朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 意外と几帳面だったベートーヴェン ///2016.12.7日放送分

f0112434_1546677.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今年も、第九の季節がやって来ました。ベートーヴェンの交響曲第9番を合唱するイベントは、山陰でも師走の風物詩になっています。

交響曲第9番が、世界で初めて演奏されたのは、今から190年以上も前のこと。ベートーヴェンは、ドイツの詩人シラーの「歓喜に寄せて」という詩に感銘を受け、曲をつけることを思い立ったといわれています。そうして出来あがった交響曲第9番の合唱は、日本では「歓喜の歌」という副題で親しまれていますね。

ベルリン国立図書館には、ベートーヴェンが書いた楽譜が所蔵されていますが、修正を加えた跡が残り、かなり読みにくいといわれています。けれど、それがかえって、傑作が生まれるまでの過程を垣間見る、貴重な資料になっているとか。

そんなベートーヴェンですが、毎朝、几帳面に行っていたルーティンがあったそうです。それは、コーヒー豆をきっちり60粒数えること。その豆を挽いてコーヒーを飲んでから、決まった時間に散歩へ出かけ、帰宅して作曲に没頭したといわれています。

一日のはじまりを告げるコーヒーの香りも、ベートーヴェンの創作活動には欠かせないものだったのかもしれませんね。

みなさんも、第九を聴く前にはコーヒーの香りを嗅いで、偉大な作曲家の旋律を心ゆくまで味わってみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2016-12-07 15:48 | 朝野家・香りの散歩道

/// まち創りは付加価値を売るサービス業と同じ ///

f0112434_17443536.jpg
㈱夢公社の役員研修旅行で邑南町に行っている間、新聞に『新温泉町商工会産業フェア』の記事が、2日間にわたり載っていました。

私が講演させていただいた内容も出ています。

-----------------cut 8< チョキチョキ---------------
「まち創りは付加価値を売るサービス業と同じ」と指摘。関心から生まれる「気付き」が付加価値を生み、積み重ねることで客の感動や感激につながると説明した。
------------------cut 8< チョキチョキ--------------

f0112434_1746367.jpg
かなり端折られていますが・・・。

=== 4日のFacebookから ===

「新温泉町の地域資源・魅力発見!」の講演を観光の立場から話させていただきました。

まち創りもサービス業で、いかに沢山のお客様(住民も含めます)に喜んでいただけるか?まちのベクトルを揃えて、目的をはっきりさせます。ターゲティングをして人を呼び込みます。

「付加価値を売る」事はまち創りでも商売でも同じで、実利+実益=商品価値。この商品価値を高めるためには、個性化→差別化→唯一化させる事。唯一化すれば全世界から人が集う。

唯一化するためには住民が、まちの個性を知るように気付くことが大切になります。気付くだけでなく気働くことで磨かれます。

商品の作り方は、磨く、掘り起こす、導入すること。現在、過去、輸入ですね。

湯村温泉のまち創りを例に出し、唯一化の話をさせていただきました。湯村温泉ディズニーランド計画』『観光温泉でなく日常温泉』『湯村温泉・幸せの隠れハートを探せ!』『You-murART作戦』などの半径400mのまち創り、そして突き詰めた唯一化商品実例として、『『荒湯生キャラメル』をリッツにのせて食べていただき、ここでも好評でした。

まちの人々の1人でも良いから、気働いていただけれは夢が、また一つ叶います。さぁ~頑張ろう!!!
# by asanoyayu | 2016-12-06 17:04 | まちづくり・人づくり

/// 隣り合わしたバスのシートベルトの秘密は??? ///

f0112434_19201088.jpg
旅行の季節ですが、知ってはりましたか?

バスの??隣り合わせのシートベルト金具の形状やベルトの色が違うんですよ。もう少し原色を使って分かりやすくした方がいいと思うのですが・・・。

使う時は合う凸凹を利用してください。高速では忘れずに!

夫婦間も人間関係も同じですよね。
# by asanoyayu | 2016-12-05 19:10 | 旅行・体験日記

/// しんおんせん産業フェアが始まりました ///

f0112434_011922.jpg
新温泉町商工会の初めての事業で、地域の方と商工業者に誇りを持って頂くフェアです。

f0112434_01415.jpg
この後、「新温泉町の地域資源・魅力発見!」の講演を観光の立場から話させていただきます。

f0112434_0253.jpg
まち創りもサービス業で、いかに沢山のお客様(住民も含めます)に喜んでいただけるか?まちのベクトルを揃えて、目的をはっきりさせます。ターゲティングをして人を呼び込みます。

「付加価値を売る」事はまち創りでも商売でも同じで、実利+実益=商品価値。この商品価値を高めるためには、個性化→差別化→唯一化させる事。唯一化すれば全世界から人が集う。

唯一化するためには住民が、まちの個性を知るように気付くことが大切になります。気付くだけでなく気働くことで磨かれます。

f0112434_024633.jpg
商品の作り方は、磨く、掘り起こす、導入すること。現在、過去、輸入ですね。

f0112434_031536.jpg
湯村温泉のまち創りを例に出し、唯一化の話をさせていただきます。突き詰めた商品実例として、『リッツに荒湯生キャラメル』をのせて食べていただきます。ぜひ、お楽しみに!!

とても分かりやすく、仕掛けさせていただきました。
# by asanoyayu | 2016-12-04 21:53 | イベント・歳時記

/// 歌姫・金山ゆいさんと街歩き・・・湯村温泉の魅力とは? ///

f0112434_2059584.jpg
11/30日湯村温泉・朝野家に、歌手の金山ゆいさんが来てくれました。

湯村温泉には、美方青年会議所設立35周年他何度か来られているようですが、詳しく知らない様なので湯村温泉ファンになっていただけるように、日常温泉の街中をご案内いたしました。

f0112434_2102111.jpg
まずは「湯村温泉幸せの隠れハート」企画に参加して頂きましたが、新ハートは探せません。

f0112434_2105027.jpg
しかし登録ハートは10個程見つけて頂き、湯村温泉観光協会へ・・・プレゼントゲットされました。ハートが良く似ら合いますよね。隠れハートをお探し来られる方、観光協会の中にもハートが隠れています。ぜひ、お越しください。ヒントはイス、小物、鉢植えなどありますよ。時間が無くて足らない場合はハートに優しい湯村温泉観光協会へ・・・!

f0112434_2111724.jpg
お昼時間だったので、もうひとつのハートを探しに本町通りの「といろ」さんへ。同級生がやっているお店で1日限定10食の「愛しテールラーメン」が有名で、この日も2人で美味しく頂きました・・・。

そうなんです、テールと一緒に盛られているゆで玉子に注意をしてみると「あったぁ~!」そう!ここにもハートがあるんです。味わい深いテールスープが美味しいですよ。

f0112434_2114435.jpg
食事を食べた後は、「おもしろポスター」を探しながら、朝野家に!

f0112434_212212.jpg

食後のデザートは取って置きの定番『湯村温泉・荒湯生キャラメル』です。かなり詳しく湯村温泉の魅力を知っていただきファンになっていただきました。

今度は6時間かかる『湯村温泉・荒湯生キャラメル』を作りながら、新しい隠れハートもお探し下さいね。次回のお越しをお待ちしております。
# by asanoyayu | 2016-12-03 21:03 | まちづくり・人づくり

/// 砂糖替りの本みりん ///朝野家・香りの散歩道2015.11.30日放送分

f0112434_18575538.jpg
(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今日11月30日は「みりんの日」です。

11(いい)3(み)0(りん)という語呂合わせから生まれた記念日だそうですが、せっかくですから、和食の味つけに欠かせない、みりんの魅力を見直してみませんか。

蒸したもち米に米こうじを加え、焼酎や醸造アルコールで熟成させたみりんは、お酒の仲間、酒類調味料です。みりんによく似た、みりん調味料や発酵調味料もあるので、「本みりん」と呼んだほうが分かりやすいかもしれませんね。

本みりんの歴史をさかのぼると、戦国時代にたどり着きます。当時は、甘いお酒として飲まれていたそうで、女性やお酒が苦手な人にも人気があったとか。

調味料として使われるようになったのは、江戸時代の後期から。うなぎのたれや、そばつゆの味つけに用いたのが、はじまりではないかといわれています。

まろやかな甘み。深いコク。料理にテリやツヤを出したいときにも、本みりんの出番です。

さらには、消臭効果もあることをご存じですか。魚や肉を調理するときに本みりんを使うと、素材にしみこんだアルコールが、熱を加えることによって臭みと一緒に蒸発するのだそうです。

最近は、砂糖のかわりに本みりんを使って、スイートポテトやパンケーキなどのお菓子づくりに挑戦する人も増えているとか。

本みりんの活躍の場は、まだまだ広がっていきそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
# by asanoyayu | 2016-12-01 18:54 | 朝野家・香りの散歩道

/// これは潰せないプチプチ ///

発想の豊かさに感心する。
面白いなぁ〜!ほんの少しだけ変えただけ。

f0112434_18454912.jpg
割れ物や壊れ物など、大切なものを包むエアクッション。

緩衝材ともプチプチなどとも呼ばれているもの。 そんなプチプチに涼しげな金魚の絵が描かれているとしたら・・・ HAFT DESIGNのプロダクトデザイナー秋山乃佑さんがデザインしたのが、1粒1粒に金魚がデザインされたエアクッション
# by asanoyayu | 2016-11-30 18:40 | 旅行・体験日記

/// 12月クリスマスの絵灯篭・プレゼントボックスを作成中 ///

f0112434_1820253.jpg
料理や企画、ディスプレーを考えるのは、楽しいですよね。専門に考えるのも良いのですが、手作り感も良いですね。

朝野家では、夕食時に季節の絵灯篭でお食事を楽しんでいただく企画もございます。テーブルにセッティングをして電気を消すと、灯篭の絵が浮かび上がるように内側に絵を画いています。

f0112434_18204058.jpg
社長使いの荒い営業部より、クリスマスシーズンの絵灯篭を画く要請がきました。「お客様は社長の彩色墨絵を楽しみにして、お餅帰られます。ぜひ、クリスマスバージョンもお願いします。」

そんなおだてに載せられて、「・・・考えなきゃならないのは私やでぇ・・・」と心優しい社長は一生懸命考えるのです。彩色墨絵は洋式祭事には合わへんなぁ~、あと3日で12月。印刷を入れると今すぐなんです。

デザインを考え、カットを考え、サプライズも掘り込みます。
いるものをピックアップして「鳥取の100円ショップまで買物に行ってきまぁ~す」

f0112434_18212071.jpg
12月クリスマスシーズン。絵燈籠の試作品を作ってみました。クリスマスツリー、リボン、サンタクロース・・・を墨と顔彩で画いて!

f0112434_18215995.jpg
クラフトパンチとスクリューポンチで星とライトの所を穴を開けて、ローソクの火がより見えるようになった。

f0112434_18222486.jpg
電気を付けた時は星型やライトの穴が見えづらく、電気を消すとロウソクの光りが穴から透過される2つの顔を持つ、絵燈籠が出来た。よしよし、お客様に喜んでもらいた~い。

f0112434_18225350.jpg
さらにその横に置く前菜皿には、昼食で使う黒の開き三段御重に、赤のビニテープのリボンを掛けて、リボンをはりつけるとプレゼントボックスの出来あがり

f0112434_18234023.jpg

やっと、営業部からOK頂きました。
私の役割仕事は終了!! 後は営業部さん、調理部さん頑張ってやぁ~。

#墨絵 #朝野家 #湯村温泉 #asanoya #yumura #絵燈籠 #作ってみた #きれい
# by asanoyayu | 2016-11-28 18:24 | 旅行・体験日記

/// 『いにしえ逍遥・旅タカラジェンヌ』の撮影 急遽、私が・・・ ///

f0112434_153370.jpg
25.26日に『いにしえ逍遥 旅タカラジェンヌ』の撮影が朝野家でありました。

f0112434_16988.jpg
『いにしえ逍遥・旅タカラジェンヌ』は、スカパー!e2のTAKARAZUKA SKY STAGEで、タカラジェンヌがこだわりの旅を紹介する情報番組。同時にKBS京都テレビでも、『旅タカラジェンヌ』のタイトルで放映されています。

f0112434_16489.jpg
今回の旅のレポーターは星組の小桜ほのかさんが朝野家と湯村温泉を紹介してくれます。

朝野家での撮影を女将が担当だったのですが、咳が出て止まらないので急遽お鉢が回ってきました。本番前に急遽台本を読んでおります。性格的に「なんとかなるわ~」の楽天家なので・・・。お友達気分でお話をさせていただきました。

f0112434_172393.jpg
どんなふうに撮れているんでしょうか?気になりますね。とても笑顔の可愛いタカラジェンヌです。

朝野家でのお食事は但馬牛ステーキと松葉蟹のコース「椿の膳蟹の食べ方や但馬牛のルーツも説明させていただきました。
ここでもジオガイドの知識が生かされています。「2種をとっておいて良かった~」。当家のルーツ温泉城の話、館内では夢千代日記のエピソードなど聞かれましたが、没かなぁ~。

ちなみに食事シーンはNGでしたのでぜひ、番組をご覧くださいね!!

f0112434_175667.jpg
一番驚かれたのが、『荒湯生キャラメル』。「練乳もキャラメルも大好きなんですよ~。」本当に喜んで召し上がっていただけ、ついつい『荒湯生キャラメル』をお土産プレゼント、帰ったらクラッカーを買って同期のタカラジェンヌと生キャラメルパーティーをするそうです。

f0112434_182550.jpg
撮影は荒湯で足湯や荒湯玉子、夢千代館、夢てがみ、おばあかふぇ、杜氏館、県立但馬牧場公園などたくさん紹介される予定です。ぜひ、ご覧ください。

f0112434_184963.jpg
ほのか、あいちゃんファンのためのフォトギャラリーです。

舞台とは違う小桜さんを見ることが出来ま~す。
# by asanoyayu | 2016-11-27 07:59 | テレビ・雑誌の取材

/// 湯村温泉観光協会は本年の観光ポスターの発表を行いました ///

f0112434_2320431.jpg
今年は2年ぶりのポスター制作で、テーマは湯村温泉の「温泉力」。
源泉「荒湯」、足湯、荒湯たまご、夢千代という4つのテーマで、湯村らしさを映像と数字で表現しています。

2016年度湯村温泉観光ポスターが出来上がりました。
1.12.21.98何の数字だか解りますか?
そこが狙いです!!!

f0112434_23254776.jpg
荒湯/日本一の温度98度、もくもくと湯気は自然湧出源泉。

足湯/1200前からの「足湯がき」を2000年に復活しました。長さは21mは21世紀にかけて造られました。

荒湯たまご/住民だけでなく、観光客にも24時間開放されている温泉は珍しい、温泉が豊富だから・・・。12分でゆで玉子の出来あがり。湯村温泉の台所での体験型商品。泉質の3成分で「ぴかぴか・ポカポカ・ぷるぷる」になれる。

夢千代日記/昭和56年NHKで放映された夢千代さん、女優・吉永小百合さんの銅像。湯村温泉1番のスポットです。

橋本屋の女将さんにモデルをしていただきました。
# by asanoyayu | 2016-11-25 23:27 | 旅行・体験日記

/// 海のミルク ///朝野家・香りの散歩道2016.11.23放送日

f0112434_22203904.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

「勤労感謝の日」の今日は、「牡蠣の日」でもあることをご存じですか。

栄養豊富な牡蠣を食べて、日頃の勤労の疲れを癒してもらおうと、全国漁業協同組合連合会によって制定された記念日です。

山陰では、夏が旬の岩牡蠣が名物の一つですが、今は真牡蠣のシーズン真っ盛り。真牡蠣の生産量が日本一の広島県では、瀬戸内海で育ったぷりぷりの牡蠣が、全国各地に出荷されています。

ところで、牡蠣には海の水をきれいにするチカラがあるのをご存じですか。

牡蠣は海の中で呼吸をしながら、プランクトンやさまざまな栄養を取り込んで、きれいな水をはきだしています。海の水に溶け込んでいる栄養は、生き物にとって必要なものですが、増えすぎると海が汚れてしまうのだとか。

それを、牡蠣は自分が食事をすることによって、浄化してくれているのですね。自然のメカニズムは、本当によくできていると感心してしまいます。

そうして、すくすくと育った牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養たっぷり。貝を生で食べる習慣がない欧米でも、生牡蠣だけは人気があります。オイスターバーでワインと一緒に生牡蠣を味わうとき、そのおいしさに「大人になってヨカッタ」と思う人も、きっとたくさんいるでしょうね。

さて、働く大人の皆さん、今夜は何を食べて勤労に感謝しますか。

*『朝野家・香りの散歩道』朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。


# by asanoyayu | 2016-11-23 22:22 | 朝野家・香りの散歩道

/// まだまだ青春! めでたいナめでたいナ ///

f0112434_0464335.jpg
23日は、同級生の田畑君と中村さんの結婚式。

良き出会いがあったようで、2か月前に結婚式の予約が朝野家にありました。
「ちょっと、言いにくいんやけど・・・、今度結婚することになったからやっちゃんとこで頼むわ!?」
「えぇ~!式すんの!!、いやいや、それはおめでとう。目出度いね!」

先ほど、新郎の所に行くといない、担当者に聞くと新婦の部屋に行っているようです。

2回目やから落ち着いていると思いきや・・・。顔を見るなり、嬉しそうにそわそわしながら照れ笑い。お母様からもお礼を頂きながら「膳掛けの絵は社長が画かれたんですか?、絵手紙かなんかやられたんですか、勢いを感じます。あの鯛の絵をもらって帰って良いですか?。」

f0112434_0472210.jpg
また、悪い癖がむくむく、そんなに喜んでいただけるならサプライズで画きます。
式には間に合わなくても、懇親会にはね。喜んで頂ける。わぁ~い、わぁ~い!修くんおめでとう。

目出鯛の彩色墨絵画きます。ますます幸せになれるように!!
いつも以上に金・銀を使って・・・。還暦を迎えてからの青春!!ほんまに凄い奴や。

「幸せになってや!」と思いを込めて、画き上げます。

f0112434_048024.jpg
出来た!落款を押して、額に入れて持っていきました。

サプライズ~!!!。
「タンポポ」や「ミンボーの女」などで有名な監督・役者伊丹十三氏は
 『お客の求める事を、お客の想像を越える事で提供する』

たぶん、これがサービスなんだろうな・・・。自己満足かもしれないけれど・・・田畑君楽しんでね。
# by asanoyayu | 2016-11-23 00:44 | 筆誤一会

/// 久々のスイーツのチョコ「ファッツェル(Fazer)」美味い ///

f0112434_00021282.jpg
World Travel Market Londonに行った娘がお土産で買って来たのが、フィンランドの老舗メーカー 「ファッツェル(Fazer)」のチョコレート。 フィンランド航空でヘルシンキで、トランジットでロンドンに行く途中に買ったらしく、小さい箱のわりにズッシリと56粒も入っています。

イメージ 2

このチョコは、元々、ヨーロッパ各国の王室や貴族に愛されているヌガーチョコレートなんです。

イメージ 3

なめらかなチョコにスライスアーモンドが入った優しい味わいです。 これは滑らかで柔らかめ、甘さ控えめで美味しいですよ。

お勧めです。ぜひ一度お召し上がれ。
Hyvää ruokahalua!

Amazonでも箱は変わりますが、取り扱っているようです。

#yumura #asanoya #sweet #chocolate #fazer #朝野家 #湯村温泉 #チョコレート #フィンランド

# by asanoyayu | 2016-11-22 00:02

/// 朝野家から見える風景も秋色になりました ///

f0112434_16401127.jpg

♪~今はもう秋ぃ~♪


イメージ 2


湯村温泉の紅葉名所といえば町の真中に位置する小高い丘にある「清正公園(せいしょうこうえん)」です。朝野家のラウンジや部屋からもゆったりと見ることが出来るのですが、少しずつ綺麗な秋に色付きました。


温泉街から階段で頂上までのぼると、眼下には湯村温泉が一望できる絶好の写真スポット。頂上には日本ライトアップの第一人者:石井幹子さんの夢文字があります。


イメージ 3


◇ランドマーク「夢」文字イリュージョン
・1時間に3回(20分毎).5分間点灯し、四季を色変化で表しています。
・ライトアップの時間は、日没の30分後より午後10時までです。


イメージ 4


朝野家の玄関から続く神社の参道にも秋が少しずつ訪れています。
赤・黄・橙・緑にグラディエーション


イメージ 5


蟹のシーズンと共に秋が深まります。


荒湯の湯気も心なしかもうもうとしています。
日本の四季は素晴らしいですね。


イメージ 6


秋の深まりと共に、もうすぐ松葉蟹の解禁になります。
美味しい蟹と美しい露天風呂で温まりませんか?



# by asanoyayu | 2016-11-20 16:40 | 旅行・体験日記

/// 湯村温泉ディズニーランド計画の講演 ///

f0112434_23432801.jpg

16日、東京キャラバンを終えて、湯村温泉に帰り、登別から観光・商工・銀行・大学などのお客様21名をお迎えして、温泉利用したまち創りの講演させていただきました。

半径400mのまち創り

ディズニーランド構想

f0112434_23475869.jpg
湯村温泉荒湯生キャラメル

f0112434_23474486.jpg
湯村の国の宝物・まちの台所

湯がきの文化

磨く・掘り起す・導入する

汽車型→電車型スタイル

温泉熱小型バイナリー発電&ペルチェ素子発電

f0112434_23481229.jpg
事務局の道銀地域総合研究所の長野さんと生キャラメルです。


# by asanoyayu | 2016-11-18 23:46 | まちづくり・人づくり

/// ボージョレ・ヌーボーの解禁日 ///2016.11.06放送日

f0112434_12382802.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。今年は・・・そうです、明日です。ボージョレ・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で、その年に収穫されたブドウを、その年に仕込んでつくられたワインの新酒です。

もともとは、地元の人々が楽しむ地酒として親しまれていたそうで、樽ごとビストロやカフェに運び、収穫を喜び合いながら飲んでいたとか。ボージョレの新酒を意味する、ボージョレ・ヌーボーという名前がフランス政府に認められたのは1951年。今から65年前のことです。

当時は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日は設定されていなかったので、「いち早く今年の新酒が味わえる」と、パリのレストランなどで人気を呼びました。けれど、販売競争が加熱して、どんどん早く出荷されるようになり、品質が粗悪なものも出回るようになってしまったとか。そこで、フランス政府によって解禁日が決められ、その日までは販売できなくすることで、ワインの品質を守ったのだそうです。

日本にボージョレ・ヌーボーが上陸し、その人気がはじけたのは1980年代のこと。解禁日の時差の関係で、日本は本国のフランスよりもひと足先に味わえることもあり、大ブームになりました。

さて、今年のボージョレ・ヌーボーの出来は、いかがでしょうか。心の中でカウントダウンをしながら、待っている方もいらっしゃるでしょうね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


# by asanoyayu | 2016-11-17 12:38 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今夜は4冊の旅の思い出と色紙1枚届いています。画けた!! ///

f0112434_19344214.jpg
名古屋からの団体のお客様から、旅の思い出帳が4冊届いています。えっ!色紙も一枚届いています。
気を抜かないように画かないと、色紙は緊張してしまいます。桜の花びらの色紙。失敗すると替えが無いのです。季節は晩秋から初冬、蟹も持解禁になっているし山も色づいてきた。


イメージ 2


お客様の立場になれば、5つ同じ彩色墨絵だと楽しくない。1つ1つの絵柄を変えて画いています。
同じ色は一緒に彩色すると効率が良いのですが、1つ仕上げるのに、どうしても30分はかかってしまう。2時間30分を覚悟して・・・。でも日が変わるまでに画けた。


イメージ 3


松葉蟹は顔彩の鮮光黄(せんこうき)の上に、上朱(じょうしゅ)をさすと蟹らしくなる。良い滲み具合だ!


イメージ 4


彩色が終わり、落款を押す。あぁ~あ、出来た。明日喜んで見せあってほしい。


イメージ 5


秋から冬の5つが画き上がった。


イメージ 6


色紙はこれから迎える「雪椿」を画いてみました。桜の色紙だったので・・・。
「春を待ち 雪の重みに 耐えて咲く」丁度、いい塩梅に画けました。さぁ~帰って軽く夕食でも・・・。





# by asanoyayu | 2016-11-16 19:35 | 筆誤一会

/// 朝野家・海外用英語のパンフレットが出来ました ///

f0112434_19205458.jpg

インバウンドのお客様が増えてくると、営業ツールも伴って増えてきます。

新温泉町も英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語、インドネシア語の観光パンフレット観を制作しています。

朝野家も英語ライトバージョンを制作し、長女が先週のロンドンでの
WTM(world travel market)でお渡してきました。評判はよかったようです。
外観のお城を協調し裏面には姫路城、竹田城跡と共に女将の出迎えシーン

f0112434_19212296.jpg
Asanoya Hospitality

When you step into Asanoya,yourreal Japan experience starts up.

You will be wrapped up iu the aroma and be welcomeed with our smiles.Aftercheck in,you will be greeted with tasty Matcha (green tea)and dive into relaxingtime.

Our guest room will surround you with a rich and traditional Japaneseatmosphere.Many flower arrangements decorate your stay.

f0112434_19222962.jpg
Asanoya Gourmet

Our town is famous for Matsuba craband Tajima beef.the origin of famous Kobebeef,Asanoya offers excellent Japanesecuisine with the finest ingredients from the region.

Your dinner and breakfast will beserved privately in your guest room.Private dining room group.Spend your timewith your precious family and friends.

f0112434_19220877.jpg
100% natural hot springs water is provided everywhere

Our open-air bath with Japanese style garden relieves your fatigue of thejourney.Enjoy the wonderful views of each season from the relaxed comfort. Wealso offer hot spring outdoor bathes which you can reserve for private use withthe extra chenge, instead of guest rooms with outboodoor with ouowith outdootbath.


# by asanoyayu | 2016-11-13 19:22 | 社長お勧め商品

/// 湯村温泉「純米酒の利き酒 (宿泊者限定イベント)」~2/12 ///

f0112434_02191510.jpg

12日スタートした冬季恒例の「純米酒の利き酒」が、湯村温泉の杜氏(とうじ)館で温泉客の人気になっています。

湯村温泉観光協会が、20歳以上の宿泊客を対象に毎年実施。新温泉町は但馬杜氏の本場で、同館の杜氏から直接、但馬の地酒のおいしさを教えてもらえるとあって、日本酒ファンらが大勢訪れています。

期間中、湯村温泉にご宿泊されるとご宿泊の各旅館で「杜氏館・日本酒醸造講習受講券を発行します。必ずご持参のうえ、杜氏館でお猪口を200円でお買い求めください。


f0112434_02195497.jpg

日本三大杜氏の一つの但馬杜氏の技を見ていただくための湯村温泉宿泊者限定『純米酒の利き酒』体験です。

杜氏とは酒造り職人の親方で、日本には但馬・丹波杜氏、南部杜氏、越後杜氏の三大杜氏があり、いずれも豪雪地帯で、雪が降ると農家収入がなくなるために酒造りの出稼ぎに出ます。

真面目で寡黙な人間性は、朝早く、冬の寒さに耐えなければならない過酷な酒造りでも、良い酒を創ろうと熱心に研究した結果、新温泉町の但馬杜氏は酒蔵のトップの杜氏を多く輩出してきました。

特に但馬杜氏は西は九州から東は中京、南は高知までと最大勢力をもち、その高い技術を伝えてきました。湯村温泉内にある『杜氏館』は、但馬杜氏のとの技術道具を知っていただくための施設で、ご案内は元杜氏さんが当っています。

f0112434_02215288.jpg

純米酒は、白米と米麹(こうじ)だけが原材料の清酒で、米のうま味を生かし、濃厚な味が特徴という。但馬杜氏の酒造技術を周知しようと毎年開いています。

但馬杜氏の話を聞きながら、純米酒3銘柄の計3杯の利き酒ができます。湯村温泉・朝野家に泊まった際には但馬杜氏の美味しいお酒をお楽しみください!

期 間 11月12日(土)~2月12日(日)

時 間 15時00分~16時30分

除外日 12月26日~1月9日はお休みです。

問合せ 湯村温泉観光協会 0796-92-2000


# by asanoyayu | 2016-11-12 02:18 | イベント・歳時記

/// 出汁の旨味///朝野家・香りの散歩道2016.11.09放送分

f0112434_02002023.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌) 


子どもたちの和食離れが進んでいる・・・といわれています。ユネスコの無形文化遺産にも登録され、世界では関心が高まっている和食ですが、日本の子どもたちには、あまり人気がないのでしょうか。

こうした現状をなんとかしようと、和食の料理人が中心となって結成した「和食給食応援団」の活動が注目されています。

このプロジェクトは、農林水産省の認定を受けた和食料理人たちが、日本各地の小中学校を訪問し、給食担当の職員と連携して新しい和食給食の献立づくりや調理を行うというもの。おいしい出汁の取り方から、教えることもあるそうです。

「和食給食応援団」がめざすのは、学校給食を通じて、未来を担う子どもたちに和食の素晴らしさを伝え、20年後の家庭の和食を育てること。というのも、家庭の食卓でも学校給食でも、洋食の献立のほうが圧倒的に多く、子どもたちが和食を口にする機会は、私たちが想像する以上に減っているのだそうです。

子どもの頃に和食を食べ慣れていなければ、出汁の旨味などをおいしいと感じる敏感な味覚や、繊細な香りを楽しむ嗅覚は、なかなか育ちません。そうした感覚が和食給食によって育まれ、家庭でも食べたいと思うようになってくれれば、食卓に和食がのぼる機会も増えるのではないでしょうか。

まずは、おいしい和食を食べてみることから、ですね。

*『朝野家・香りの散歩道』
朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。
また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。

# by asanoyayu | 2016-11-09 08:49 | 朝野家・香りの散歩道