朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

今日のおめざは伊藤軒「せーだい手焼き京せんべい」

人は年齢によって食べ物の好みが変わってくるのか・・・。
40代まで肉優先だったのが、魚に、野菜の炊き合わせが美味しく感じ、子供の時に食べたものが懐かしく感じる。
f0112434_10542915.jpg今日のおめざは京都東九条、伊藤軒の「せーだい手焼き京せんべい」315円です。
東京のスーパー成城石井さんが扱っていて、親戚が送ってくれたのが、きっかけです。
よぉ~く見ると京都で作っていました。いつもは黄金フライなのですが、グリンピースやピーナッツもあった。
f0112434_1055898.jpgせんべいって言ってもおかきなどコメの煎餅でなく、小麦粉の瓦せんべいで1200年の伝統がある。
伊藤軒さんではいまだに鋏こてと炭で一つ一つ焼いています。

表のシールに自信が漲ってます。さすが京都の職人のこだわり。
裏には京都の店らしい主張が、歴史に裏づけされた自信が・・・。
 京せんべい
  夏は火床の前あつうてかないまへん
  朝早ようから作らんと水もぬるうなりますわ
  煎餅は口の中でそれは細こう溶けんとあきまへん
  細こう溶けてこそ本物の手焼どす神戸も煎餅名物どすか
  京のおせんべいもうんと古い歴史持ってますわ。
  こんなことごちゃごちや考えながら、おせんやいてます

f0112434_10555375.jpgごちゃごちゃいわずに安くて、美味い。

小粒のそら豆がタップリ、ほのかな甘さと口どけ。お茶との相性がいいですね。
by asanoyayu | 2007-11-17 11:02 | 美味彩宴