朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2009年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

/// 今日のおめざは菓寮・花小路の「焼かりんとう」です ///

f0112434_065718.jpg但馬空港推進協議会とJALセールスの合同会議が朝野家で行われました。

東京からお越しのJALセールスさんから菓寮・花小路の「焼かりんとう」をいただきました、今日のおめざです。
f0112434_074312.jpg但馬空港推進協議会はコウノトリ但馬空港の利用促進のために、羽田⇔大阪⇔但馬の3空港を使用する東京発の旅行企画をJALセールスと作っています。

朝野家も宿泊企画に入っていますので、東京から但馬への旅行にぜひご利用ください。

この旅行は日本海沿いの豊かな自然、北近畿の魅力を心ゆくまで楽しんでいただこうと「名湯湯村・城崎に泊るタクシー紀行3日間」「湯村・城崎温泉フリープラン2・3日間」の2プランで、但馬を満喫できる大変お得なプランとなっています。
f0112434_0102074.jpg味は少し甘めで、しっかりしていますし、食感はカールを硬くして、ラスクのような感じです。
f0112434_0104472.jpg油で揚げてないのでべとべと感はないので、健康にも良くとても私向きです。

沖縄産のミネラル豊富な黒砂糖を使っていますし、低カロリー。歯ざわりも軽い感じがします。逆に軽いのでたくさん食べてしまうかもしれません。
by asanoyayu | 2009-02-28 00:14 | 美味彩宴

/// 鳥取にもちもち白たい焼きの「たいやき研究所」ができました ///

f0112434_10275429.jpg以前に紹介した出雲市はら屋のもちもちタイ焼きを発見して以来、九州熊本でも見かけました。鳥取の新聞やブログで「たいやき研究所」が取り上げられていました。

鳥取市安長県道沿いに、かわいい大きなたい焼きの看板が立っているのを発見。つられて入ってみるとJA愛菜館の横に「たいやき研究所鳥取店」がありました。

聞いてみると本店は熊本にあるらしいようです。結構ひっきりなしにお客さんが買っていきます。やっぱり人気なんですね。
f0112434_10282046.jpg貨車店舗のような店で女性2人が焼いてましたが、焼き過ぎると焦げて黒くなるそうです。

白たいやきの生地はタピオカ粉がを入っていて、かじるともちもちしていて餅のように伸びます。
f0112434_10285664.jpg買ったのは白たい焼き黒あん(130円)4つとパリパリ本格たい焼き(140円)を2つ。「熱々を入れるため、蓋は開けときます」とパリパリ本格たい焼きが柔らかくならないように気を使っているのでしょう。
白たい焼きははら屋と違い熱々が食べれるのですが、あんこが少し甘すぎる。もう少し小豆感があった方がいい感じです。

f0112434_1029337.jpgバリバリの方は焼いてから赤外線ランプ保温機に入っていたのか、こちらもパリパリ過ぎた感じとあんは同じなのでやはり甘すぎ。

急に鳥取ではたい焼きがブームで、大阪屋(トスク店)の サクサク感の「こだわりたい焼」や たい夢(因幡っ子横)のパリパリした薄皮たい焼きなどが出来ています。時間を見つけて言ってみたいと思いますが、今のところ私には「はら屋」が一番のようです。

大正時代の創業以来、地元の人に親しまれているたいやきの「らっぱや大谷商店」にも頑張ってもらいたいものです。
by asanoyayu | 2009-02-27 01:26 | 美味彩宴

/// 朝野家湯たんぽコレクション珍品・小鳩くるみちゃんのベビー湯たんぽ ///

f0112434_17242493.jpg今年も昨年に続き「湯たんぽ」が大ブームですね。

子供のころの湯村では、夜、寝間引き時間になると各旅館の客室係りは、湯たんぽを持って荒湯(あらゆ-源泉)に行き、98度の温泉を入れて帰ってくるのです。
f0112434_15482975.jpg当時は今のように冷暖房が行き届いてなく昭和30年代は火鉢や豆タンを使ったあんかの時代。寒い布団を温める工夫として、豊富な高温泉を利用した湯たんぽはお客様から喜ばれていました。

昭和50年ぐらいまで湯村温泉では冬のおもてなしでお客様のお布団のなかに湯たんぽを入れていたのです。暖房が行き届いた現代でも体にやさしく、環境にもやさしい湯たんぽ。
f0112434_17255427.jpg湯村温泉ならではのおもてなしとして、5年前から湯たんぽが復活されています。
f0112434_17262676.jpg15年前から集めている朝野家湯たんぽコレクションに珍品が入りました。

オークションで買い求めた「TVの人気者! 小鳩くるみちゃんのベビー湯たんぽ」です。

古い当時の未開封品です。本体は11㌢程度でブリキ製でとても良く出来ています。
「本当にお湯を入れてあそべます」と書いています。
f0112434_17283796.jpg小鳩くるみちゃんは4歳でビクター専属の童謡歌手としてデビューし、当時テレビ・雑誌・コマーシャルと大活躍されてました。

またNHKの「おかあさんといっしょ」で10代目歌のおねえさんとして活躍されました。
by asanoyayu | 2009-02-24 01:22 | イベント・歳時記

/// 「旅色」春の号で朝野家が紹介されました ///

f0112434_0422419.jpg1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・・。早いもので2月も終わろうとしています。

私の子供のころは38(さんぱち)豪雪といわれ、昭和38年に大雪が降り、当時トンネルでなかった春来峠・蒲生峠は通れなくなり雪の中で陸の孤島となりました。

また湯村温泉内の両側の家の屋根から下ろす雪で、道路がいっぱいになり2階から出入りしたものです。

2月に入ってから雪の降るのも2~3回、温暖化の影響でしょうか。
もう春はちかいのかな?
f0112434_0425850.jpg朝野家のホームページも少しだけ、春に衣替え。

「旅色」春の号で朝野家が紹介されました。
f0112434_0445266.jpg兵庫県生まれの女優・黒谷友香さんが、兵庫の自然が生んだ春のローカル料理で極上の時間を。

湯村温泉や七福神湯めぐりなどを案内しています。
f0112434_0452072.jpg雪の降るロマンチックな露天風呂もいいけど。

夜桜に包まれながら入る露天風呂も最高です。
by asanoyayu | 2009-02-23 00:47 | 旅行・体験日記

/// 1,000円カットのQBハウスに行ってきました ///

f0112434_133771.jpg旅行会社の全国総会が東京・池袋であり、会議までの時間があったのでQBハウスに行ってきました。

10分1,000円をうたい文句に392店を全国展開しています。毎月、地元のS散髪屋さんに行くのですが、ここのところ忙しくて髪の毛が気になっていたのです。S散髪屋さん今月は行きません。ごめん!!

QBハウス神田店はJR神田駅高架下にありました。バーガーキングに早い昼を食べに行こうとしたら、目に入って10分ならいいかと思い店に入りました。
f0112434_135976.jpgこじんまりとした綺麗な店で、「いらっしゃいませぇ~!」と心地よい響き。

「初めてなんですがどうしたらいいの・・・?」の問いに、女性の方が「ここでチケットを買ってください。」壁にカットカード販売機があり1,000円を入れるとカードが出てきます。

それを渡すと3席ある一番奥の椅子に通されました。
f0112434_143075.jpgカット鏡の裏は服をかけるハンガークロゼット、右棚には滅菌機、櫛やカード読み取り機、エアウォッシャーなどの道具がシステムユニット化されています。

全国に展開し、品質を一定するモジュールのようです。

洗髪やシェービィングはないのでもちろん洗面台はありません。カットのみの専門なので出来る値段です。

湯村温泉の散髪屋さんでは、自己泉源を持っていて、温泉で頭を洗ってくれるんですよ。実にさっぱりします。一度お試しください。

入った時は平日の10時のため、今日初のお客さん。
ゆっくりと話を聞きながらカットしてもらいました。正月を除いて月曜日も開業、神田の場合は近辺に会社が多く、休憩時間や会社帰りを利用して、土日よりも平日の昼間と夕方が忙しいそうです。

ちなみにBKでハンバーガーを食べた後、前を通ると7人も待ってました。3席を合わせると10人。やっぱり昼休み時間は忙しそうです。
f0112434_164850.jpg切って頂いた女性は普通のカットハウスからの転職で、シャンプーがないので手あれがなくて合っているそうです。初めてだったので「どのようなカットに…」と聞いてくれます。

「今の髪型で少しカットして下さい。後は任せます」。すきハサミとカットばさみで切って、うなじとモミアゲはバリカン仕上げ、「モミアゲはどうします?」などとかなり丁寧です。

QBハウスで使用するクシは、古紙を主原料とした素材を使用していて、もらえるそうです。もちろんもらってきました。
f0112434_171694.jpgいつもウトウト寝ていて出来上がりまで任せなのですが、寝る間もないうちに仕上がり。

洗髪の代わりにエアウォッシャーという掃除機で、髪を吸い取り終了。
12分ぐらいで出来上がり(整髪料もないのですがさっぱりしました。)思ったよりかなりいいですね。

無理を言って、最後に記念写真を撮らせていただきました。スタッフの皆さん、有難うございました。
by asanoyayu | 2009-02-22 01:13 | 旅行・体験日記

/// 今日のおめざは、久々に食べたバーガーキング・「ダブルワッパーチーズ・バリューミール」です ///

f0112434_12545181.jpg17日、池袋で旅行会社の全国総会があり久々に東京に出かけました。
湯村温泉からは遠いようなのですが、車で45分で鳥取空港。
大阪で会議があるよりも近いんですね。鳥取空港は市内から近く、駐車場も無料でお得なのです。

雪の降っている鳥取ANA294便8:45発で9:55には羽田着。モノレールで17分で浜松町ですから、1時間のフライト、自宅から2時間強で東京都内まで行けるのです。

f0112434_1817397.jpg会議は13:30からなので、途中下車してJR神田前のバーガーキングで早い昼食をとることにしました。
37年前にアメリカではじめて食べて以来、いかにもアメリカのハンバーガーっていうのが好きで、よく食べました。最後はグァムの空港だったと思います。

バーガーキングの日本上陸は1993年で、西武グループ系列企業と組んだものでしたが、マクドナルドの平日半額キャンペーンの低価格戦争に巻き込まれあえなく撤退。その後今はロッテリアの参加に入っているようです。関東のみ展開で11店舗。ぜひ関西への進出をしてもらいたいものです。

f0112434_12561984.jpgバーガーキングはパテを直火焼きするので、鉄板焼きのマックとの違いは美味しさ。
また大きな特徴がHAVE IT YOUR WAY(お好み通りに)と呼ばれるサービスがあり、これはハンバーガーの具材を増やしたり、減らしたりすることができるのです。

たとえばパテ10枚だろうが、パテぬきだろうがお金を払えば出来るんです。ミールステーション上の紙で出来た王冠のかぶり物が懐かしいです。高校生の娘が子供のころ、喜んでかぶっていたのが思い出されます。

f0112434_125655100.jpg今回はBKといえばワッパーです。
久々なのでダブルのチーズ入り、シャキシャキのレタスと分厚いトマトとらしさのオンパレード。パテも分厚いですね。大きさは直径15cmとオニオンリングの組合せ。やっぱりケチャップはハインツですよね。

f0112434_12573640.jpg食べる時はケチャップをバーガーの包み紙の内側にたらして、オニオンにつけて食べ、バーガーは上から少し潰してから大口で頬張る、肉汁を感じながら噛み砕いて、コーラで流し込む。気分はすっかりアメリカン。
f0112434_1258694.jpgやっぱり美味しいです。
経済が悪くなると元気が出るように高カロリーのパワーランチが流行るっていってたけど、まさにそんな感じ。

ダイエットメニューの昼食から一転、久々にパワーのランチでした。
ちなみに我が家の東京土産は、ワッパー3個とオニオンリングL2つでした。
by asanoyayu | 2009-02-21 00:54 | 美味彩宴

/// 笑顔のパンデミック 世界中に感染 ///

f0112434_22181841.jpg辛いに一つたせば 
幸せになる
笑顔が一番
笑顔で一番

ひさびさに彩色墨絵を書いてみました。
世の中、嫌なことばかり。
世界経済が崩壊し、金本位から心本位に変わります。
心豊かに暮らしていきましょう。
 
自分の顔は直接見られない。
笑顔でいると相手も笑顔になる。
相手の笑顔を見て、笑顔になっているとわかる。
笑顔になって伝染していく。

幸せになるには自分が笑顔になること。
今からはじめる笑顔の伝染。
笑顔のパンデミックってすてきだなぁ。
by asanoyayu | 2009-02-16 01:13 | 筆誤一会

/// 今日のおめざは香川県観音寺市・しまひでの「海老の団欒」です ///

f0112434_23321225.jpg香川からお越しの旅行会社さんから、「しまひでの海老の団欒」をいただきました。今日のおめざです。

しまひでは島秀水産として創業し、海老等の水産珍味加工をへて、今ではえびせんべいメーカーなので海老はお得意の分野。
f0112434_23332728.jpgえび姿焼・えび焼アーモンド・えびうずまきなど12種類の海老菓子が入っています。

「えび姿焼」は殻までやわらかい赤小えびを、姿そのままに焼き上げた煎餅で、サクサクとした感触とともに海老の風味が立ち上ります。

「えびせんべい」は赤小えびの身だけで作りった、サクッと軽い食感の煎餅です。昔食べた駄菓子屋のせんべいを上品にした感じで、なつかしい煎餅です。などなど・・・。

日本人の海老・蟹好きにははずれのない商品です。
by asanoyayu | 2009-02-14 01:30 | 美味彩宴

/// 湯村温泉・旧薬師湯跡地にポケットパークが、3月にオープンします ///

f0112434_22512292.jpg
薬師湯が喜多嶋に移転してから、解体の進んでいた旧薬師湯跡地がいよいよポケットパークとして、3月に完成します。
f0112434_22522947.jpg現在は最後の仕上げ段階で、湯村温泉の中心に休憩所、湯櫓、イベントステージ、湯時計、トイレと多目的広場ができます。

場所は朝野家の横・八幡階段を荒湯に向かって降りきった右側。荒湯散策後ゆっくりくつろげる場所です。
f0112434_22391138.jpg旧薬師湯建物の下には、株湯(かぶゆ)と呼ばれる荒湯とは別源泉があり、そこから自然にわいていた温泉を風呂に利用していました。

かなりの熱源があり、湯村温泉の泉源を守り、大切にする目的で湯櫓が造られました。

湯櫓の屋根からは、情緒たっぷりの湯気が上る様子がご覧頂けます。
f0112434_2240025.jpg右奥には屋根付きの休憩ベンチと温泉を利用した『湯時計』が作られ、湯村温泉の開祖・慈覚大師の全国行脚した功績をたたえ、また観光客の旅の安全祈り、大師の足にお湯をかけ願をかける「お湯かけ大師」立像もお目見えします。
f0112434_22403181.jpg左側には白壁和風トイレができ、車いすでも利用することができます。
新しい湯村温泉のランドマークが出来るのももうすぐです。
by asanoyayu | 2009-02-13 01:34 | まちづくり・人づくり

/// 今日のおばんざいは高知・福辰の「土佐珍味詰合せ」です ///

f0112434_0352021.jpgいつも土佐から来ていただく高知のテレビ制作会社さんから、福辰の「土佐珍味詰合せ」をいただきました。

高知の名産をもらうたびにブログにアップさせていただいてます。今日のおばんざいです。
f0112434_0355752.jpg高知特産の鰹で作った「鰹の土佐煮」「ゆず鰹」「いごっそう」の珍味の3種類です。

「鰹の土佐煮」は鰹を角切りにして、高知地場の生姜、醤油で煮込んだソフトな鰹のサイコロ佃煮です。少し甘辛く煮てあり食感はしっかりしています。

日本料理でいう土佐煮(とさに)とは鰹節を使って野菜などを醤油ととも煮る料理方法です。

有名産地の名前がつくため土佐=鰹となるわけです。この場合鰹を鰹節の出汁で煮るわけですから美味いわけです。

「ゆず鰹」は高知の特産のゆずに鰹の角煮・鰹本節削り・ワインを加えた佃煮です。食べると柚子の香りが後から鼻に抜けていきます。

通常、鰹を煮込むと魚独特の臭みが出るのですが、柚子が臭みを抑え、爽やかな仕上がりになっています。
f0112434_0364665.jpg「いごっそう」は土佐の田舎みそ(生麦みそ)と鰹枯本節削りとゆずを加えたみそです。

食べた感じはゆず鰹と同じ感じがしますが、枯本節が口に残ります。私の口には少し合わないようです。
f0112434_0371221.jpg他にも南国市の「かつおみそ」や「芋けんぴ」もいただきました。有難う御座いました。
・・・・・さてさて、この次は何を持ってきてくれるのでしょう?
楽しみです。
by asanoyayu | 2009-02-10 00:39 | 美味彩宴