朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 絵本のひきだし ///2017.09.06日放送分

f0112434_14174526.jpg
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

今週の土曜日から、鳥取市歴史博物館で「絵本のひきだし 林明子(はやし・あきこ)原画展」がはじまります。

...

絵本作家の林明子さんが、初めて手がけた物語絵本『はじめてのおつかい』の誕生40年を記念して開催される展覧会です。

時代を超えて愛される絵本を数多く生んできた林明子さんですが、山陰の皆さんには、鳥取砂丘がモデルになった「さきゅうまち」が登場する、『こんとあき』の作者としておなじみでしょう。

「こん」は「さきゅうまち」に住むおばあちゃんが作ってくれたぬいぐるみのキツネで、「あき」はまだ小さな女の子。古くなってほころびてきた「こん」を直してもらおうと、二人は電車に乗っておばあちゃんに会いに行くのですが・・・旅の途中で、思いがけないことが起こってしまいます。

『こんとあき』を読んだことがある方は、何が起こったのか思い出していただけましたか。

鳥取は林明子さんのおばあさまが暮らしていた町で、子どもの頃から砂丘にも訪れていたそうです。絵本には「あき」が「こん」をおぶって、夕日に染まる砂丘を歩くシーンがあるのですが、空の色も海の色も、本物を見たからこそ描けたのでしょうね。

原画はさらに繊細で美しく、海や砂の匂いまで立ちのぼってくるような気がします。皆さんも、9月9日からはじまる「絵本のひきだし 林明子原画展」で、ご覧になってみませんか。

*『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。


by asanoyayu | 2017-09-06 14:16 | 朝野家・香りの散歩道