朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 湯村温泉・菖蒲大綱引き ///朝野家・香りの散歩道2016.6.1放送分

f0112434_11063846.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日から六月。昔の暦ではもうすぐ五月になり、端午の節句をこれから祝う地域も多いようですね。

平安時代に書かれた清少納言の随筆『枕草子』には、「節(せち)は五月にしく月はなし。菖蒲、蓬などのかをりあひたる、いみじうをかし」という一文があります。

今の言葉にすると「節句といえば、五月にまさる月はありません。菖蒲や蓬などが揃って香るのが、とても趣があるのです」と、清少納言は五月の香りを愛でています。

菖蒲といえば、今週の日曜日、山陰の湯村温泉で開催される「湯村温泉祭り」でも、菖蒲はなくてはならない縁起物です。湯村温泉を開いたと伝えられる慈覚大師(じかくたいし)を偲び、旧暦の端午の節句あたりに行われているこの伝統行事は、温泉に菖蒲の葉を浮かべた菖蒲湯を立てることから、別名「花湯まつり」とも呼ばれています。

そして、祭りのハイライトは、菖蒲を編んで縄にした直径およそ50
センチ、長さ100メートルもの大綱を引き合う菖蒲大綱引き。縄を編むのは祭りの前日で、重さ4トンもある菖蒲大綱が出来上がると、町内を練り歩きます。


そして当日は、町を南と北に分けた地域の住民が綱を引き合うのですが、南が勝てば「豊作」、北が勝てば「商売繁盛」といわれているとか。

観光客も参加できるそうですから、縁起のいい菖蒲大綱引きの名勝負を、皆さんも見届けてみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。http://www.asanoya.co.jp/

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。http://asanoyayu.exblog.jp/i19/



by asanoyayu | 2016-06-01 07:59 | 朝野家・香りの散歩道