朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 2ヶ月半で3,000件 新温泉町英語版観光サイト閲覧数 ///

f0112434_12340676.jpg
昨日の日本海新聞に新温泉町の英語版ホームページの閲覧状況が載っていました。英語版HP作成委員会に出てただけに複雑てす。流石!台湾ですね。ご覧いただきありがとうございます。

閲覧数はそこそこだけど、ターゲットが外れてしまった。うぅ~ん!?自然派志向の欧米人がもっと増える予定だったのに・・・。経費削減の情報共有で並行利用を行った観光協会のHP英語化も同じ結果になるだろうか???

--------cut 8< チョキチョキ---------

/// 2ヶ月半で3,000件 新温泉町英語版観光サイト閲覧数 ///
           (2016.05.14 日本海新聞・山瀬記者)

代半は台湾から

訪日外国人を呼び込もうと新温泉町が、英語版観光ウェブサイトを作成し、仮公開期間(昨年12月28日~今年3月2日の6 6日間)の閲覧数をまとめた。サイトを構成する約50ページの延べ閲覧数(総ページビュー数)は約3,000件。町はアクセスしやすいよ改善を加えながら運営をしていく考えだ。

斉藤は訪日外国人誘客の顔として作成。街の見どころや文化などを写真を交えて紹介している。サイト作成は豊岡市の業者に発注し、作成日は約260万円。運用と修正等で年間約40万円かかる。

町企画課によると、仮公開中のアクセス状況を解析した結果、大部分が外国の検索エンジンに掲載したバナー広告を経由していることが分かった。このうち半数近くが台湾からの閲覧。多機能携帯電話(スマートフォン)での閲覧が多かったことから、スマート本番でメニューを見やすく改良した。

しかし広告掲載は仮公開期間で終了。現在のアクセス数は減少傾向にあると言う。岡本英樹町長は「初めての試みにしては一定の効果がある」とした上で発信力増強には内容の充実が不可欠と指摘。「季節ごとに名所の写真を更新したいが、専属の人員もおらず体制は十分とは言えないと」話した。
町は今後、英語版の観光を紹介動画や多言語のパンフレットを掲載する予定。
--------cut 8< チョキチョキ---------


by asanoyayu | 2016-05-15 12:34 | 旅行・体験日記