朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 学問の神様の菅原道真公 ///2012.1.25放送分

f0112434_14464256.jpg今日1月25日は「初天神」です。
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

京都の北野天満宮や福岡の太宰府天満宮、山口の防府天満宮など。学問の神様といわれる菅原道真公を祀る、日本各地の天神様は毎年、合格祈願の受験生でにぎわいます。皆さんに、うれしい春が来るといいですね。
 
菅原道真公といえば、梅の花に思いを託したこの和歌が有名です。

「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」

平安時代中期の今日1月25日、太宰府に流される命を受けた道真公が、京の都を離れるとき、庭の梅の木に向かって詠んだという別れの歌です。春の風が吹いたら、その香りを風にのせて届けてくれよ。主人の私がいなくなっても、春を忘れてはならないぞ・・・。

梅の花はこの歌に応え、都から一夜にして太宰府まで飛んできたという伝説も残されています。
 
気高く、美しく、香り高い花として日本人に愛されてきた梅の花。
『古今和歌集』にも、その香りを詠んだ艶(つや)やかな歌があります。

「春の夜の 闇はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やは隠るる」

春の夜の闇は、何を隠しているというのだろうか。梅の花は色こそ見えないけれど、香りは隠し切れるものではない・・・。闇に香る梅の花は、その姿かたちにも増して、人々の心をとらえたのでしょうね。
 
梅がふくよかに香り立ち、受験生の皆さんにサクラサク春はもうすぐです。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-01-25 00:01 | 朝野家・香りの散歩道