朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 大雪(たいせつ) 2011.12.7放送分 ///

f0112434_0262183.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
今日は、二十四節気の大雪(たいせつ)です。「おおゆき」と書いて「たいせつ」。

このころから、雪が激しく降りはじめ、山だけでなく平地にも降り積もるといわれています。

我が里に 大雪(おおゆき)降れり 大原(おおはら)の
古(ふ)りにし里に 降らまくは後(のち)


私の住む里に大雪が降りました。あなたが住む古びた里に雪が降るのは、もう少しあとでしょう。
 
『万葉集』に収められているこの歌は、天武天皇(てんむてんのう)が新妻に贈った歌といわれています。天武天皇が我が里と言っているのは、奈良の飛鳥の宮(あすかのみや)のこと。妻は実家のあった、小高い丘の大原という里に住んでいたといわれます。
 
この歌は、離れて暮らす妻を案じた歌ともとれますが、新しい宮殿に住む自分に比べ、ひなびた里に住む妻をちょっとからかって詠んだ歌と解釈されています。
 
それに対して妻は、こんな歌を返しています。

我が岡の おかみに言ひて 降らしめし
雪のくだけし そこに散りけむ


私の丘の神様にお願いして、降らせていただいたのです。その雪がくだけで、破片がそちらに降ったのでしょう。
 
夫婦のほほえましいやりとりに、雪も溶けそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2011-12-07 00:29 | 朝野家・香りの散歩道