朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

///日本の「かわいい文化」の原点 ///朝野家・香りの散歩道2016.5.18放送分

f0112434_00515451.jpg

(
墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
 

静岡県にある磐田市香りの博物館で、「水森亜土(みずもり・あど)夢と乙女の香り」と題した展覧会が開催されています。

水森亜土さんが描くキュートなイラストレーションは、日本の「かわいい文化」の原点ともいわれています。むかし子どもだった皆さんの中には、透明なアクリルボードに向かって、亜土さんが歌いながら両手で絵を描く楽しいパフォーマンスを、テレビでご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

そんな亜土さんのイラスト原画や絵本、貴重なグッズのコレクションなどを、亜土さんの好きな香りとともに楽しめる展覧会場は、まさに「夢と乙女の香り」。亜土さんは、キンモクセイやバラ、パンジーなどの香りが好きなのだそうです。

また、会場の一角には、かわいいイラストの塗り絵に花の香りを付けたしおりや、展覧会限定の香水づくりが体験できるコーナーも用意されています。

カクテルのような色が付けられる「なんちゃって♪カクテル香水づくり」は、「自信もりもりの香り」や「アタックGoGo!の香り」など、天然のエッセンシャルオイルを使った4種類の香水の中から、好きな香りが選べます。

「水森亜土 夢と乙女の香り」展は73日まで、磐田市香りの博物館で開催中です。

アートやファッションの分野で再び脚光を浴びている、亜土さんの「かわいいワールド」へ、皆さんもお出かけになってみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2016-05-18 07:48 | 朝野家・香りの散歩道