朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 図鑑は知的好奇心の入り /// 朝野家・香りの散歩道 2013.6.26放送分

f0112434_16592456.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野 泰昌)

子どもたちの知的好奇心をくすぐる図鑑が、人気を集めていますね。
毎日食べている食材のことに興味を持ったとき、こんな図鑑はいかがでしょう。

「学研もちあるき図鑑」シリーズの『まるごといつもの食材』。
野菜、果物、魚、肉など、日本で手に入る食材、およそ1500種類を紹介した、持ち歩きサイズの図鑑です。

この図鑑には、香りと書いて「香(こう)」という項目があり、料理に香りを添えて味を整える、ハーブやスパイスが紹介されています。

葉を利用するハーブ、根と樹皮を利用するスパイス、種子や果実、花を利用するスパイスに細かく分類されていて、大人の皆さんが読んでも、香りの基礎知識が身につくことでしょう。

また、読み物としても楽しめて、「定番合わせスパイス&ハーブ」というコラムでは、数種類の香辛料を混ぜ合わせた、世界各国の定番スパイスが紹介されています。

フランス代表は、ローズマリーやセージ、タイムなどをブレンドした、南フランスのエルブドプロヴァンス。中国代表は、ハッカクやシナモンなど5つのスパイスを混ぜ合わせた五香粉(ウーシャンフェン)。インド代表は、カレーに欠かせないガラムマサラ。

そして、日本代表は、おなじみの七味唐辛子です。

図鑑は知的好奇心の入り口。そこに載っているスパイスやハーブが、実際にはどんな香りがするのか・・・ページをめくるたびに、ますます興味がわいてきそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-06-26 00:03 | 朝野家・香りの散歩道