朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 自分へのクリスマスプレゼント ///朝野家・香りの散歩道2014.12.10放送分

f0112434_22254551.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

クリスマスシーズンを迎えた神戸の街は、いつも以上にエキゾチックな輝きを放っています。1995年に発生した阪神・淡路大震災からの復興を願い、夢と希望を託した光のアート「神戸ルミナリエ」は、今年もたくさんの人で賑わっているようですね。

そして、異人館が建ち並ぶ北野界隈も、ライトアップされた建物がよりいっそう異国情緒を醸し出しています。なかでも、ドイツ人の貿易商トーマスの邸宅として建てられた「風見鶏の館」は、異人館通りを象徴する建物として有名ですね。

その「風見鶏の館」が見える坂道を登って行くと、赤と白と青色のオランダ国旗が出迎えてくれる異人館があります。オランダの総領事の住まいとして長く使われた邸宅で、現在は「香りの家オランダ館」という呼び名で一般公開されています。

なぜ「香りの家」と呼ばれているかというと、ここではオリジナルの香水を創ることができるのです。生まれた星座や血液型、好きな花、好きな果物、好きな音楽など・・・いくつかの質問に答えると、オランダの民族衣装に身を包んだパフューマーが、その人に合った香りを調香してくれます。

そうして出来上がった香水は、世界に一つしかない自分だけの香り。香水のレシピは3年間保存されているので、使い心地が気に入ったら繰り返し購入できるそうです。

神戸の異人館で創るオリジナルの香水は、自分へのクリスマスプレゼントにしても素敵ですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2014-12-10 08:23 | 朝野家・香りの散歩道