朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 2つの個性 若冲と蕪村 ///朝野家・香りの散歩道2015.3.18放送分 

f0112434_1435789.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日、東京・六本木にあるサントリー美術館で、ある展覧会がはじまりました。

今年、生誕三百年を迎えた二人の天才絵師の作品を、一堂に観る一人は、京都の青物問屋の長男として生まれた伊藤若冲(いとう・じゃくちゅう)。もう一人は、当時、摂津国(せっつのくに)と呼ばれていた大阪生まれの与謝蕪村(よさ・ぶそん)です。

この二人が同い年だったということを、初めて知った方もいらっしゃるでしょう。

伊藤若冲といえば、動物や植物などのリアルな描写と、想像の世界を巧みに融合させた作品で、世界的にも人気の高い日本画家です。

一方、俳句と絵の才能を併せ持つ与謝蕪村は、墨絵に句を添えた飄々としたタッチの俳画を得意としていました。

それぞれ異なる個性を発揮した二人ですが、同じ時期に京都で活躍していたこともあったそうです。京都生まれの若冲は40歳で家業を弟に譲り、絵をかくことに専念。蕪村も40歳を過ぎてから京都に移り住み、若冲の家からほど近い場所に住んでいたこともあったとか。

残念ながら、若冲と蕪村の交友関係を示す資料や作品は見つかっていないそうですが、二人の間には何らかの接点があったかもしれませんね。

サントリー美術館で5月10日まで開催中の「生誕三百年 同い年の天才絵師 若沖と蕪村」展。
皆さんも、独特の香りを放つ天才二人の作品世界を、見比べてみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-03-18 08:42 | 朝野家・香りの散歩道