朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 温度と湿度を調節してくれるウール ///2015.2.18放送分

f0112434_22191040.jpg 

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今年の干支は「未」。お正月に届いた年賀状には、モコモコした毛並みとやさしい眼差しのヒツジを描いたものがたくさんありました。

そんなヒツジの姿を見て、ほっこりした気分になった方も多いことでしょう。陽だまりの匂いがしそうな気持ちの良いヒツジの毛は、質の良いウールになります。

ウールというと、寒い季節を暖かく過ごすための素材というイメージが強いようですが、夏は涼しいという特長があることをご存じですか?湿気を吸収して発散してくれるからです。そのほかにも、弾力性に富む、燃えにくい、汚れにくいといった性質があり、一年を通して活躍してくれます。

こうしたウールの特長は、介護の現場でも注目されはじめました。たとえば、床ずれを防ぐためのマットなどには、ウールを使ったものがたくさん登場しています。ウールが温度と湿度を調節してくれるので、床ずれの原因になるムレを防ぐことができるのだとか。

また、ほどよい弾力性があるので、寝心地が良いのもウールの魅力です。

もちろん、寝具との相性は人それぞれですが、天然素材のやさしさに包まれてぐっすり眠りたい方は、ウールの寝具を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょう。

お気に入りの寝具に出会えたら、「ヒツジが一匹・・・」と数えなくても、気持ち良く眠りにつくことができるかもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-02-18 08:17 | 朝野家・香りの散歩道