朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 線香花火「松葉」「柳」「散り菊」 ///2016.8.17放送分 

f0112434_18212759.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

夏の思い出が一瞬にしてよみがえる。そんな香りの記憶が、みなさんにもきっとあるでしょう。

大きなスイカを切ったときの、甘くてみずみずしい匂い。夕立が去ったあとの、土の匂いや緑の匂い。太陽を思いっきり浴びた、Tシャツや麦わら帽子の匂い。なかには、線香花火の匂いを嗅ぐと、なぜか切なくなるという人もいます。

どっちが最後まで火花を散らせるか競争しよう、とか。誰かと線香花火を見つめながら、言いたいことがあるのに言い出せない、とか。そのうち、赤い火の玉がぽとっと落ちて、あたりには匂いだけが漂っている・・・。そんな切ない記憶のスイッチが入るのでしょうか。

ところで、花火の匂いのもとは火薬ですが、近頃は香りつきの手持ち花火もあるようです。焦げたような火薬の匂いではなく、イチゴやチョコレート、カレーの匂いがする、おなかがすきそうな花火も。みんなで遊んだら、切なさとはほど遠い、笑える思い出になりそうですね。

「いやいや、花火の匂いは、やっぱり切ないほうがいい」という方には、昔ながらの線香花火を。火をつけて、激しく火花が散る姿は「松葉(まつば)」、火花が落ち着いてくると「柳(やなぎ)」、消える直前の姿には「散り菊(ちりぎく)」という、なんとも風流な呼び名まで付けられています。

そして、線香花火は消えたあとも、暗闇に香りの余韻を残してくれることでしょう。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。




by asanoyayu | 2016-08-17 07:19 | 朝野家・香りの散歩道