朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

/// めだってなんぼ!大阪の看板? ///

f0112434_0141016.jpg大阪・西梅田で業界の会議があり、時間つぶしに近くを歩いていると面白い看板に出会いました。

南や道頓堀の有名な看板ばかりでなく、さすが「目立つこと1番」でなんぼの大阪です。
f0112434_0143927.jpg10年前廃業した名門ホテルプラザには大塚DICが入っています。

なにわ通りを挟んでほぼ真向いにBusabaというタイ料理の店の看板横(2階は有名なスイートバジルhttp://www.sweetbasil.jp/...)に、タイのオート三輪トゥクトゥク(TUKTUK)が貼り付けてあります。
f0112434_0152289.jpgなにわ筋を南におりて、福島6丁目交差点を東に行くと大阪動物専門学校の建物が・・・。

ここにもやっぱり居ました大きな犬が3匹も窓から身を乗り出しています。
f0112434_016432.jpg下の人と比べて、遠近感を引いてみても像ぐらいはあります。

しかも3匹。分かりやすいですね。
f0112434_0163847.jpgかに道楽のかに、金竜の竜、づぼらやのフグ、今はなきくいだおれの太郎、グリコの電飾、カールおじさんなど数えたら何百かな?

立体看板、電飾看板、亭主の顔看板などかなりのキャラクターが存在する。

やっぱりアジアンチックな大阪。大好きですね。
f0112434_0171876.jpgおまけの1枚
八尾西武の「水時計の広場」のオブジェ、ガラス管の中にある色水で時間がわかる水時計。

フランスの物理学者ジトン氏の作品。

分刻みでイエローグリーンの蛍光液が振り子の動きにしたがって流れ出し、左の12球のサイフォンで時間を、右の30リングのサイフォンで分を表しています。

球は6個目で・・・。時間は6:46:30です。
腕時計を見ると6:46:27とほとんど誤差をありませんでした。びっくり!!。

大阪人は水の動きのあるものも好きなんですよね。
by asanoyayu | 2009-03-31 01:13 | まちづくり・人づくり

/// 瑞宝園で椎茸「茸王」が取れたので干し椎茸を作り始めました ///

f0112434_15583788.jpg三寒四温や春の小鳥殺し(春の温かい日から急転に雪が降りだす気候)が続き、湯村にも春が近づくと一ペんに木々は芽生え、山での活動が始まります。

朝野家瑞宝園は湯村温泉の隣接山野にあり、総面積5万坪で中には椎茸原木7,000本や農園、柚子畑、菖蒲園、茶室などがあります。

雨が降り暖かくなると椎茸の収穫が始まります。自然栽培のためとれる「茸王」は計画収穫ができず、朝野家の料理で消費するだけでは余ってしまうことがあります。
f0112434_15591229.jpgそこで売店で売ったり、保存するために乾燥して干し椎茸にします。

昔は温泉地熱で乾かしていたのですが、間に合わなくなり乾燥機を買いました。

干し椎茸専用乾燥機「茸っ子」です。
f0112434_15594164.jpg業務用パン焼き機のような形で、パレットに並べて棚に入れます。棚は全部で10段。

並べるとメロンパンを焼いているようです。茸王は肉厚なので上の棚にあたってしまいます。
f0112434_160999.jpg茸王は鳥取市の「日本きのこセンター」が開発したジャンボ椎茸で、特徴は肉の厚さが3cm以上の超厚肉きのこが多く発生する品種です。

傘は反転しにくく、丸山型で明るい褐色のボリューム感あふれた椎茸です。

生椎茸をステーキやしゃぶしゃぶで食べると大変美味しいのですが、干し椎茸にすると乾燥することで旨みが凝縮するのです。

笠が分厚いので出汁を多く含み柔らかくなります。戻したものをステーキにすると生とは違う食感と旨みが感じられます。
f0112434_161377.jpgたくさん取れた時は生椎茸と乾燥椎茸、どちらも売店で販売しています。

売り切れ御免ですのでお早めにお買い求めください。
by asanoyayu | 2009-03-30 01:57 | 美味彩宴

/// 「兵庫デスティネーションキャンペーン」で懐かしのボンネットバスが走ります ///

f0112434_0123842.jpg昨日、旅館組合役員会があり、全但バス湯村営業所に行ってみると、ボンネットバスが泊まっていました。

4月1日から6月30日まで「あいたい兵庫デスティネーションキャンペーン」の期間中に、湯村温泉と岩美町などを周遊します。28日からデモンストレーション運行が始まりました。
f0112434_0121295.jpg懐かしのバスは午前11:30に湯村温泉を出発し、七釜温泉や浜坂港、岩美町の観光スポットなどを巡り、但馬海岸遊覧船を利用して、山陰海岸ジオパークの海岸美と県立但馬牧場公園高原の美しさを堪能していただきます。

湯村温泉に戻ってくる3時間のコース。
f0112434_0125831.jpg◆運行日
  4月4日(土)~6月28日(日)までの毎週土・日・祝日
◆基本周遊コース
  湯村温泉⇒七釜温泉⇒浜坂駅⇒浜坂港(遊覧船遊覧)⇒岩美駅⇒岩井温泉⇒湯村温泉⇒県立但馬牧場公園⇒湯村温泉⇒浜坂駅
◆運行日
 4月 4・5・11・12・18・19・25・26・29日
 5月 2・3・4・5・6・9・10・16・17・23・24・30・31日
 6月 6・7・13・14・20・21・27・28日
f0112434_0132861.jpg◆料 金
  遊覧船料金 大人:1,600円 小人:800円
  バス料金  大人:300円~1,000円 小人150円~500円

―問い合わせ―
 商工観光課 観光係
 ℡(0796)82‐5625
by asanoyayu | 2009-03-29 01:10 | 旅行・体験日記

/// 今日のおめざは京都嵐山・竹路庵の「花桜餅と玄香餅」です ///

f0112434_23184275.jpg前回の「抹茶わらび餅」に引き続き、竹路庵の「花桜餅と玄香餅」が今日のおめざです。

竹路庵の抹茶わらび餅と一緒に買ってきてくれた、「花桜餅」は桜餅の一種で、つぶつつぶの餅米と桜葉の桜餅をがっつり食べるのもいいんですが、薄いクレープ地の淡いピンク色の生地で菱葩餅(ひしはなびらもち)のような形をしています。
f0112434_23193691.jpg中のこし餡は甘さ控えめな口当たり良く、上から桜の葉でくるんで、早春のやわらかな風を感じさせる一品です。、4月初旬頃まで販売予定らしいです。とても上品です。
f0112434_23203212.jpgまた玄香餅(枝豆あん)はもち粉と黒米粉で作られているために、餅が深紫色をしていてかなり歯ごたえがあります。

中の枝豆あんの鮮やかな薄緑とのコントラストは面白いし、あんはさほど甘くないので爽やかな感じがします。

枝豆あんは少し粒が残ってザラっとしていて、豆本来の香りがして結構好きなんです。出来たてのずんだ餅もいいですよね。
by asanoyayu | 2009-03-27 23:22 | 美味彩宴

/// 国観連近畿支部「第5回ネット予約倍増セミナー」に行ってきました ///

f0112434_1353665.jpg25日大阪西梅田研修センター行われた国観連近畿支部主催の「第5回ネット予約倍増セミナー」に行ってきました。

主管となる近畿支部IT戦略委員会のメンバーのため10:30開催なので、湯村を7:00出発、セッティングや受付をしながら参加しました。

早いもので5回目となるネット予約倍増セミナーですが、午前中はペガサスソリューソンズ日本支社長の西原 吉則 氏をお迎えしてGDS(Global Distribution System=世界的流通制度)についてお話していただきました。
f0112434_136292.jpg世界の旅行申込は、ほぼすべて元航空会社の発券システムを利用していて、航空券の他に、ホテル、レンタカー、交通の予約が可能となっています。GDS末端は世界中に約600.000ターミナルが設置されています。

もちろん日本の航空会社や旅行会社もGDSに繋がっています。GDSはSaber、Galileo、Worldspan、AMADEUSの4つのグループで構成されていて、全日空のAXESS、日航のINFINIはSaberに属しています。オンライントラベルサイトは全世界で1.000以上が接続されています。

今回、国際観光旅館連盟がPegasus SolutionのUnirezと契約して、世界のお客様にRYOKAN(旅館)を紹介し、部屋の販売をする試みです。これで日本独特の宿泊モデル「旅館」が世界に知られることができます。
f0112434_1372044.jpg午後からの第二部はよりよいHP作りと最適な予約エンジンを探るため、リザーブゲート、予約番、ROOMBANK、てなわん、Direct Inの5社に、製品の特徴・得意点を説明、使用旅館の応援演説をつけて比較検討が出来る内容でした。

参加者は国際観光旅館連盟近畿支部会員をはじめ、全国各地からお越しいただいた125名の参加者は熱心に聞き入っていました。本当にインターネットは世界を変えています。

朝野家のHPも英語、簡体語、繁体語で見れるようになりました。もう少しでGDS世界デビューです。
by asanoyayu | 2009-03-27 01:40 | 旅行・体験日記

/// 今日のおめざは京都嵐山・竹路庵の「抹茶わらび餅」です ///

f0112434_21382031.jpg子供所から帰ったきた家内から、甘党の私へ和菓子のプレゼントがありました。

川西阪急で買ってきた京都嵐山・竹路庵の「抹茶わらび餅」が今日(京?)のおめざです。

竹路庵は色んな百貨店で販売していたり、催し物をしている和菓子屋さんでわらび餅の試食が出来るそうです。
f0112434_2138508.jpg大ぶりの試食で食べるとついつい買ってしまったそうです。種類はプレーン、黒糖、抹茶の3種類。
f0112434_21392547.jpg今回は抹茶です。蓋を開けると抹茶きな粉がたっぷりとかかった大きめにカットされたわらび餅。

さらにその上に別付の抹茶きな粉をわらび餅が見えなくなるぐらいにかけて…。
f0112434_21394924.jpgとろんとろんのもっちもち、でもしっかりした歯ごたえ。

一切れで口がいっぱいになるほどの大きさは満足感が高い。あまり甘くないのでまた一と食べてしまいます。

わらび餅の持ち帰りだと固くなるのですが、これはいいですね。美味い。
by asanoyayu | 2009-03-24 01:38 | 美味彩宴

/// 大きなクレーンが5本もあがってます 3/17現在の余部鉄橋の最新状況 ///

f0112434_22553377.jpg豊岡で会議があったので、久々に香住廻りで余部鉄橋を見てきました。

以前は交通の難所だった国道178号も改良が進み、香住パイパスが出来てから約1時間で豊岡に行けるようになりました。豊岡の場所によって村岡・日高の蘇部トンネルを使うのですが、同じく1時間です。

余部地区まで来ると大きなクレーンが5本あがっています。路肩に止めて思わず写真を撮りました。道路沿いで全体が移る場所はここと、反対の余部郵便局前直線しか有りません。逆光と黄砂で写りが悪いのですが、白黒写真のようで迫力があります。
f0112434_22555571.jpg鉄橋の下をくぐり、南側の工事現場塀の横駐車スペースで停車。
柱の下から浜坂側は民家の間に大きなクレーンが、静かに動いています。前回見た時はクレーン車だったのですが、今回は2つのうち1つは建設工事用タワークレーンに変わっています。
f0112434_2256238.jpg真下から見上げると、高さ41.45メートルのさらに上に赤白のタワークレーンがあり、新橋脚の上に方では作業員の何人かが荷の揚げ降ろしをしています。
f0112434_2256933.jpg上り鎧駅側を見ると、建設工事用タワークレーンとクレーン車の二台で作業を進めています。

すべてが済むと11基の橋脚、23連の鉄桁を持つトレッスル橋は、素っ気ない4本の新橋(コンクリート製、構造はエクストラドーズド橋)に変わってしまいます。
f0112434_22561976.jpg南側国道178号直線から全体を撮ると、5本のクレーンがあがっています。
この見慣れた風景も2010年には無くなってしまうのです。
by asanoyayu | 2009-03-23 22:52 | 旅行・体験日記

/// 今日のおめざはマサラ・チャイと泡立つ抹茶オーレです ///

f0112434_00291.jpg大阪や神戸で会議があった時に、時々コストコ尼崎倉庫店によって買う定番が、マサラ・チャイと泡立つ抹茶オーレです。今日のおめざです。

マサラ・チャイを本格的につくろうと思えば、結構めんどくさいんです。

香辛料を加えたインド風ミルク・ティのことで、マサラとは、ヒンディ語で「スパイスを混ぜ合わせたもの」という意味です。シナモンは体を温め、消化を促す作用があるといわれてます。

作り方は、鍋に水を入れ、みじん切りにしたショウガとスパイスを加えて煮こみます。そこへ、紅茶の葉を加え煮こみ、最後に牛乳を加えて、弱火でしばらく煮こみます。それを茶漉しでこして、カップに注ぎ砂糖を入れて出来上がり。めんどくさいでしょう。
f0112434_023063.jpg冬や寝がけにもマグカップでよく飲むのですが、このマサラ・チャイミックス600gが便利なんです。

インスタントコーヒーのようにお湯を注ぐだけ。カップ一杯お湯ならティファール約50~60秒で本格的なチャイ。
f0112434_032665.jpgSHANTI(シャンティ)の「MASALA CHAI」(マサラ・チャイ958円 通常価格1.575円)ミックスです。

たまに飲むように森半の泡立つ抹茶オーレ。こちらは380g798円(通常価格1.575円)。約半額だから安いよねぇ~。

コーンフレークとマサラ・チャイ両方ともなくなってきたので、大阪でる時にかってこなければ・・・。
by asanoyayu | 2009-03-21 00:56 | 美味彩宴

/// 今日のおめざはダイドードリンコのウルトラサイダーです。 シュワッチ!///

f0112434_231231.jpg大阪の会議の帰り、中国縦貫自動車道西宮名塩SAの自動販売機で、以前情報雑誌で見たウルトラサイダーが販売されています。

自動販売機の中にはウルトラゼブン柄とウルトラマン柄が2缶づつあります。

今日のおめざはダイドードリンコのウルトラサイダーです。

円谷プロダクションとダイドードリンコがコラボして作ったウルトラマンたちのボディが描かれたユニークなデザインの缶の炭酸飲料「復刻堂 ウルトラサイダー」。
f0112434_2314330.jpg早速2缶買ってみましたが、2缶とも「ウルトラマンメビウス」。

押す所を変えてもう1缶。「ウルトラマン」でした。裏には缶のデザインになっているウルトラマンと怪獣百科が載っています。内容はそれぞれ違ってました。
f0112434_2321847.jpgダイドーの「復刻堂」シリーズで、カラータイマーの位置にロゴが入っています、中身は無色透明のサイダー。

3分で飲み干すことが出来るのか? ♪ピポン、ピポン、ピポン♪

昔懐かしいラムネ風のさっぱりしています。

デザインは全6種類で、他には「帰ってきたウルトラマン」「ゾフィー」「ウルトラセブン」「ウルトラマンティガ」があるようです。ウルトラマン世代にはすべて集めたくなる缶ですね。

シュワッチ!と弾けるサイダーでした。
by asanoyayu | 2009-03-20 01:57

/// 今日のおめざは神戸・フロインドリーブのミックスクッキーとスイートハートです ///

f0112434_21524923.jpg神戸から中高の同級生が家族3人で、蟹を食べに来てくれました。

今日のおめざは神戸・フロインドリーブのミックスクッキーとスイートハートです。

神戸のフロインドリーブは外国人居留区のドイツパン屋でした。

昔から変わらぬ6時間製法で添加物を使用せず煉瓦窯で焼き上げたパンや洋菓子が有名で、故・吉田茂首相が毎朝ここのパンを空輸していたというエピソードは有名な話です。
f0112434_21532365.jpgコクのある香り高いフレッシュバターやナッツをふんだんに練り込んで焼いた手作りクッキーも美味しいのです。

また大学の近く岡本にはこの「フロインドリーブ」から「のれん分け」されたフロイン堂も有名なパン屋さんでドイツ式のレンガ窯で焼き上げる食パンは絶品です。本当に美味いです。

昭和10年代の後期に作られたレンガ窯(日本で最古かも?)は、空襲や風水害、そして大震災も生き残った貴重なものです。

常連さんは予約を入れて、窯開け時間に取りに来ます。といってもほとんど予約で売り切れるのです。
f0112434_2153571.jpg懐かしい神戸の味がしました。

ミックスクッキーもドイツクッキーの基本に忠実で、素朴さの中に力強いコクがあり、その豊かな香りと味わいは感動ものでさすがフロインドと感じます。
f0112434_21542983.jpgスイートハートはバターの味がしっかりと感じられる、少し硬めのシンプルなパイです。

サクサクとパイ層の多い軽い感じのパイが多い中、表面にはしっかりグラニュー糖がついていて、食べるとザクザク音がするくらいで、いかにもパイを食べているという満足感があります。

最近のお菓子はクッキーにしてもパイにしても、見た目やパッケージ、デザインが持てはやされる中、フロインドリーブは実直で美味しいのですが、お値段もそこそこする割に見た目が地味なんです。

そこが本当はすごいんですけどね。
by asanoyayu | 2009-03-17 01:51 | 美味彩宴