朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 朝野家から車で1時間、用瀬(もちがせ)でひな流し体験 ///

f0112434_17331366.jpg
朝野家から車で、約1時間(57km)
の用瀬(もちがせ)で“ひな流し”あなたも千代川にひなを流してみませんか?

今年も用瀬の流しびなの館からチラシが届きました。

“用瀬の流しびな”は旧暦の三月三日のひなまつり、男女一対の紙雛を桟俵にのせ、菱餅や桃の小枝を添えて、災厄を託して千代川(せんだいがわ)に流します。無病息災で1年間幸せに生活できますように願う情緒豊かな民俗行事で、昭和60年、県無形民俗文化財に“もちがせの雛送り”として指定されています。

f0112434_17334263.jpg

もともと物忌みの行事で、紙などで人形(ひとがた)を作り、これで体をなで、災いをその人形(ひとがた)にうつして川や海に流す行事から生まれた風習です。

この行事がいつの頃から始められたのか、文献等の記録が少なく定かでありませんが、「源氏物語」に源氏の君が祓いをして人形(ひとがた)を舟に乗せ、須磨の海へ流すという著述があり、雛流しそのものの原型は、遠く平安時代にさかのぼるといわれています。

f0112434_17340764.jpg

用瀬には今日まで、時代の変遷と共に形を変えながらも、“もちがせの流しびな”として受け継がれています。

また、用瀬には「もちがせ流しびなの館」もあり、流し雛行事を収録したビデオも随時上映しています。細やかな表情の加茂人形、あどけない御所人形など全国各地の人形も多数並び、一巡すると文化とともに発達した人形の多彩さがわかります。30分あれば見学できます。

もちがせ流しびな体験

日 時:平成29年は3月30日(火)(毎年旧暦33日)

    午前10時~午後14時(予約は不要)

    当日訪れた方も「流しびな」を購入(800円税込)で購入されれば流すことが出来ます。

    もちがせの流しびな(ひなまつり)


by asanoyayu | 2017-03-12 17:34 | イベント・歳時記