朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// ルドゥーテが描いた『バラ図譜』」 /// 2013.1.23放送分

f0112434_111623.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

一枚一枚、ていねいに描かれたシルクのようなバラの花びら。その絵の前に立つと、香りまで漂ってきそうです。

作者の名は、ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ。1759年、現在のベルギー南部に生まれ、パリで植物画家として活躍したルドゥーテは、花の肖像画ともいえる緻密で優雅な作品を数多く残しました。

なかでも、最高傑作といわれる『バラ図譜(ずふ)』は、ナポレオン皇妃ジョセフィーヌがマルメゾンの庭で栽培したバラを中心に、ルドゥーテが描いた169点のバラの銅版画です。1817年から24年にかけて刊行された、この『バラ図譜』によってルドゥーテの人気は花開き、その才能を讃えた人々から「バラのレンブラント」「花のラファエロ」と呼ばれるようになりました。

今も、植物画の最高峰といわれる『バラ図譜』。その全作品を観ることができる展覧会が、ひろしま美術館で開催されています。

会場の入口で迎えてくれるのは、ほのかなバラの香り。この素敵な演出は、何種類かのローズオイルを交替で薫らせているそうです。

また、週末にはバラの絵を施したチェンバロのコンサートなども開かれ、優雅な演奏を聴きながら作品を鑑賞することができます。

ひろしま美術館で2月11日まで開催されている「ルドゥーテのバラ」展。芸術を愛する人にも、植物を愛する人にも、心華やぐ香りを届けてくれる展覧会です。

【ホーム用香りの散歩道】
『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-01-23 00:02 | 朝野家・香りの散歩道