朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 昆布とかつお節で「コンカツ・プロジェクト」 /// 朝野家・香りの散歩道2014.4.9放送分 

f0112434_0312541.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

昨年、和食がユネスコの無形文化遺産に登録されましたが、それがきっかけとなって、出雲大社である縁結びの式があげられました。今年の2月、全国のニュースでも話題になったので、ご存じの方も多いでしょう。

北海道の昆布と、鹿児島県のかつお節の縁組みです。

昆布とかつお節で「コンカツ・プロジェクト」というこのユニークな企画は、鹿児島県の枕崎市(まくらざきし)が、北海道の稚内市(わっかないし)にプロポーズしたことによって実現したそうです。

JRの最北端と最南端の駅があるという縁で、2年前、友好都市になった2つの町には、和食にまつわる深い縁もありました。稚内は利尻昆布(りしりこんぶ)、枕崎は伝統的な製法でうま味を凝縮させた本枯節(ほんかれぶし)をはじめとするかつお節の名産地。

つまり、最高級の和食のだしを生み出す、名コンビのふるさとだったのです。

北と南の海が育んだ、香り高い特産品のおかげで、友好都市よりもっと絆の深い「夫婦(めおと)都市」になった昆布の町とかつお節の町。出雲の神々の前で、晴れて縁組みが整ったこれからは、和食のだしの魅力をさらに広めていくために、手を取り合っていくそうです。

素晴らしく相性の良い昆布とかつお節のだしは、きっと幸せな香りがするのでしょうね。

そんな話をお届けしていると、おいしいだしが飲みたくなりました。今夜は和食で決まりですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2014-04-09 07:31 | 朝野家・香りの散歩道