朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

/// 今日のおめざはMiam Miamの「フルーツタルト」です ///

f0112434_2301717.jpg
娘の所に行っていた家内が買ってきたのは、Miam Miamのフルーツタルト。実は娘と一緒に食べたなかむらのフルーツタルトが美味しかったので、お土産に買おうと思いながら忘れて、罪滅ぼしに途中に似たようなタルトがあったので買ってきたらしいです。

ところがなかなか美味しいのです。

こだわりのフルーツタルト専門店ミャムミャムは、創業30年の果物屋3代目がタルト屋を始めたのです。だからフルーツが美味しいのです。

アタフルフォマンゴのタルト、無花果のタルト、桃とチェリーのタルトの3種類。
f0112434_231721.jpg「おぉ~フルーツたっぷり!」
「一緒に食べたのはもっと、こぉ~んなに多かったわよ」
「どこ?」
「連れて行ってもらったら、店の名前は知らない」

話を聞いていると「ベリーカフェ」かな・・・・・?
f0112434_2314078.jpg無花果のタルト、完熟でとても香りも高く、柔らかくて美味しいです。

生クリームと無花果の組み合わせは珍しく、てもいけます。
マンゴのタルトもマンゴが主役、フルーツ食べている!って感じです。

最近のフルーツは流通期間が短く、完熟で甘いですね。

今度は「ベリーカフェ」と食べ比べしなくては・・・。
by asanoyayu | 2008-06-30 01:07 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはユーハイムの「リーベスバウム 」です ///

f0112434_23451340.jpg26日会社のOB会があり、懐かしい人たちが集まってくれました。
ほとんど地元の方が多いのですが、鳥取から来られた元客室課長のSさんはユーハイムの「リーベスバウム 」をお土産に持ってきていただきました。

今日のおめざです。
f0112434_23454944.jpgユーハイムといえばバームクーヘンなのですが、それもそのはず、このバウムクーヘンを、日本で初めて焼きあげたドイツ人こそカール・ユーハイム、ユーハイムの創設者です。
f0112434_2346182.jpg卵・砂糖・バター・小麦粉。保存料・防腐剤・酸化防止剤・添加物等は一切使用せず、マジパンをたっぷり使った柔らかなおいしさ。

オーソドックスですが、質にこだわった正統派バームクーヘン、スライスしてひとつずつ包んであります。

いつも食べる時に切るより薄いのですが、食感が柔らかく、口に入れるととけていく感じがします。さすが洋菓子王国神戸。
by asanoyayu | 2008-06-29 00:40 | 美味彩宴

/// のんびり行こう、自分の足あと ///

趣味でかいている墨絵を季節とともに・・・。

梅雨に入ってよく見る風景。
紫陽花の葉にカタツムリが雨のシャワーを浴びている。

カタツムリの動きはゆっくり、私たちから見ると実にのんびり。
でも着実に足あとが残っている。
残せているかな? 俺の人生。

f0112434_173262.jpgのんびり、ゆっくり
着実に
自分の足あと
のこしつつ
by asanoyayu | 2008-06-27 17:32 | 筆誤一会

/// 今日のおめざは松山市・六時屋の「六時屋タルト」です ///

f0112434_23184947.jpg今日会社のOB会があり、懐かしい人たちが集まってくれました。
ほとんど地元の方が多いのですが、元営業のMさんは遠く愛媛県から、朝6時出発で駆けつけてくれました。今日のおめざは松山市・六時屋の「六時屋タルト」です。

会社名の「六時屋」は「針はまっすぐ正直に」という経営方針から名づけられました。六時屋タルトは柚子風味あんを、カステラで手巻きしたお菓子。300年ぐらい前にオランダから伝わったもので、中のジャムをあんに変えたのが松平松山藩主らしいのです。


f0112434_23205248.jpg昔はロールケーキのように1本物だったのですが、時代の流れか、切タルトをいただきました。
あまり硬くないあんなので丸いケースに入って、一つ一つ包装してあります。

あまり甘くないあんは、ほのかに柚子の香りがし、周りのカステラ地は白くふんわりしています。
まったりと美味しい!
もう1社有名な「一六タルト」は明治16年に創業したのでその名が付いたらしいが、今度は食べ比べ挑戦しなければ・・・。
by asanoyayu | 2008-06-26 00:58

/// 今日のおめざは菓心堂の「黒糖きなこわらび餅」です ///

f0112434_22244329.jpg最近、気に入っているわらび餅があります。福岡県大野城市の菓心堂の「黒糖きなこわらび餅」です。

菓心堂はリョーユーパンのグループで和菓子を得意とするブランド。大手スーパーやコンビニなどで売られて、とにかく安い、三つで126円(消費税込)。今日のおめざです。
f0112434_22251336.jpgわらびもちなのにくしに刺さっています。わらび餅に黒蜜やきな粉をかけて食べるのは普通ですが、わらび餅の中に黒糖を練りこんで、串に刺し、きな粉をまぶしてあります。

手軽にわらびもちを食べることができます。
f0112434_22254067.jpgぷるぷるで串から落ちそうなくらい柔らかく、後から黒糖の絶妙な甘さが追ってきます。

きなこもたくさんかかっています。冷蔵庫で冷せばさらに美味しいです。
値段的に全部本蕨粉を使っているわけはないのですが、見た目に黒糖の黒さが本物に近づけています。

コストフォーマンスのいいおめざです。お勧め!

姉妹品に黒糖クルミわらび餅(126円-消費税込)がありますが、こちらは串刺しではありません。
by asanoyayu | 2008-06-24 01:22 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは神戸・ゴンチャロフの「クリンツイとコルベイユ」です ///

f0112434_2330146.jpgこの商売をしているとお客様からのお土産が数多くあたります。

子供のころから珍しい神戸や大阪、京都の有名和菓子・洋菓子をいただき、甘党になってしまいました。「いただきものばかり?」という声もありますが、そのとおりです。

今日のおめざもお客様からいただいた神戸・ゴンチャロフの「クリンツイとコルベイユ」です。
f0112434_23302932.jpg神戸のゴンチャロフといえば、チョコレート。大正12年創業の神戸スイーツの老舗で日本初のファンシーチョコレートを作った会社です。
f0112434_23305999.jpgクリンツイはさっぱりした焼き菓子で、味は3種類。

≪バター味≫はマネケンのワッフルの硬いとこばかり集めたみたいにバターたっぷり、≪セサミ味≫は、金ゴマと黒ゴマをブレンドして香ばしく、≪チーズ味≫は、オランダ産エダムチーズを使い風味が楽しめます。
f0112434_23313957.jpgコルベイユはバターをたっぷりのラングドシャやアーモンド使ったチュイール生地にアーモンドミルクチョコやホワイトチョコを巻き込んでいます、いずれもゴンチャロフ得意のチョコ菓子。

少し甘く、サクサク感が楽しめます。

神戸の菓子は素材の鮮度・質が命、そしてほんの少しのセンスが味付けです。
by asanoyayu | 2008-06-22 23:34 | 美味彩宴

/// 今日のおばんざいは浜松市マルワ食品の「しそ巻」です ///

f0112434_1755649.jpgお泊りのお客様が調子が悪くなり、病院へ送迎させていただきました。

すっかり良くなってお帰りになられて安心してたのですが、お客様から礼状とお礼の品が届きました。珍しいものを有難うございます。

今日のおばんざいは浜松市・マルワ食品の『しそ巻』です。

初めて知った浜松の名産で他地域には、無いようです。

歴史を調べると江戸時代中期に、天竜川の川原一面に生えるしそ葉を使って味噌を包み、菜種油を塗り、炭火で焼きながら、東海道を上り下りする旅人に茶店で売ったのが始まりとか。
f0112434_1783174.jpgさらに現在、市場に出回っているものは、大きく分けて2種類。

今回いただいた伝統的な黒いしそ巻は、しそ葉(赤じそ)で味噌を巻き焼いたもの。もう1つは、大葉=青じそ(生葉)で味噌を巻き揚げたものであるそうです。

f0112434_179297.jpg甘めのもの、辛めのもの、ピーナッツ入り、ごま入りなど味噌の味付けや、しその巻き方、加熱の仕方などメーカーによって違い、好みが分かれるところです。

伝統食らしく、素朴な味ですが後を引きます。ご飯の友や酒・ビールのあてには最高です。

各地には知らない色々美味しいものがあるのですね。
by asanoyayu | 2008-06-20 17:00 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは長崎・茂木の「枝付きびわ」です ///

f0112434_16561631.jpg弟と親交のある長崎市料亭旅館坂本屋さんより茂木の「枝付きびわ」が送られてきました。今日のおめざです。

坂本屋さんは長崎の卓袱料理で有名な料亭で、全国のデパートや通販で東坡煮(とうばに=豚の角煮)や角煮めしが有名で、元々中国から渡来した東坡肉(トンポーロー)を日本味にしたものです。トロトロの味が最高です、ぜひご賞味ください。
f0112434_16564374.jpg長崎県は、全国の3分の1近くのびわ生産日本一です。箱を開けると初夏の香りがします。
f0112434_16571290.jpgみずみずしさも本場ならでは、枝付きだからなのでしょうか?産毛(?)も沢山。
f0112434_16574738.jpg皮をむくとたくさんの果汁が滴り落ちる
f0112434_1658723.jpg甘くて初夏の初物をいただきました。
by asanoyayu | 2008-06-18 16:49 | 美味彩宴

/// 夏に向けて、団扇を一つ一つ手描きで準備しています ///

f0112434_23324260.jpg夏も近づく八十八夜~♪

今年の梅雨はあまりムシムシせずに、夜は肌寒いぐらいです。
太平洋側では台風が近づいたり、変な気候ですね。でも梅雨が明けると暑い夏が・・・。
f0112434_23343860.jpg朝野家では、その夏に向けて、団扇づくりが毎日始まっています。
といっても団扇を一から作っているのでなく、白団扇を買って彩色墨絵を描いているのです。
f0112434_2336310.jpg
館内は冷房が効いているのは、もちろんですが。
そこは旅館、飾りとやさしいエコグッズとして床の間に置かせていただいています。
f0112434_23363794.jpg今年は「朝顔」をテーマにしました。
f0112434_2337491.jpg各部屋と予備に100枚、毎日10枚ずつ、一つ一つ手描きにこだわって一生懸命描いてます。
f0112434_23374628.jpg墨で書いた後、顔彩(がんさい-岩絵具)で色づけ。
6月中に完成し、7月初旬からお部屋に準備させていただきます。
f0112434_23455638.jpg お客様に差上げたいのですが、備品ですのでお持ち帰りにならないようにお願いいたします。

皆さんのお越しをお待ちしております。
by asanoyayu | 2008-06-16 01:14 | イベント・歳時記

/// 今日のおばんざいは鳥取県産岩牡蠣『夏輝(なつき)』です ///

f0112434_21483532.jpg山陰の夏の味覚、鳥取県特産天然岩ガキ「夏輝(なつき)」の初競りが6月1日が行われました。今日のおばんざいです。
f0112434_21494941.jpg鳥取県産「夏輝」は殻の大きさが十三センチ以上で、下殻が平らな平岩ガキをブランド化していて、今年の浜値の最高は一個八百二十円。出荷は八月いっぱいまでされます。
f0112434_21532480.jpgまずはこの大きさを見てください、とにかく大きくて、肉厚。普通の岩牡蠣でも牡蠣の3倍はありますから夏輝なら6倍ぐらいでしょうか。貝柱は1円玉の大きさ。
f0112434_21501717.jpgミルクたっぷりの身は手のひらサイズ。
f0112434_21524519.jpg新鮮なものを生牡蠣で、レモンをギュッと絞って1個目を、2つ目はさらにその上にケチャップと少しのタバスコで、さすがに3つ目となると・・・。
バターソティーしました。
焼いているにもかかわらず、ナイフ・フォークと比べてもやはり大きい、切らないと口に入りません。
不思議に味が変わると食べれるんですね。ペロリと・・・。でも3つ食べると満腹です。
by asanoyayu | 2008-06-15 01:47 | 美味彩宴