朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// チェイサーと和らぎ水をおともに ///2014.7.30放送分

f0112434_23424923.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

「ウィスキーをロックで」。と、いきなりハードボイルドな雰囲気で話をはじめてしまいましたが・・・。バーで強いお酒をストレートやロックでオーダーすると、チェイサーが付いてきますね。

チェイサーとは、強いお酒のあとに追いかけるように飲む水のことです。なかにはビールをチェイサーにする強者もいるようですが、一般的には水やソーダが多いのではないでしょうか。

悪酔いや深酒を防いでくれる、こうした水のことを日本酒の世界では「和らぎ水(やわらぎみず)」と呼びます。アルコール分を和らげ、酔いを和らげてくれる水、ということで、その名が付いたのでしょう。

冷酒でも燗酒でも、日本酒を酌み交わすときは、どきどきひと呼吸置いて。この和らぎ水を飲むようにしませんか。酔う速度がゆるやかになるだけでなく、口の中がさっぱりするので、味覚が鈍るのを防いでくれる効果もあります。

お酒本来の繊細な味と香りを楽しみながら、お酒と一緒にいただく料理も美味しく味わえる・・・。いいこと尽くめの水ですね。

せっかくなら、酒づくりに使う仕込み水(しこみみず)を和らぎ水にしてはいかがでしょう。近頃は、ペットボトルやビン詰めにした仕込み水も市販されていて、
手に入りやすくなりました。

この夏は、チェイサーと和らぎ水をおともに、ほどよい量のお酒を、より美味しく召し上がりませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2014-07-30 07:38 | 朝野家・香りの散歩道