朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 今日のおばんざいは朝野家館主の『温泉ローストビーフ・炊飯器バージョン』の簡単レシピです ///

f0112434_18425635.jpg
最近、肉ばかり食べて低糖質をしていますが、神戸であった会議の帰りにコストコに寄ってきました。

目的の一つはプライムビーフ肩ロースのブロックを買うことでした。1859gで3,867円はお買い得ですね。久々に調理も簡単、その上にこれは美味のでぜひ作ってみて下さい。

今回は朝野家館主の『温泉ローストビーフ・炊飯器バージョン』です。 「荒湯生キャラメル」に続く、温泉熱利用料理第2弾です。
f0112434_18434266.jpg
いつもの目分量 約10人前ぐらい

===材 料===
牛肩ロースブロック   1859g
バター           50g
国産牛脂(出来たら但馬牛脂)20g
塩              適量
黒粒胡椒           適量
イタリアンミックス      適量
にんにく           1房
赤ワイン         20CC
ハチミツ         大さじ2
醤油           大さじ2
酢            大さじ1
オリーブ油        50CC

サランラップ
ジブロック又は真空調理機
アルミ箔

f0112434_1845231.jpg
===作り方===

1.牛肩ロースブロックは冷蔵庫から出し常温にして使います。岩塩(塩)、挽いた黒胡椒、イタリアンハーブミックスをしっかり目にかけます。

f0112434_1846029.jpg
2.さらに、摩り下ろした生ニンニクをブロック全部の面に塗り、手で擦り込こんでサランラップを撒いて、味が染み込むように冷蔵庫で30分休ませます。

f0112434_18472589.jpg
3.冷蔵庫から取り出した肉の水分を、クッキングペーパーで拭き取ります。フライパンにオリーブ油(バターや国産牛脂を入れると美味しくなります)を入れて熱します。ここがコツです。

f0112434_1847513.jpg
4.休ませておいたブロック肉の全部の面を強火で焼きます。後でローストビーフソースをつくる時に、ここで出た肉汁を使うので捨てないようにして下さい。

f0112434_18481182.jpg
5.表面が焼けた牛肉はジブロックに入れて、空気を抜いて密閉しておきます。わが家では真空調理機を使ってパックします。

f0112434_1848346.jpg
6.普段は70度の温泉を使い、肉の内部に熱を入れて行くのですが、家庭では炊飯器の保温温度は約70度ですので、パックされたブロック肉を炊飯器の中へ70度のお湯を調整し、肉全体に被るようにヒタヒタにして保温スイッチを押すだけ、後は炊飯器が中まで熱を入れてくれます。

この大きさでは90分近くかかりますが、500グラムなら30分を目安にして下さい。炊飯器、肉の塊の大きさによって変りますので要注意。目安は肉から出てくる汁が褐色になればほぼオッケイです。後は経験次第です。

肉の大きさで湯がく時間が変わりますが、結構、レアに作って、電子レンジで調整すると、みんなの好みに合わせられます。

f0112434_18493948.jpg
7.肉を取り出しアルミホイールで包み、余熱で最後の仕上げます。材料は冷える時に味が染み込んでいきますので、冷えてからスライスして下さい。

ジブロックに残った肉汁とフライパンに残っている焼汁でローストビーフのソースをつくっていきます。

f0112434_1850459.jpg
8.フライパンは弱火で残った肉汁を加え、赤ワイン、ハチミツ、醤油、酢を入れてかき混ぜながら、アルコールを飛ばしながらとろみをつけます。

冷えたローストビーフをスライスし、ソースをかけると出来あがり。朝野家館主の簡単レシピ『温泉ローストビーフ』の完成です。

f0112434_18503259.jpg
今日は炊飯器でやりましたけどね。朝野家では75度ぐらいの温泉が館内すべての蛇口から出ています。いつもはこれを利用します。安いお肉でボリュームいっぱいの簡単男料理です。

星☆☆☆3ついただきましたぁ~。
男子たまには厨房に入るべし!!
by asanoyayu | 2017-02-07 18:57 | 亭主のわがまま簡単レシピ