朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// ボージョレ・ヌーボーの解禁日 ///2016.11.06放送日

f0112434_12382802.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。今年は・・・そうです、明日です。ボージョレ・ヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方ボージョレ地区で、その年に収穫されたブドウを、その年に仕込んでつくられたワインの新酒です。

もともとは、地元の人々が楽しむ地酒として親しまれていたそうで、樽ごとビストロやカフェに運び、収穫を喜び合いながら飲んでいたとか。ボージョレの新酒を意味する、ボージョレ・ヌーボーという名前がフランス政府に認められたのは1951年。今から65年前のことです。

当時は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日は設定されていなかったので、「いち早く今年の新酒が味わえる」と、パリのレストランなどで人気を呼びました。けれど、販売競争が加熱して、どんどん早く出荷されるようになり、品質が粗悪なものも出回るようになってしまったとか。そこで、フランス政府によって解禁日が決められ、その日までは販売できなくすることで、ワインの品質を守ったのだそうです。

日本にボージョレ・ヌーボーが上陸し、その人気がはじけたのは1980年代のこと。解禁日の時差の関係で、日本は本国のフランスよりもひと足先に味わえることもあり、大ブームになりました。

さて、今年のボージョレ・ヌーボーの出来は、いかがでしょうか。心の中でカウントダウンをしながら、待っている方もいらっしゃるでしょうね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2016-11-17 12:38 | 朝野家・香りの散歩道