朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 風邪の民間薬「ホット・トディー」/// 2014.11.26放送分

f0112434_16532286.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

枯らしの季節がやってきました。皆さん、風邪にはくれぐれも気をつけてくださいね。

薬のお世話になる前に、玉子酒やしょうが湯など、カラダをあたためてくれる飲み物で、風邪の予防をしている方もいらっしゃるでしょう。日本だけでなく、寒さが厳しい国々には、風邪の症状をやわらげる暮らしの知恵があります。

「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝(たけつる・まさたか)の生涯を描いた朝ドラ「マッサン」では、スコッチウイスキーを使った「ホット・トディー」という飲み物が登場しました。「ホット・トディー」は、マッサンの妻であるエリーのふるさと、スコットランドの家庭に伝わる風邪の民間薬です。

本来は、レモンと蜂蜜にお湯で割ったウイスキーを注いだものらしいのですが・・・ドラマの中では、レモンと蜂蜜の代わりに、あるものが使われました。それは、日本で暮らすエリーが、ご近所さんからもらったダイダイで作ったマーマレードです。

スコットランドのウイスキーと、日本のダイダイを使ったマーマレードを組み合わせた、エリー流の「ホット・トディー」。

国と国の垣根を越えて、国際結婚をした彼女だからこそ、思いついたアイデアなのかもしれませんね。エリーのモデルになったリタも、寒い季節にはよく「ホット・トディー」を作ったそうです。

この冬は、日本でも試してみる人が増えるかもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2014-11-26 08:51 | 朝野家・香りの散歩道