朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 山の単語帳 /// 朝野家・香りの散歩道2014.4.23放送分

f0112434_1949730.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

何か新しいことを始めてみたい。4月という月は、そんな気持ちにさせてくれますね。趣味でも仕事でも、新しい世界に足を踏み入れると、そこで使われている共通の言葉があるものです。

たとえば、山登りをするときも、登り慣れた人があたり前のように使っている言葉に、初心者が首を傾げることがよくあります。

「急登(きゅうとう)」、「ガレ場(がれば)」、「ラク!」。皆さんは、これらの言葉の意味がわかりますか?

日本を代表する登山家、田部井淳子(たべい・じゅんこ)さんが、山で使う言葉を解説した本『山の単語帳』を開いてみましょう。それによると、「急登」は急斜面のことで「ジグザグに登るほうが楽です」という田部井さんからのアドバイス付き。

「ガレ場」は、やや大きめの石で埋め尽くされた崩壊した斜面のことで、落石などに注意が必要です。そして「ラク!」というのは、落石を起こしたり、見つけたときに、下にいる登山者に注意を促す言葉。

落石の落からきた言葉ですが、英語のrock(ロック)と発音が似ているため、外国人にも伝わるとか。

その他にも、山で見られる高山植物や鳥の名前、登山を安全に楽しむための道具の名前など、山の言葉がたくさん紹介されています。

『山の単語帳』は、田部井淳子さんと一緒に山に登って、その場で教えてもらっているような気分になれる本です。山の言葉を楽しく知ることで、危険を避けるだけでなく、山がもっと身近に感じられるといいですね

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2014-04-23 06:46 | 朝野家・香りの散歩道