朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 連携中枢都市圏の形成と圏域の未来を考える ///

f0112434_14500484.jpg

鳥取東部1市4町と兵庫県・新温泉町では、平成23年度から国の定住自立圏構想を推進し、産業・農業・環境、地域公共交通などの分野で広域的な連携を進めています。この連携を発展させるために、平成30年4月、連携中枢都市圏の形成を目指しています。

圏域が持続的に発展していくためには、圏域の住民・事業者・自治体が連携を深めていくことが不可欠です。


本シンポジウムでは、連携中枢都市圏構想について理解を深め、圏域の未来を考えていきます。

日 時:12月1日 14:00会場 14:30開演
場 所:県民ふれあい会館(1階ホール)鳥取市扇町21番地

テーマ:連携中枢都市圏の形成と圏域の未来を考える

基調講演
 『連携中枢都市圏形成による圏域全体の持続的発展』 
  一橋大学副学長 辻 琢也

パネルディスカッション16:00~

『広域連携への期待と圏域の未来』テーマのパネルディスカッションに、観光と兵庫県側パネラーとして、発言させて頂きます。


by asanoyayu | 2017-11-12 14:36 | まちづくり・人づくり