朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

話題の「神戸三田プレミアムアウトレット」に行ってきました。

f0112434_18454760.jpg神戸から六甲北有料道路を走ると、三田市にアウトレットが出来ていて行ってみました。
神戸三田プレミアムアウトレット」です、火曜日の午後4時ということもあり、中はかなりすいていました。

f0112434_18483431.jpgf0112434_18485673.jpgプレミアムアウトレットは全国に6箇所あり、三田は2007年7月開業し1年も経っていません。隣のイオンモール神戸北店とは歩道橋でつながれています。
店舗は87ショップ、営業時間は10:00~22:00、駐車場は2.800台。f0112434_1854186.jpgf0112434_18545072.jpg
f0112434_18501255.jpgf0112434_18505464.jpg出展店舗はヴァレンティノ、エトロ、バリー、ブルックス ブラザース、サルヴァトーレ フェラガモ 、エドウィン、GAPなどのウェアブランド、アディダス、リーボック、ナイキなどのアウトドアー、ミキハウス、レゴ、プラザなどのキッズ商品、インテリア&生活雑貨、服飾雑貨などで、デザート・ヒルズ、ラスベガス、オークランドの半分ぐらいの規模なんです。ラスベガスを除いて、アメリカでも土日に多くの人が訪れる傾向で、駐車場は満車になってしまうそうです。
f0112434_18513148.jpgf0112434_1852388.jpg店舗は高級品から家庭雑貨まで・・・。自分のほしいものやシーズンを過ぎてほしかったものを買うには安くていいと思います。
f0112434_1852333.jpgもともとアウトレットは作りすぎの商品や売れ残り商品、時期過ぎ商品をブランドを守るために、廃棄・焼去などをしていたが、値崩れを起こさないように正規ブランド店から遠く離れた所でディスカウントすることで、メーカーと販売店は利益を、消費者はブランド品質の確保と三方良しだった。
昔はタグを切るとか、マジックで消していたが最近は2次ブランド(アウトレット用)をつくったりして、売っていました。

平日の管理・経費が大変だろうな。と心配してします。
by asanoyayu | 2008-01-31 19:00 | イベント・歳時記

今日のおめざは 城石井オリジナルチョコレートボックスの『Truffttes Fantaisie』です

f0112434_21425565.jpgまたまた、バレンタインには早いのですが、チョコレートの話題です。奥からのチョコレートは成城石井オリジナルチョコレートボックス「Truffttes Fantaisie」。フランスGUYAUX社のトリフチョコ 500gです。
とても口解けがよく、おいし~いのですが、1931年設立約80年昔ながらの製法で作られています。カカオ分は15%なのですが、植物性油脂などを使っていて、トリュフチョコレートがまだ一般的でなかった20年ほど前に、成城石井では本場フランスのトリュフチョコレートを輸入開始。不動の人気を誇るロングセラー商品となっているらしいのです。1箱2,580円。
f0112434_21434363.jpgしかもこのトリュフは非常に柔らかいため、気温の下がる秋冬にしか出会えない限定品。本場フランスのチョコレートコンクールでみごとに金賞に輝いたこともあるそうです。

「石井では包み紙も沢山あって選べるんだよ、この包み紙、私が選んだの。」「包み紙と中の箱あってるでしょ」と娘。
f0112434_21441629.jpg
「でも、待てよ。このチョコの味は・・・・・。」
「あれっ~、MathezのTrufflesと同じじゃん!」
「持って帰ってくるから、食べ比べてみたら・・・」

しかもコストコMathezは500g×2個で1,138円となると500gは569円。と言う事は4.5倍で売っている。

さすが成城石井。恐るべきブランド構成。

「ロマンがないなぁ~」「石井の一番人気のチョコなんだよ」と奥様と娘からすかさず突込みが・・・。

「関西人だもんね」っと思いつつ、口からは「少しMathezの方が甘いかも・・・」
「バレンタインのチョコレート、有難うね」
by asanoyayu | 2008-01-29 21:49 | 美味彩宴

今日のおめざは「ウォンカのチョコレート」

f0112434_1322669.jpg今日、東京へ行っていた娘から、ウォンカのチョコレートをお土産に買ってきてくれました。

「ウォンカのチョコレート?」
そう・・・ジョニーデップが出てた「チャーリーとチョコレート工場の秘密」に出てくる、世界でたった5枚のゴールデンチケットが当たるチョコ、ウォンカのチョコが現実に売っていたのです。

ソニープラザで525円。


映画と同じようにゴールデンチケット入りの大当たりもあるらしいのですが、今回は2つともはずれ。

f0112434_1325360.jpgこの「Charlie AND THE CHCOLATEFACTORY」、大学1回生の英語教題として取り上げられており、毎週、翻訳の宿題がかなりのスピードだされた。

あるクラスメートが名案を出し、児童書コーナーから「チャーリーとチョコレート工場の秘密」の本を買ってきて、ほぼそのままの翻訳だったので助かりました。世界的名作の児童本でよかった。A確定の記念の本だったのです。

その本が映画化され、また映画化された中のチョコレートが現実に買えるとは不思議ですね。
WONKAはチャーリーの工場の名前だったのですが、裏を見ると原産国はオーストラリア、輸入はネスレ日本なんです。

f0112434_1334278.jpgチョコは1粒づつにウィリー・ウォンカのシルクハット型とWONKAのロゴ、なかなか楽しい演出。

食べるとかなり甘いミルクチョコです。

f0112434_1343618.jpg中はキャラメルクリームとライスクリスプ入りです。これまた超甘です。
by asanoyayu | 2008-01-28 01:36 | 美味彩宴

今日のおめざは「リーガロイヤルホテルメリッサ洋菓子詰合せ」です

大阪の老舗ホテルというと中ノ島の「ロイヤルホテル」。「リーガロイヤルホテル」になって20年経とうとしているがこの名前iにはなじみが薄い。それだけ「ロイヤルホテル」の名前のイメージが大きかったのだろう。

f0112434_23431724.jpg今日のおめざはホテイチの先駆者メリッサの焼き菓子です。社員の息子さんからのお土産です。

f0112434_2344058.jpgマドレーヌ、フィナンシェ、スティックケーキなどの詰合せで、バターたっぷり、伝統的な味。

マドレーヌはオレンジの風味が広がるしっとりとした食感、フィナンシェは 表面は少し固め、どちらともすきなケーキなのですが・・・、厚めでしっとり感の強いアンリシャル・パンティエの方が好みかな。

やっぱり飲み物はコーヒーよりは紅茶ですね。
by asanoyayu | 2008-01-27 01:38 | 美味彩宴

今日のおばんざいは 大屋町上垣さん家の『ハチだけの仕事』です。

f0112434_0481372.jpg『ヒトの手を加えないハチだけの仕事』、この一風変わった名前は上垣さんのポリシーで、抗生物質を使わない健康な蜜蜂を育てる為の努力の結果です。
 f0112434_0484395.jpg一口食べてみると分かりますが、本当にいい香りとすっきりとした甘さで今まで味わったことの無いハチミツです。世界一の100%純粋ハチミツで一切の添加物や増量の為の混ぜ物をしていません。凝縮した味わいの中にキレのよさ・・・・・・さらっとしています。

木彫フォークアートおおやを見に行ったときに「栃の花のハチミツ200g 1500 円」を買って、チビチビ香りと甘みを楽しんでいます。
f0112434_0494117.jpg大抵はタカキベーカリーの『石窯ブレッド』のライ麦ブレッドを焼いて、バター味のラーマと一緒につけて食べます。
f0112434_049597.jpgもちろん冬は室内でも固まってしまいますが、結晶のようにザラッとするのでなく、とても滑らかであったかいパンにのせると、見る見る解けて透明になります。
自然のものですから、季節により採れる蜜より色も香りも違います。
f0112434_0502066.jpg他にも桜の花のハチミツ200g  5000円
れんげの花のハチミツ200g 1500円
くりの花のハチミツ200g 1500円
by asanoyayu | 2008-01-25 00:55 | 美味彩宴

今日のおめざはゴディバの『「ゴールドコレクション』です。

f0112434_2350146.jpgバレンタインが近い、今日のおめざは『ゴディバのゴールドコレクション』です 。

仕事ついでに来られてた事務局員からの早い義理チョコだと思っていたら、海外旅行に行っていた観光協会長から、甘味好きの私へのお土産だったのです。
ゴディバは私も好きなチョコレートメーカーなので大喜び、でも台湾でゴディバ?。

f0112434_23502966.jpg味は舌触りが滑らかで、フィリング(中身)のプラリネはヘーゼルナッツやアーモンドのこくと芳香を引き出しているとこは流石です。

トルビヨン・クール・ルーンなど中はそれぞれ違う味わいで6つの味が楽しめます。また1つ1つに誇り高くGODIVAかGのロゴも入っています。

ゴディバ(正式名ゴディバ・ショコラティエ)は、80年以上にわたりベルギーチョコレートの伝統に貢献し、世界中で愛されている、最高級チョコレートのリーディングブランド。
昨年の夏もゴディバの大きな箱をいただき、「うぉ~たくさんのチョコが・・・」と思い、箱を開けて軽いはずだコーヒーセットだったのです。「ゴディバがコーヒー? エェ~!!普通チョコやろ。」

実は米総合食品大手キャンベル・スープの資本下で、トリュフやプラリネチョコレートをはじめ、クッキー、アイスクリーム、グルメコーヒーまで手を広げて、名前をかぶして売っていたんです。

でもヨーロッパの職人肌とアメリカの資本主義論はうまくいかないんですよね。結局昨年のクリスマス前にトルコの企業に売っぱらいました。これも成果主義か?しかしチョコの美味さは間違いないのです。

f0112434_23505217.jpg私にはペニンシュラのチョコよりは、ゴディバのチョコレートの方が美味しい。一つ頬張りながらブログを書いてます。最近食べ物ネタ多いなぁ~。

6個入りだと私的賞味期限は明日まで持つかなぁ
by asanoyayu | 2008-01-22 00:06 | 美味彩宴

ゆむら灯火の景の公式ブログができました

f0112434_1918359.jpg第5回を迎える「ゆむら灯火の景」の公式ブログが出来ました。

交通情報からコンサートの題目、昨年の動画と盛りだくさん、当日までの更新をします。最新の情報をご覧下さい。

春を待つ人の心と、灯りのゆらぎで癒され温もりが感じられる想いが融和した光プロジェクト事業が「ゆむら灯火の景」。私たちで取り組める何かを求め、探すために小さな一歩として、竹やロウソクなどを使い雪や湯煙りなどの自然と共感する「癒される」光の世界を作り出し、ロウソクのゆらぎで春を待ちわびる人々へのメ-セ-ジとして、あたたかな光りに満ちた春の訪れを、一足先に共に楽しみましょう。

■ 実施日   平成20年2月9日(土)~10日(日)
■ 実施時間  午後5時30分~9時30分
■ 場 所     湯村温泉街

カップロ-ソク2200本などが並べられた「ほのかに ゆらぐ」灯り、雪像の造形物や玄関先に並べられたミニ雪像、 幻想的なコンサ-トや癒される音とのハ-モニ-など旅情感あふれる湯村温泉街を散策しながらの雪景色、心身とも温まる、あつあつの食材や屋台など 湯村はあなたのお越しをお待ちしております。

詳しくは
ゆむら灯火の景実行委員会 事務局:温泉町商工会
       電話の場合・・・・・0796-92-1856
       ファクスの場合・・・0796-92-1858
       メ-ルの場合 ・・・yumura_tomoshibi@yahoo.co.jp
by asanoyayu | 2008-01-21 19:18 | イベント・歳時記

今日のおめざは 「牧家のbocca white pudding」です。

今日は変わった形のおめざ「牧家のbocca white pudding」です。

f0112434_2333847.jpg北海道伊達市の(有)牧家のプリンで、ゴルフボールを一回り大きくしたような球状をしています。プリンはゴム球の中に入っていて、つま楊枝などの先のとがったものでつつくと、プリ~ンとむけます。(*^m^)ププッ

子供の頃よく好きで食べた玉羊羹(風船羊羹や葡萄羊羹などと店によって違いますが・・・)のプリン版です。尖ったものを刺したときのはじける感覚が大好きでした。そういえば黒だけでなく、赤や薄緑や白もあった時臆していますが・・・。
f0112434_2342458.jpg透明のケースに入っていて、牛のシールもついている。北海道加工食品フェアーで最優秀賞を貰ったプリン、同包のキャラメルソースをかけて食べます。プリンは開けて楽しく、食べておいしい、濃厚ミルクのモチモチなめらかです。
f0112434_235083.jpg子供やみんなで食べれば、「かわいぃ~い」「どこで売っているの」と聞かれるでしょうね。
インターネットや北海道の百貨店で売られている事が多いのですが、たまたま鳥取のマルイで売っていて甘味好きの私に買ってきたらしいのです。
クリアケース入り4個840円です。インターネットはこちらhttp://www.bocca-ltd.co.jp/
by asanoyayu | 2008-01-20 02:38 | 美味彩宴

今日のおばんざいはタカキベーカリーの『石窯ブレッド』

f0112434_10452059.jpg最近「美味彩宴」ばかりがふえている食いしん坊ですが、最近我が家ではまっているのがタカキベーカーリーの『石窯全粒粉ブレッド』、『石窯ライ麦ブレッド』『石窯くるみ&レーズン』だ。

色々なパンがあるが、我が家の好みはフランスパンなどのバケットタイプ。外はハードながら中はしっとり。学生時代の下宿先のお隣はフランスパンを日本に紹介した『ビゴの店芦屋本店』、毎日美味しい香りに誘われて以来のパン好き、子供の頃から朝食は食パンとバターで育ったからなんだろうか?

ビゴのお気に入りはカスクルートで、細身のフランスパンに生ハムがはさんであるシンプルなパンで、噛切るのにかなり力がいるがかめばかむほど旨みが出てくる。

フランスパンは小麦粉、水、塩イーストのみで作られるため、毎日の気温や湿度などに影響されなどパン屋の技術がわかる。

f0112434_10461290.jpgフランスパンとは少し違うが、色んな食パンを食べて今は『石窯全粒粉ブレッド』、『ライ麦ブレッド』がお薦め。トーストすると外はバリッと中は粘りがありモッチリと。小麦粉の香り高いパンです。
f0112434_10473021.jpg時間をかけて発酵させ、石窯の遠赤外線で焼いたものでトーストしてバターをつけて生ハムとシンプルに食べたり、『くるみ&レーズン』にバターとメープルシロップか蜂蜜をかければ簡単デザートの出来上がり。
石窯全粒粉ブレッド4枚切270円、くるみ&レーズン310円で少し高めだがお試しを。
by asanoyayu | 2008-01-19 10:49 | 美味彩宴

今日のおばんざい 滋賀県長浜『浜湖月の鮒寿司』です

滋賀の友人から宅配便が届きました。
明けてみると琵琶湖名物、「浜湖月の鮒寿司」をいただきました。浜湖月は黒壁で有名な長浜市にあり、100年続く料理旅館です。

f0112434_2293430.jpgf0112434_22101485.jpg鮒寿司(ふなずし)は、主にニゴロブナの子持ちのメスを用いて作られる熟れ寿司(なれずし)の一種で、琵琶湖の郷土料理、お寿司の原点は熟れ寿司だといわれています。

作り方はメスのフナを腹開きにして卵巣を残し、数ヶ月ほど塩漬けにする。その後塩抜きし、ご飯に塩を混ぜた物を詰め、発酵を促進させるために漬け込む。一般には漬け上げた後は飯を除き、魚だけを食べるとされるが、地元ではペースト状に発酵したご飯ごと食べる人も多い。発酵による乳酸の酸味と臭気が強いため、食べれない人も多い、なんどか私もいただいたが、お茶漬けがもっとも食べやすい。
f0112434_22112422.jpg邪道かもしれないが軽くあぶって食べれば、発酵しているご飯がおこげに感じる。
f0112434_22105276.jpgお茶漬けです。
あたたかい御飯の上にあぶり鮒寿司のスライスを乗せ、刻みねぎと刻み大葉でにおい消し、お醤油を数滴たらしたものにお茶を注ぎます。かき混ぜてからいただきます。
程よい酸味とオレンジ色の卵が口の中で踊ります。

尾頭付なので、頭は少し焼いて、熱湯とお醤油数滴、松葉ゆずでお吸い物にしました。発酵で頭はゼラチン状にシンプルだかうまみが出ています。

昔はよく罰ゲームで使われた鮒寿司。保存と蛋白質のアミノ酸化の繊細なすばらしい日本食文化にバンザイ。
でも翌朝、部屋中にいっぱい匂いは残っていました。
by asanoyayu | 2008-01-18 01:03 | 美味彩宴