朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// ユール・ログ ///朝野家・香りの散歩道 2016.12.21日放送分

f0112434_044226.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今日は「冬至」です。日本では、かぼちゃを食べて柚子湯に入ると、無病息災で過ごせるといわれていますね。では、世界の国々にも、冬至の風習はあるのでしょうか。
 
この時期を境に日照時間が長くなっていくことから、古代ヨーロッパでは、太陽の力が復活する日として、冬至を祝う祭りが行われていたそうです。それが、いつしかキリスト教と結びつき、冬至の頃にクリスマスを祝うようになった・・・という説もあるとか。
 
たとえば、北欧ではクリスマスのことを「ユール」と呼びますが、これはもともと冬至の祭りの名前でした。この祭りでは、「ユール・ログ」と呼ばれる木の幹を12日間燃やし続け、その火を囲んで食べたり飲んだり、盛大に祝ったそうです。

ユール・ログの火には、魔除けのチカラがあるといわれ、燃えたあとの灰を土に混ぜると豊作になるという言い伝えも。
 
ちなみに、丸太のカタチをしたクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」は、このユール・ログを模して作られたそうです。
 
北欧のような北極圏の国々では、冬は日中でも暗く、陽の光が当たらない日々が続きます。そのため、冬至の頃に昇る太陽は神聖なものとされてきました。北欧の人々が太陽の復活を祝う気持ちは、私たちが想像するよりも、はるかに大きいのでしょうね。

さて、今夜は日本流に柚子湯をたてて、冬至をお祝いしませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2016-12-21 00:44 | 朝野家・香りの散歩道