朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 富士山が世界文化遺産に登録 /// 2013.7.17放送分 

f0112434_13484250.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

先月の22日、富士山が世界文化遺産に登録されましたね。気高く、美しく、いつ見ても惚れぼれするような日本の宝が、世界の宝になりました。

お祝いムードが続くなか、富士山をモチーフにしたグッズも続々と誕生しています。雪をいただく富士山の姿は、グッズになっても、見る人をあっぱれな気分にさせてくれますね。今日はその中から、「香り」にちなんだものを紹介しましょう。

まずは、富士山のカタチをした、印香(いんこう)はいかがですか。印香とは、粉末にした数種類のお香を練り合わせ、薄く固めて乾燥させたものです。そのまま飾って香りを楽しんだあとは、お香のように焚いて香りをくゆらせながら、四季折々の山の景色に思いをはせてはいかがでしょう。

また、地元の静岡では、香り付きの富士山タオルも話題になっています。静岡名物のお茶の香りやヒノキなど、富士山を連想させる4種類の香りのウェットタオルで、山歩きで汗をかいたときにも役立ちそうです。

そして、富士山の香りそのもの、といえるかもしれない、富士山の空気を詰めた缶詰もあります。ただし、缶を空けても特に香りは漂ってこないので、新鮮な空気の透明な香りという感じでしょうか。

世界文化遺産に登録されて、ますます人気が過熱しそうな富士山。
香りの関連グッズも、増えていきそうですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-07-17 00:02 | 朝野家・香りの散歩道