朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 柚飯之仕方///朝野家・香りの散歩道2015.11.25放送分 

f0112434_216358.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

料理のレパートリーを広げたいとき、皆さんは何を参考にしますか?
近頃は、ネットで検索、という方が多いかもしれませんね。

時はさかのぼり、江戸時代の人々には、料理本が最も身近で役立つメディアだったようです。
江戸も中期の天明2年、100種類の豆腐料理を紹介してベストセラーとなった本『豆腐百珍(とうふひゃくちん)』の人気にあやかろうと、百珍ものといわれる料理本が次々に出版されました。

大根、鯛、甘藷と呼ばれていたサツマイモ、そして柚子を使った料理を集めた『柚珍秘密箱(ゆうちんひみつばこ)』も、その一つです。柚子に百珍の珍と書いて「柚珍」。「秘密箱」というタイトルにも、そそられますね。

最初に紹介されているレシピは、「柚飯之仕方(ゆうめしのしかた)」。柚子ごはんの作り方です。「今年(こんねん)柚(ゆう)はなはだ豊年なれば。来年は猶以て(なおもって)豊年なるべしと。此書(このしょ)をあらはす。」

この本が書かれた天明5年の冬は、柚子が豊作だったのですね。そして、この柚子ごはんは五臓六腑(ごぞうろっぷ)をあたため、食べた人は病気になることはない、とも書いてあります。

江戸の人々はこの本を読んで、ヘルシーな柚子料理を暮らしに取り入れていたのかもしれませんね。香り高い柚子が、たわわに実る季節。皆さんも先人の知恵にならって、冬の食卓で柚子を使いこなしてみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-11-25 07:04 | 朝野家・香りの散歩道