朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 日本人はニオイに敏感 朝野家・香りの散歩道2012.7.25放送分 ///

f0112434_1841547.jpg職場でできる温暖化対策の一つとして、クールビズがスタートしたのは2005年の夏。

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

当初は、カジュアルな服は着こなしが難しいという声も多かったようですが、夏が来るたびにクールビズ・ファッションは定着してきましたね。そして、節電の必要性が高まる今年は、さらに上を行くスーパークールビズ。

さまざまな素材やコーディネイトを取り入れた、スーパークールビズ・ファッションが話題を呼んでいます。なかでも人気が高いのは、速乾性と消臭効果のある素材を使った、ドライ&デオドラントをうたったもの。

汗をかいてもすぐに乾いて、気になるニオイまで消してくれるという、涼しさと快適さを追求した機能的なファッションです。

「日本人はニオイに敏感だ」とよく言われますね。
お香のように、そこはかとない香りを愛でる感性を持っていることは、一方で、嫌なニオイを少しでも感じたら、たちまち不快になってしまうということ。

特に、自分も周りの人も汗をかくことが多い夏は、ニオイによって気持ちの不快指数が一気に上がる気がしませんか。日本で優れた消臭繊維が次々に開発されているのは、そうした国民性や気候風土にも関係があるのでしょうね。

今年の夏は、汗のニオイが気にならない爽やかなファッションで、快適に過ごしませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-07-25 00:01 | 朝野家・香りの散歩道