | 2017-02-07 18:57 | 亭主のわがまま簡単レシピ

/// 自分にセルフプレゼント、理想の財布 ///

f0112434_20384645.jpg
誕生日プレゼントです。自分からのね。
3
年前、自部用に買った「BRITISH GREENのプライドルレザー」の財布は、カードも15枚入るのですが、満足のいくものではありませんでした。

f0112434_20392994.jpg
何か良いものはないかと調べると雑誌「DIME」にありました。『カードをたくさん入れてもさらに薄い財布NEO』という長い名の財布。今のところ理想形です。

f0112434_20395689.jpg
同じ2つ折りでも、15枚のカードを入れるとカードが段階的に重なり、かさばってしまいます。


f0112434_20413305.jpg

新しいNEOはカードも20枚も入り、開きの4枚は片方の指でカードをスライドさせるだけで、スムースに取り出せます。これ便利です。しかも縦長なのでお尻のポケットに入れると真ん中で折れ曲がりヒップラインにカーブして、座った時でも邪魔になりません。

f0112434_20424076.jpg
カードが5枚余分に入り、この薄さです。前の財布に比べて半分以下になりました。しばらく使ってみます。



# by asanoyayu | 2017-02-05 07:09 | 社長お勧め商品

/// 今年の恵方は北北西 ///2017.02.01放送分

f0112434_17314241.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日から二月。まだまだ寒いと思いつつ、立春が過ぎると春を待つ思いが芽生えて、日に日にふくらんでいくような気がしませんか。

立春の前日、二月四日の節分には、豆をまく子どもたちの元気な声で、福をたくさん呼び込んでもらいたいものですね。

節分の行事として、豆まきと同じくらい定着してきたのが、恵方巻きと呼ばれる巻き寿司を食べる習慣です。その年の恵方、縁起の良い方角に向かって、巻き寿司を無言で丸がぶり。すると、恵方に居られる神様が、願いを叶えてくださるといわれています。

近ごろは、丸かぶりできるロールケーキなども人気があるようで、「縁起が良いといわれることは、とにかくやってみよう!」と、楽しみながらチャレンジする。その行動力こそが、福をたぐり寄せるパワーになっているのかもしれませんね。

今年の恵方は北北西です。思い思いの丸かぶりで、みなさんの願いごとが叶いますように。

また、立春を一年のはじめとして、年越しそばは本来、大晦日ではなく立春の前日、節分に食べるものだ・・・という説もあります。恵方巻きに続いて、これもまた、節分そばという名で広まりつつあるとか。

呼び名やカタチは変わっても、初春を祝い、無病息災の願いを食に込めた、先人たちの思いは受け継がれていくのですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-02-01 08:00 | 朝野家・香りの散歩道

/// 湯村温泉観光協会面白ポスター第10弾『吉田製畳』の撮影 ///

f0112434_16425758.jpg
吉田製畳は湯村温泉で唯一の畳屋さん。今回はご主人に落語家に扮して、謎かけをやって頂きます。

私の好きな桂枝雀さんのイメージで、絵コンテは画かせてもらいました。
「畳と掛けまして、落語家と解きます。」
「その心はオチつきます!」少し洒落て見ました。

f0112434_16483132.jpg
家から使えそうな仕付け糸の付いたままの大島、着物、羽織、角帯を準備しました。

f0112434_1649275.jpg
でも着せ方がわからず、森田呉服店親子に来て頂きお手伝いをして頂きました。締め紐を忘れて、急遽、朝野家の客室係の物を借りて、「まぁ~写らへんし、大丈夫やろ~!」

f0112434_16492160.jpg
着付けを終わり、座布団、金屏風を用意するとどこから見ても中堅の落語家の出来上がりです。襟元を直してもらいながら「はい!本番~ん、スタンバイお願いします。」

f0112434_16493621.jpg
「目線だけ、こっちに頂いて、いつもの様に畳を作りながら、畳の話をして下さい。下向かわないで、目線!目線!」

「えぇ~、針をこうやって畳に刺して、返す。下から刺して、ここでこうギュッ~と肘で糸を引っ張って決めて行きます。」

f0112434_16495642.jpg
はい!カット!!、終了です。さてどんな面白ポスターになるのか、楽しみですね~!
# by asanoyayu | 2017-01-28 16:51 | 湯村温泉 You-murART

/// 夢千代はどこへ行った? ///

f0112434_17333495.jpg
娘が温泉好きの歯医者さんから借りてきた本「温泉批評2014春夏号」の総力特集に懐かしい文字が躍っていた。少し昔の雑誌だったのですがUPします。

f0112434_1736928.jpg
昭和56年に放映された「夢千代日記」の話だ。夢千代日記はNHK人間模様シリーズで放映されたが、55年に湯村温泉をロケ地として撮影された。56年に「夢千代日記」5話、57年に「続夢千代日記」5話、59年に「新夢千代日記」10話が放映されて、60年に東映が映画化された物語です。今年、37年目を迎えています。

f0112434_17365019.jpg
また、60年には新橋演舞場で、三田佳子さんが初舞台を行い、名鉄劇場、歌舞伎座など数々舞台化されています。よく同業者の人から「いまだに夢千代日記か?いつまでもしがみ付いていないで・・・」と言われるのですが、夢千代日記の根底に流れているものを知れば、文芸作品だとわかってくれます。

f0112434_17374551.jpg
昭和の名女優・吉永小百合さんの代表作の一つ、しかし時代を超えて人々に訴えるのは、「人間関係」「体内被曝」の話。人は弱く一人では生きていけない。弱い者同士が・・・、欠けている人々が支えあって懸命に生きている。人類共通の心の繋がりと優しさ、人類最悪の発明品での被爆の2大テーマが作品になっています。

だから、毎年のように再放送されているのです。東北の原子力発電所震災時にも、すぐにテレビで放映されました。

f0112434_17381975.jpg
志賀直哉の「城の崎にて」は1917年(大正6年)はちょうど100年、尾崎紅葉の金色夜叉は1897年(明治30年)で120年、『100年経ったら文化なり』。

夢千代日記もあと63年、これからも捨てることなく、続けて磨きあげれば必ず文芸作品となります。
# by asanoyayu | 2017-01-25 17:39 | 旅行・体験日記

/// お初天神 ///朝野家・香りの散歩道2017.01.25放送分

f0112434_17103017.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日1月25日は「初天神」の日ですね。日本各地の天満宮で毎月25日に催される天神祭の中でも、初天神の賑わいは格別です。

明治・大正の時代には、大阪天満宮の周辺で、紅白の梅に見立てた小さな餅を枝につけた「天神花(てんじんばな)」が、雷よけの縁起物として売られていたそうです。

ご存じのように、天神様には梅がつきもの。のちに天神様と呼ばれるようになる菅原道真公が都落ちをしたとき、可愛がっていた庭の梅の花が主人(あるじ)を慕って飛んで来たという、飛梅の伝説は有名ですね。

菅原道真公は幼い頃から聡明で、文学や芸術に秀でていたことから「学問の神様」として崇められていますが、天神とは雷(かみなり)の神(かみ)、雷神(らいじん)のことだとか。一説によると、菅原道真公がこの世を去ったのち、落雷などの天変地異が多発したことから、いつしか人々が雷神と畏れ敬うようになり、災いを鎮めようと天神様を祀ったと云われています。

今も語り継がれるこうした伝説が、雷よけの縁起物である天神花の誕生にもつながったのでしょう。

皆さんも、どこかで梅の香りをかいだら、菅原道真公が都を離れる際に詠んだこの歌を思い出してみませんか。そして、すべての災いが鎮まり、願いごとが叶う春の訪れを、喜び合いたいですね。

『東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花
      あるじなしとて 春な忘れそ』


*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-01-25 17:14 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今日のおめざ・朝野家館主の簡単レシピ『懐かしい関西風出汁巻』 ///

f0112434_22483163.jpg
女将が出張で、ふるさと納税の返礼品の冷凍食品のストックはあるけど解凍するまで時間がかかる。ならば仕方がないと冷蔵庫を覗くとたくさんの玉子が目に付いた。こんな時に手早く作れ美味しい朝野家館主『懐かしい関西風出汁巻』のわがままレシピです。

久々に作っただし巻き。子供が小さい時には、よく作った「パパの味」出汁多めの柔らかいだし巻き。たとえ子供が食べるものでも、昆布と鰹の合わせ出汁に薄口醤油と味醂で、巻きすでちゃんと巻いてました。

大人になった姉弟からのリクエスト。「久々に食べた!相変わらず美味しいね」がパパ料理人へのご馳走。実は簡単すぎてレシピとはいえない代物、一応は材料を細かく書いてますが、いつものようにかなり目分量で作って行きます。

f0112434_22485762.jpg
===材 料(4人前)===

 生卵            10個
 昆布だしの素(合わ出汁の素)  1袋
 薄口醤油        小さじ3
 みりん         小さじ5
 水           100CC程度
 片栗粉         大さじ1
 サラダ油        大さじ5
 キッチンペーパー      少々

f0112434_22493193.jpg
===作り方===
1.ボールに生卵10個を割り入れ、別のボールで昆布だしの素(合せ出汁)を70CCの水で溶いて出汁を作ります。

食感を良くするために、白身は菜箸で切るようにしますが泡立てをすると食感が悪くなります。さらに色のつかない薄口醤油、みりん入れて、残りの水30CCに片栗粉を溶いてさらに混ぜます。(ここポイントです。( ..)φメモメモ/片栗粉を少し入れることでジューシーで撒きやすくなり、出汁がとどまります)

f0112434_22495639.jpg
2.さらに滑らかな卵液をつくるのに、ざるで濾します。濾すことで滑らかなになるだけでなく、卵の殻や殻座などを取り除く事が出来ます。

f0112434_22501461.jpg
3. 出汁巻用のフライパンを熱して、油をしみ込ませたキッチンペーパーで、全体にうっすらと伸ばします。卵液を玉杓子でとり流します。多いと焼ムラが出来、少ないと穴が開いてしまいます

4.焼けてきて膨らみが出てくると箸で潰しながら、手前から奥に寄せていき1回目が終わります。 手前側に油をひいて、卵液を流し焼き、余った液は奥の出汁巻を持ちあげて流し込み、撒く繋ぎにします。奥から手前に煽りながら時計反対回りに撒いていきます。

巻く時は火から遠ざけながら、なるべく焼き色がつかないように半熟のまま巻いていき。手前に巻き終わったら奥側に油をひいて、出汁巻を奥に寄せて行き、手前に油をひくの繰り返しで巻を大きくしていきます。

f0112434_22512470.jpg
5.水に濡らした巻きすにとり、少し休ませる事で 形をを整えながら、半熟にゆっくりと火を通していきます。


6.包丁で切れば出来あがりです。

f0112434_2251527.jpg
男子厨房に入るべし!
星☆☆☆3ついただきましたぁ~。
卵だけでできる簡単レシピ。本格的な昆布出汁、鰹出汁を取らなくてもOK、関西風出汁巻は見た目にも綺麗で、美味しいですよぉ~。
# by asanoyayu | 2017-01-20 22:52 | 亭主のわがまま簡単レシピ

/// カフェで過ごす時間 ///朝野家・香りの散歩道2017.01.18放送分

f0112434_153354.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

毎年1月1日に、音楽の都オーストリアのウィーンで開催されるニューイヤーコンサート。

今年も大勢の音楽ファンが、世界最高峰といわれるオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、心華やぐ新年を迎えられたことでしょう。

香り高い音楽があふれるウィーンの街は、コーヒーの香りが漂うカフェの都でもあります。街のあちこちにあるカフェハウスの歴史は、今から300年以上も前にさかのぼり、19世紀の初めには600軒もの店があったそうです。

その伝統を受け継ぐ老舗も数多く、なかには、王族ゆかりのカフェハウスも。それは、シェーンブルン宮殿の庭園にある世界最古の動物園の一角に佇み、かつて、フランツ皇帝とマリア・テレジア夫妻が朝食をとっていたと云われる建物です。

1949年、カフェハウスとして一般公開されて以来、地元の人々の間では、栄華を極めた王族にあやかることができるパワースポットの一つになっているとか。

また、1972年にカフェハウスで料理を出せるようになったとき、おばあちゃんのレシピを再現した家庭料理のメニューで評判を呼んだ、庶民的な店もあります。

そして、2011年。ウィーンのカフェハウス文化は、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。音楽が好きで、カフェで過ごす時間が大好きな皆さんにとって、ウィーンはこの上ない憧れの街かもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2017-01-18 08:26 | 朝野家・香りの散歩道