朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 宇宙ってどんなにおい? /// 2012.10.24放送分

f0112434_0322273.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

『野口さん、宇宙ってどんなにおいですか?』。

突然ですが、これは今年出版された本のタイトルです。「そもそも宇宙空間に、においはあるの?」と首をかしげた方もいらっしゃるでしょう。野口さんというのは、ご存じの通り、2009年の12月からおよそ半年間、国際宇宙ステーションに滞在した宇宙飛行士の野口聡一(のぐち・そういち)さんです。

この本は、宇宙が大好きというアナウンサーの大江麻理子(おおえ・まりこ)さんが、宇宙の暮らしや宇宙飛行士の仕事について、私たちが知りたいことすべてを野口さんに質問してくれた対談集です。

本のタイトルにもなった「宇宙ってどんなにおいですか?」という質問の答えは・・・残念ながらここで紹介することはできませんが、野口さんいわく、宇宙ステーションにも、宇宙そのものにも、においはあるそうです。

それはどんなにおいなのか、この本を読んだら、皆さんもきっと実際に嗅いでみたくなるでしょう。

においについては、こんなエピソードも語られています。宇宙から半年ぶりに帰還したとき、カプセルのハッチが開いた瞬間、草原の草のにおいがしたそうです。それは、人工物ではない、生き物のにおい。

そして、風の音がザワザワと聞こえてきて、野口さんは地球に帰ってきたことを実感したそうです。宇宙飛行士は、宇宙のにおいと、地球のにおい、どちらにも敏感になる仕事なのかもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-10-24 00:03 | 朝野家・香りの散歩道