朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 恋する心とチョコレート」 2012.2.8放送分 ///

f0112434_18375491.jpg


(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

来週の火曜日、2月14日はバレンタインデーですね。

大切な人に贈るチョコレートの甘い香りに、心ときめく季節です。
 
日本にバレンタインデーがまだなかった時代にも、恋する心とチョコレートには結びつきがあったようで、こんな短歌も残されています。

「楂古聿(チョコレート) 嗅ぎて君待つ 雪の夜(よ)は 湯沸(サモワル)の湯気も 静(しず)こころなし」

この歌に詠まれたチョコレートは、お湯に溶かして飲むホットチョコレート。サモワルとは湯沸し器のことです。

ホットチョコレートの香りを嗅ぎながら、君を待っている雪の夜(よる)。湯沸かし器から立ちのぼる湯気も、ゆらゆらと自分の心のように落ち着かない・・・。真っ白な雪に包まれた世界で、いとしい人を待ちこがれる思いと、チョコレートの甘い香りが溶け合う恋の歌です。
 
作者は、明治生まれの歌人・北原白秋(きたはら・はくしゅう)。大正2年、白秋が28歳のときに発表した初めての歌集『桐の花』に収められています。
 
当時としては珍しい西洋の湯沸かし器・サモワルと、チョコレートを詠み込んだこの歌からは、北原白秋のハイカラな暮らしぶりも想像できますね。 さて、今年のバレンタインデーには、恋する皆さんにどんな物語が生まれるのでしょうか。

雪の夜に飲むホットチョコレートのように、幸せな香りに包まれる日になるといいですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-02-08 18:40 | 朝野家・香りの散歩道