朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// アート・アーチ・ひろしま2013 /// 2013.8.14放送分 

f0112434_1543546.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

広島の街では今、「平和」をテーマにしたアートの祭典が繰り広げられています。
題して『アート・アーチ・ひろしま2013』。

「アートがかける平和のアーチ!」を合い言葉に、広島市内にある3つの美術館が手をつなぎ、同じテーマの企画展を同時開催するという初めての試みです。

広島県立美術館、ひろしま美術館、広島市現代美術館。3つの美術館がそれぞれの切り口で、「平和」というテーマにふさわしい一人のアーティストの作品を紹介しているのも、見どころの一つ。

そのアーティストとは、20世紀を代表する彫刻家のイサム・ノグチです。

戦後、広島の復興と再生に深く関わった、イサム・ノグチがデザインした2つの石の橋、平和大橋と西平和大橋は、平和大通りの顔として長い間市民に愛されてきました。

『アート・アーチ・ひろしま』の公式キャラクター「イサ虫くん」も、平和大橋をモチーフにしたユニークなカタチをしているので、広島を訪れたら、実際の橋と見比べてみるのも面白そうですね。

3つの美術館をめぐる楽しみに加え、市内各所に設けられたサテライト会場でも関連イベントが行われています。

街じゅうがアートの香りに包まれる『アート・アーチ・ひろしま2013』の開催期間は10月14日まで。
平和への願いを込めたアートの架け橋を、たくさんの人が渡ってくれるといいですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-08-14 00:42 | 朝野家・香りの散歩道