朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー) ///2017.02.15放送分

f0112434_9113055.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

昨日のバレンタインデーには、どんなドラマがありましたか。

「そんなもの、ないない」という声も聞こえてきそうですが・・・「ドキドキしたけど、本命チョコが渡せた」「ちょっと贅沢な自分へのごほうびチョコが、最高においしかった」と、甘い香りを楽しんだ方も多いのではないでしょうか。

それにしても、毎年この時期は、世界で注目されているチョコレートに出会えるチャンスですね。バレンタインデーやホワイトデー限定の商品もあり、チョコレート好きな方にとっては、ワクワクする季節でしょう。

最近は、「Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)」のチョコレートが人気を集めているそうです。「Bean to Bar」とは「カカオ豆から板チョコまで」という意味で、原料のカカオ豆を選び抜くところから、チョコレートづくりのすべての工程を一貫して手がけること。

おいしさに妥協しないショコラティエたちが、手間をかけて創りだすチョコレートは、味だけでなく、香りや色つや、舌でとろける感触まで、すべてがオリジナル。それをいただく私たちは、産地によって異なるカカオ豆の風味を、味わうことができるのです。

せっかくのチョコレートですから、あわてて食べずに、ゆっくりと香りも楽しんで。チョコレートを口に含んだまま目を閉じると、嗅覚が研ぎ澄まされて、よりいっそう繊細な香りが楽しめるそうです。

お気に入りのチョコレートで、香りの違いを試してみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2017-02-15 08:46 | 朝野家・香りの散歩道