朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 日本で最初のバウムクーヘン /// 2013.2.6放送分

f0112434_13495532.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

平成元年に松江で開催された菓子博「全国菓子大博覧会」が、今年は広島で開催されます。「世界にとどけ!笑顔をむすぶお菓子のちから」をテーマに、4月19日の開幕に向けて、準備が着々と進んでいるようです。

皆さんは、ドイツ生まれのバウムクーヘンが、広島にゆかりのあるお菓子だということをご存じですか?

第一次世界大戦中、広島県の似島(にのしま)には、ドイツ人捕虜が大勢暮らしていました。捕虜といっても当時は、サッカーの交流試合をするなど、地元の人々とのつながりがあったそうです。

そうした背景もあって、大正8年には、ドイツ人が似島で制作していた工芸品や絵画などの作品展が、広島市で開かれることになりました。菓子職人のユーハイムは、自慢の腕をふるってバウムクーヘンを焼き、作品展に出品したそうです。

多くの市民が、はじめて見るドイツ菓子を買い求め、一番の人気商品になったとか。おいしいものに、国境はないのですね。これが、日本で最初に紹介されたバウムクーヘンだといわれています。

お菓子の歴史をひもとくと、世界と日本をつなぐかけ橋になったエピソードは、まだまだたくさんありそうです。今年、広島で開催される菓子博でも、そんな出会いや交流が生まれるといいですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-02-06 00:02 | 朝野家・香りの散歩道