朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// オリンピックの香り ///朝野家・香りの散歩道2017.06.14放送分

f0112434_17500704.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

1914年の今日6月14日、パリで開催されたオリンピック委員会で、オリンピックの旗「五輪旗(ごりんき)」が制定されました。

青、黄、黒、緑、赤。5つの色の輪をつないだ五輪のマークは、世界の五大陸が連帯することを表現しているそうです。また、五輪は5つの自然現象も表しているという説もあるとか。青は水、黄色は砂、黒は土、緑は木、そして赤は火。そう言われてみると、五輪旗が地球そのものを象徴しているように思えてきませんか。

さて、オリンピックといえば、2000年に開催されたシドニーオリンピックで、さまざまな公式グッズの中に、香りがラインアップされていたことをご存じでしょうか。ブルーサイプレスとグレープフルーツの香りをブレンドしたもので、すっきり爽やか。スポーツイベントにふさわしい香りでした。

ブルーサイプレスは、オーストラリア産のヒノキ科の植物で、エッセンシャルオイルは美しい青色をしています。やや甘味のあるウッディーな香りが特徴で、シドニーオリンピックの香りに採用されてから、世界的に知られるようになりました。

2020年に開催される東京オリンピックでも、世界の人々をおもてなしするような香りが生まれるといいですね。日本らしくて、アスリートに好まれるのはどんな香りなのか・・・想像するだけで、なんだかワクワクしてきませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2017-06-14 17:53 | 朝野家・香りの散歩道