朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 14か月前の『荒湯生キャラメル』缶を開けてみました ///

f0112434_13464846.jpg
年末になってからワクワクドキドキ。

昨年10月23日に実験開始から、新聞雑誌・テレビ、イベント、ツアーセミナーなど色々見て頂いていた1『荒湯生キャラメル』。

賞味期限チェックのために1缶だけあえて残していました。

コンデンスミルクの賞味期限は常温・高温状況で「1年~1.5年」と製造メーカーHPの説明には書かれています。

f0112434_13473438.jpg
コンデンミルクは、牛乳に蔗糖(44%ぐらい)を加え、全体を約1/3に濃縮しているため、水分活性が下がり、保存性を向上させています。つまり食品中の自由水(微生物が使用できる水分)を少なくすることで、微生物増殖を抑制しているんですよ。

じぁ~『荒湯生キャラメル』はどうなの・・・?


もともとコンデンスミルクを湯村温泉・荒湯に缶のまま浸けるので、酸素に触れないので、コンデンスミルクと同じ水分活性のまま。荒湯の高温泉で缶の中でメイラード反応が起きただけ。

メーイラード反応とは還元糖とアミノ化合物(アミノ酸やタンパク質)を加熱したときなどに見られる褐色物質(メラノイジン)で味が良くなる、香りが良くなるを生み出す反応のことです。

f0112434_13483065.jpg
開発時から取り置きしてた『荒湯生キャラル」を14か月ぶりに缶切りで開けてみました。

f0112434_13484999.jpg
恐る恐る蓋をはぐってみましたが、出来立てと変りません。

f0112434_1349962.jpg
食べてみましたが予測通り、味も風味も変りません。
「美味い!!、よっしゃ~~!!」
自信を持って、体験型お土産として使えることが解りました。ますますチャンスが広がります。
by asanoyayu | 2016-12-30 13:49 | 社長お勧め商品