朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 酒を愛した小津安二郎監督のように ///2012.12.12放送分

f0112434_153472.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日12月12日は、映画監督の小津安二郎(おづ・やすじろう)がこの世に生を受け、この世を旅立った日でもあります。

『東京物語』や『晩春』など、独自の映像美で日本の家族を描いた作品は、今も多くの人に愛されています。

生前、「強くはないが酒は好き」と言っていた小津監督の映画には、酒を飲むシーンがたびたび登場し、それについて語った言葉が遺されています。

「私が撮影して一番好きなのは、小料理屋で気分の合った仲間が、静かに体を乱さず、適量の徳利を前にして飲み、かつ談ずるとこがいい。私自身が、そんな飲み方をするからではなく、第三者が見ていて、それが一番楽しそうだからである。」

さて、小津監督のように酒を愛する人にとって、心躍るもてなしが今年も湯村温泉で始まっています。
日本各地で腕をふるう但馬杜氏(たじまとうじ)が醸した酒を、湯村温泉の宿泊客に味わってもらおうという「純米酒の利き酒」イベントです。

宿泊施設で講習受講券を受け取り、「杜氏館(とうじかん)」で100円のお猪口を購入すれば、日替わりで提供される3銘柄の純米酒と、地元産のどぶろくの中から、3杯まで利き酒ができます。

期間は来年の2月28日まで。
詳しくは、電話番号0796-92-2000湯村温泉観光協会までお問い合わせください。

大人の温泉旅に、日本文化の芳醇な香りをそえる「純米酒の利き酒」。皆さんもいかがですか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2012-12-12 09:31 | 朝野家・香りの散歩道