朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 外国人観光客ガイドの勉強会に出席しました ///

f0112434_23524380.jpg
12日、「外国人観光客向けの日本人ガイドおもてなし講座」が、豊岡のじばさんTAJIMAであり出席しました。

6/10日に知人の姫路コンベンションサポートの玉田理事長が来られて、「兵庫県井戸知事も県内観光にインバウンドのお客様をたくさん入れたい」と但馬でもセミナーが開かれることになりました。

f0112434_23534735.jpg
国策で観光庁が作られ、昨年は訪日外国人は1,000万人を超えてさらに、ピザの緩和、円安の影響で益々外国人客が増えていきます。ゴールデンルートといわれる東京・富士山・京都・大阪の大都市観光と買物ツアーから、田舎体験や日本らしさの追求から、田舎が次の観光になります。

4月から鳥取空港⇔羽田空港が5便化となり、いよいよ羽田も関空と共にハブ空港としてインバウンドの交通インフラが整備されました。また、湯村温泉ではwifi環境などのインフラ整備も手掛けました。インバウンドの準備が整いつつあります。

f0112434_23541025.jpg
今回セミナーは姫路城を中心に、30年ほど訪日外国人へのガイドをされている三川屋の内山さんと川西に事務所をもつ訪日外国人のツアーデスク・リディスカバージャパンの稲見さんが、体験談をお話されました。

f0112434_23543532.jpg
実際のスチエーションでの英会話や外国人をガイドのコツなど、色々と教えて頂きました。

f0112434_23545227.jpg
今、どの国から、どの観光地を目指しているのか?

秘境だから、便利が悪いから来ないのでなく、目的観光地になれば交通の便が悪くても訪れる。宣伝しないと無いのと同じ、個性を持ってそれぞれの国の外国人に届く宣伝の仕方をしないと、来るはずがない・・・。

湯村温泉がまだまだやることは、沢山ありますね。
by asanoyayu | 2014-07-13 08:51 | まちづくり・人づくり