朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 環境に優しいエコ箸の導入がスタートします ///

f0112434_14515799.jpg

環境に優しい温泉地を目指す湯村温泉旅館料飲組合は、会員向けにエコ箸の無料配布を開始いたしました。

f0112434_14524278.jpg

これまで、湯村温泉の旅館関係者、観光協会、商工会などを中心に、'08年11月に設立され「みかたECO協議会」は、廃油回収年間約2万リットルを目標して、BDF(バイオディーゼル)の精製をし、廃油回収量年間 28,153リットルに達し、1年間のBDFの総使用量は22,678リットルをパッカー車など8台に使用しています。

軽油は1リットル当たり2.62Kgの排出量ですから、BDFを使用することで、CO2の排出量か年間59t消減したことになります。

以前、共同で割り箸などの回収し米子の製紙工場などに持ちこんでましたが、今回、ゴミ減量化とコスト削減を図るため、利用者への理解が深まってきたエコ箸の本格的導入を検討し、配布をスタートしました。

組合員だけでなく、町全体の取組として広がれば、ますます、旅館組合が目指しているECOな温泉地づくりは、順調に進んでいくようです。


by asanoyayu | 2016-11-03 14:53 | まちづくり・人づくり