朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// リモンチェッロは家庭の味 ///朝野家・香りの散歩道2016.7.20放送分

f0112434_171820.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

暑さでバテ気味のときには、飲み物にも料理にも、レモンをひとしぼり。疲労回復に役立つといわれるビタミンCやクエン酸がとれるだけでなく、香りで気分がリフレッシュできますね。

なんとなくやる気が出ない・・・というときも、レモンの香りを嗅ぐと、気持ちが切り替わるスイッチが入る人が多いようです。

暑さを乗り切る知恵は世界各地にありますが、1879年、今から130年以上前にアメリカ南部で出版されたレシピ本には、アイスティーの作り方が紹介されています。氷の入ったグラスにグラニュー糖を入れ、その上から濃い目のお茶を注ぐのですが・・・レシピの最後には、もうひと言。「レモン汁を入れると、よりおいしく健康的
になりますよ」という言葉が添えられています。

また、古くからレモンの名産地として知られている南イタリアでは、香り高いレモンの皮でつくるリキュール「リモンチェッロ」が大活躍。日本の家庭で梅酒を手づくりするような感覚で、イタリアではリモンチェッロが家庭の味の一つになっています。

なかでも、世界遺産に登録されている海岸のまち、アマルフィ産のレモンは香りの良さが際立っていて、リモンチェッロづくりにはぴったりだとか。ただし、リキュールですから、お酒が飲める方限定の楽しみです。

日本でも人気が高まりはじめているリモンチェッロ。大人のみなさんは、新たなレモンの魅力を味わってみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。http://www.asanoya.co.jp/

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。http://asanoyayu.exblog.jp/i19/
by asanoyayu | 2016-07-20 07:16 | 朝野家・香りの散歩道