朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 江川太郎左衛門のパン焼き窯 ///朝野家・香りの散歩道2017.04.12放送

f0112434_22264300.jpg

(墨絵:朝野家社長/朝野 泰昌)

今日4月12日は「パンの記念日」。日本で初めて、パンが焼かれた日といわれています。

ときは天保13年。江戸幕府が外国船を打ち払おうとするなど、太平の世が騒然としはじめた時代です。外国に攻められることを危惧した幕府は、防衛策を立てるように命令し、それを受けて誕生したのが日本初の乾パンでした。

乾パンといえば、今では非常食の定番ですが、もともとは、戦(いくさ)のときの兵士の食糧として焼かれたものだったのです。

このアイデアを思いついたのは、伊豆の韮山代官(にらやまだいかん)だった江川太郎左衛門(えがわ・たろうざえもん)です。本土で戦うようなことになったとき、戦場でいちいち握り飯を作ることはできない。

火を起こせば居場所がわかり、たちまち攻撃されてしまう・・・そう考えた太郎左衛門は、長崎のオランダ屋敷で料理人をしていた人物に協力してもらい、日持ちが良くて持ち運びやすいパンを作ることにしました。

韮山の自宅にパン焼き窯を設け、初めてパンを焼いたのが天保13年の4月12日だったとか。以来、各藩がこぞってパンを焼くようになり、貯蔵をして外国の攻撃に備えるようになったそうです。

「パンの記念日」といえば、ふわふわもっちり、甘い香りがするようなパンの話を想像されたかもしれませんが・・・実は、国を守る兵士の食糧として焼かれた、乾パンに由来する記念日だったのですね。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:5517:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。




by asanoyayu | 2017-04-12 07:25 | 朝野家・香りの散歩道