朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 香りが楽しめる絵本 ///朝野家・香りの散歩道2015.12.23放送分

f0112434_16311497.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

クリスマスプレゼントに絵本を贈る人が増えていますね。絵が飛び出したり、音が出たり、楽しい仕掛けのある絵本もたくさん登場しています。なかには、香りが楽しめる絵本もあることをご存じですか。

こぶたのポッキーが、カゴいっぱいのサンドイッチをつくって森へ出かける物語「ポッキーのわくわくサンドイッチ」は、絵本の中に描かれたイチゴの絵の部分を指でこすると、イチゴの甘いにおいがします。

そしてもう一冊、人見知りのうさぎちゃんがカレーをつくることで、みんなと遊ぶ楽しさを知る物語「おともだちカレー」は・・・もう、おわかりですね。大きな鍋に入ったカレーの絵の部分をこすると、スパイシーでおいしそうなカレーのにおいがするのです。

イチゴとカレー、どちらのにおいもきっと、子どもたちのハートと鼻をくすぐることでしょう。

これらの絵本には、香料印刷という仕掛けが施されています。インキの中にマイクロカプセルに入った香料が含まれていて、印刷した部分を指でさわってカプセルをこわすことで、香りを発生させる仕組みです。

「ポッキーのわくわくサンドイッチ」や「おともだちカレー」を読んだ人たちからは、おいしそうなにおいにそそられて、サンドイッチやカレーをつくって食べたくなった、という感想も多いとか。

香りのチカラは絵本の世界でも、私たちをとりこにするのですね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2015-12-24 16:33 | 朝野家・香りの散歩道