朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 昔懐かしい甘酒の香り /// 朝野家・香りの散歩道 2012.5.30放送分

f0112434_1832465.jpgどこかなつかしい麹の香り。麹と塩でつくる「塩麹」が、ちょっとしたブームになっていますね。

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

和食の味付けの基本「さしすせそ」の「す・せ・そ」。酢も、醤油も、味噌も、発酵させてつくる調味料ですが、それに続く勢いで、塩麹は台所の定番になりつつあります。

そして、塩麹と同じく、米の麹でつくる「甘酒」にもスポットライトが当たっています。酒粕でつくる甘酒ではなく、米麹でつくる甘酒には自然な甘みがあり、砂糖がわりに使っている人も多いとか。

酒という名前がついていますが、アルコール分は含まれていないので、お子さんが口にする料理やお菓子づくりにも安心して使えます。

いつもの料理に甘酒を加えると、おいしさが増すだけでなく、おなかの調子が良くなる人もいるようで、最近は「ジャパニーズ・ヨーグルト」と呼ばれることもあるそうです。

ちなみに、「甘酒」は俳句の世界では夏の季語です。

江戸時代の中頃までは冬の飲み物だった・・・という説もありますが、いつしか夏の風物詩に。江戸や京都、大坂のまちには、夏になると甘酒売りが大勢あらわれるようになりました。その売り声に誘われて、人々は滋養のある甘酒を飲み、暑気払いをしたそうです。

夏バテ防止の栄養ドリンクとして、また、やさしい甘さの発酵調味料として。この夏は皆さんも、甘酒のチカラを借りて、元気に過ごしませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-05-30 00:01 | 朝野家・香りの散歩道