朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 食卓においしいジャムがあるだけで・・・ /// 2012.3.21放送分

f0112434_14372262.jpg朝の光に透ける小さな瓶の蓋を開けると、甘酸っぱいフルーツの香り。


(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

食卓においしいジャムがあるだけで、幸せな気分になる人は多いのではないでしょうか。

ジャムの専門店で出会った、こだわりの味。その季節にたくさんとれる果物で、手づくりした自家製ジャム。

地元の名産品を使ったご当地ジャムも、たくさん登場しています。果物だけでなく、さつまいもジャムやにんじんジャムなど、野菜を使ったヘルシーなご当地ジャムも人気があるようですね。

みなさんは、どんなジャムがお好きですか?

ジャムの歴史をさかのぼると、その起源は旧石器時代の終わり頃だといわれています。一説によると、ミツバチの巣から採ったミツで果物を煮たことが、ジャムづくりのはじまりだとか。

当時の暮らしぶりが想像できるスペインの遺跡からは、人間が木に登ってハチミツを採っている絵や、果物を土器で煮たと思われる跡も見つかっているそうです。

今から1万年以上も前に、私たちの祖先は、ジャムのおいしさと保存食としての役割に気づいていたのですね。

春の果物や野菜がたっぷり手に入ったら、コトコト、コトコト、砂糖やハチミツと一緒に煮てみませんか。ジャムができあがるまでのゆったりとした時間、キッチンに漂う香りもまた、ココロあたたまるごちそうです。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-03-21 08:30 | 朝野家・香りの散歩道