朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 森の贈り物キノコ /// 朝野家・香りの散歩道2013.10.23放送分 

f0112434_2425922.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

キノコがおいしい季節ですね。シイタケ、マイタケ、ヒラタケなど。味わい豊かなキノコはいろいろありますが、香りの良さでは、やはりマツタケでしょうか。

では、日本で「イタリアのマツタケ」と呼ばれているキノコがあるのをご存じですか?

リゾットやパスタなどに使われる、イタリア料理でおなじみのポルチーニです。日本で手に入るのは乾燥させたポルチーニが多く、そのほとんどがヨーロッパからの輸入品なので、高級食材というイメージがあるかもしれませんね。

本番のイタリアでは、秋の味覚を代表するキノコ。生のポルチーニを食べられる季節は短いのですが、乾燥させても香りや食感が失われないことから、ドライポルチーニは重宝されているそうです。

香りの良い高級食材のキノコといえば、フランス料理で親しまれているモリーユも、乾燥させたものがよく使われます。傘にたくさん穴があいていて、網のように見えることから、日本ではアミガサダケと呼ばれています。

ただし、モリーユは春のキノコですから、フレッシュなものを食べようと思ったら、来年まで待たないといけませんね。

そして、世界三大珍味の一つ、黒いダイヤモンドと呼ばれるトリュフもキノコの仲間です。その香りは古今東西、多くの人を虜にしてきました。

マツタケ、ポルチーニ、モリーユ、トリュフ。森の贈り物、キノコのおいしさと香りは奥が深いですね

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-10-23 00:02 | 朝野家・香りの散歩道