朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

/// 今年も恒例の雪吊り、樹木も旅館も支えられています ///

f0112434_14554283.jpg

クリスマスもまだなのですが、昨日から庭師が入り年末の恒例行事の雪吊りが始めました。冬季間樹木の枝が折れないように縄や支柱で枝を支ええます。山陰の雪は水分の多い牡丹雪など振るために、綺麗な枝ぶりも重さに耐えかねて折れてしまいます。

そこで庭木に枝を吊るための支えを付けていきます。雪国ならではの作業です。金沢の兼六園などが有名ですが、水分の多い雪が振る湯村でも行われます。

f0112434_14562892.jpg

玄関の滝横にある槇や露天風呂の桜・紅葉に雪吊りを、ラウンジの千両・万両なども竹すのこの雪囲いをしていきます。

f0112434_14565018.jpg

高い木の場合クレーン車で、縄を何本もたらした支柱を立てて行きます。樹木の芯に立てないといけないので、数人で縄を張りながらコントロールしていきます。支柱が固定されるとそれぞれの枝ぶりに合わせて、1本ずつ正しい位置に放射状に張っていきます。

f0112434_14580788.jpg

藁縄の一方を束ね、丸太にくくります。丸太を起し木の横に立てて、放射状に枝の角度と長さを見ながら縄で枝を支えていきます。。今日は露天風呂の雪吊り、雪囲いをしてもらってます。

30年以上お世話になっている植繁緑化の社長、少し離れたところから全体の進捗状況をチェックしています。寒い中有難うございます。旅館は皆様にも支えられています。

f0112434_14584186.jpg

ピーンと放射状に張られた雪吊りを見ると、凛となります。

来週、門松が届けば外回りの正月準備が終了します。


by asanoyayu | 2017-12-17 06:51 | イベント・歳時記