朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

/// 湯村温泉祭りの合図、温泉街には武者のぼりが立てられました ///

f0112434_2219237.jpg来週の日曜日(6日)には「湯村温泉まつり」が開催されます。

祭りの1週間前になると、春来川沿いの柱には今年も祭りを伝える「武者のぼり」が、青空のもと立てられました。
f0112434_22342987.jpg毎年6月の第一日曜日に行なわれ、湯村温泉の開祖、慈覚大師を偲び、旧暦の端午の節句に行われる伝統行事で、温泉の恵みに感謝するとともに、五穀豊穣、子どもの健やかな成長を祈る祭りとして行われます。

この地方では、男子の誕生を祝して、ご近所様・ご親戚様にお披露目をするとともに、有名武将のようにりりしく育ち、明るい将来を祈願して逞しく、武者のぼりを建てます。
f0112434_22211565.jpgもともと、子供の日 (田舎は1カ月遅れ6月5日)にしていた祭りなので、この地方では鯉のぼりの他に武者のぼりを揚げます。
f0112434_2224810.jpg当日は朝8時から荒湯で、旅館や湯区財産区関係者が集まり、正福寺住職は稚児行列を従えて薬師堂に入り、慈覚大師への謝恩感謝法要が営まれ、まつりが始まります。
f0112434_22333143.jpg「湯村温泉まつり」は、別名「花湯まつり」とも言われ、前日から区民全員で玉縄650束・菖蒲300束を縄に編んでゆきます。

菖蒲大綱引きは、直径約50センチ、長さ100メートル、重さ4トンの大綱を住民や観光客が引き合います勝運を占うものとして大変縁起が良いとされています。
f0112434_2227790.jpg700年前から行われているこの行事は上組(南側)と下組(北側)にまちを二分し、「上組から下組に嫁いでも、綱引きの時は実家側(上組)を引く」といわれています。

上組と下組の境は喫茶とみやさんの南端(「よろずや」と「出雲屋」の間とされている)で、上組が勝てば「豊作」、下組が勝てば「商売繁盛」といわれて、終了後は縁起を担いで綱の一部を持ち帰るのが良いとされています。
f0112434_22281564.jpgさて、今年はどちらが勝つのやら・・・。

出来れば引き分けで「商売繁盛」も「豊作」ってのもいいですね。

お届先は
○湯区財産区
 〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯1265 
 TEL/0796-92-1081
by asanoyayu | 2010-05-30 00:18 | イベント・歳時記

/// 限りある森の恵み 2010.5.26放送分 ///

f0112434_132383.jpg緑がいきいきと輝く初夏の森。国土の3分の2が森林で覆われている日本には、森を仕事場にしているプロフェッショナルがたくさんいることをご存じでしょうか。

林業の技術者をはじめ、自然保護官、樹木医、森林インストラクター、そして、特用林産物(とくようりんさんぶつ)の仕事に携わる炭焼き職人やきのこ生産者など、その職種は実に多彩です。

特用林産物というのは、耳慣れない言葉かもしれませんが、実は、私たちの身のまわりにはたくさんあります。たとえば、きのこや木炭、竹、山菜、薬用植物など。木材のほかに山林で生産されているものは、すべて特用林産物と呼ばれています。

こうした森の産物の魅力を、一般の人々にもっと知ってもらおうと、日本特用林産振興会では「きのこアドバイザー」と「山菜アドバイザー」を養成しています。きのこ狩りや山菜採りは、森のレクリエーションとしても人気がありますが、食べられるものと毒のあるものを取り違えるケースも多発しているとか。

そんな事故を未然に防ぐための見分け方や、健康食品としての利用法など、きのこや山菜に関する正しい知識を伝えるのがアドバイザーの役割です。そして、限りある森の恵みを次の世代に残すための活動にも、力を入れているそうです。

森を守り、森とともに生きているプロフェショナルたち。子どもたちにとっても、憧れの職業になるといいですね。

*『香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
by asanoyayu | 2010-05-29 01:33 | 朝野家・香りの散歩道

/// 今日のおめざは「黒蜜焦がし・かりんとう饅頭」です ///

f0112434_19364785.jpg女将から「これ美味しい~、賞味期限は少し短いけど売店にどおぉ~」とお勧めの「黒蜜焦がし・かりんとう饅頭」を食べてみました。
これはいけます。早速売店に販売の指示を出しました。

今日のおめざです。

昔から「名物に美味いものなし」と言われながらでも、極力地元の品を売店で扱っているのですが、買って帰って喜んでいただいたり、先方に「美味しい~ぃ」と言われたい。
f0112434_19372723.jpg地方土産も別の所でOEM生産してたり、通販でいろんなものが買えたり、お土産はボーダレスになってます。
それならば亭主や女将の感性に合ったものをお客様にお勧めしたいと、甘党の私がお勧めするのが「黒蜜焦がし・かりんとう饅頭」です。
f0112434_19375783.jpg見た目は大きめのかりんとです。

鳥取名物のふろしきまんじゅう(黒糖まんじゅう)のようですが、食感は柔らかくもっちもち、表面は油で揚げた黒糖の味なので濃厚な感じです。

風味は黒蜜を焦がしているので、まさにかりんとうです。新感覚で実に面白い。
f0112434_1938245.jpg中のこし餡は皮が甘いために、あっさりとしています。。苦甘く、クセになる美味しさです。

美味しいので、通販しちゃいます。
朝野家オンラインショップからお求めください。

【黒蜜焦がし・かりんとう饅頭】
箱入り8個 1,050円
ばら袋入り1個 140円
by asanoyayu | 2010-05-27 00:34 | 美味彩宴

/// 今日のおめざは今、話題の「津山ホルモンうどん」です ///

f0112434_18512676.jpg先週、広島で旅行会社の会議があり、車で出かけました。

以前は湯村⇔広島は6時間30分をみて、出かけていたのですが、近くなりましたねぇ~。
コースは湯村温泉・朝野家→鳥取⇒鳥取自動車道⇒佐用JCT⇒中国縦貫自動車道⇒広島北JTC⇒広島自動車道⇒広島IC⇒山陽自動車道→広島駅 5時間で広島です。ほとんど高速道路です。

勝央SAで昼に食べたのが、今、話題のB級グルメ「津山ホルモンうどん」です。うどんとは言っても焼うどんです。

普通の焼うどんの肉はホルモン、かけてあるのはソースでなく、醤油、味噌、玉ネギ、ニンニクで作られた特製のタレです。
f0112434_18521064.jpgどちらかというと焼き肉のたれをかけた、焼うどんですね。

ホルモンもてッちゃんやミノが多いようです。ホルモンからいい出汁がでてうどんに絡みます。
たれが多めなので食べる時ははねないように食べないと服を汚しそうです。結構、創造できる味でホルモンでなければ、焼き肉後のいつもの締めに近いです。
f0112434_18533080.jpg冷蔵食品も売ってます。兵庫県の佐用町でいち早くホルモン焼きうどんを名物料理として売り出したので、知っていたのですが、佐用町から津山市にかけての一帯で食べられていたB級グルメらしいのです。
この辺は湯村温泉を中心の但馬牛の子牛を買って、肥育する場所で神戸肉や岡山和牛肉になります。
f0112434_18545065.jpg近くに食肉処理センターもあるので、昔から新鮮な牛ホルモンを鉄板焼き肉などで日常的に食べて、締めの一品としてうどんを一緒に焼いて食べるのが、名物となったらしい。だから焼き肉のたれを使うんですね。
by asanoyayu | 2010-05-26 01:12 | 美味彩宴

/// トライやるウイーク・職場体験で小さな力を発揮してくれてます ///

f0112434_15202934.jpg24日、中学2年生が地元の事業所で職場体験をする「トライやるウイーク」が始まり、かわいいサポーターが4人、朝礼で紹介されました。

朝野家では小さい時から旅館を知っていただくために、「トライやるウイーク」に参加させていただいてます。

朝野家には、今年も夢が丘中学校から、4名の女子中学生が28日までの5日間体験します。客室やロビーの清掃、大浴場・露天風呂の管理、宴会場のセッティングなどの裏方仕事や売店・ラウンジの業務を順番に挑戦します。

f0112434_15211094.jpg4名は早速、清掃係社員の指導を受けながら、フロントの正面「近江八景屏風絵」前の大きなガラスを4人で磨き上げています。
f0112434_15213894.jpgまだ中学生なので、ガラス磨きスプレーを吹き付ける時、ハートやスマイルマークを書いたり、楽しく作業をしていました。

f0112434_15221075.jpg折角なので記念の一枚。楽しそうですね。

この中から未来の朝野家社員が生まれるかも・・・ねっ!。
by asanoyayu | 2010-05-24 15:18 | 旅行・体験日記

/// 朝野家調理部が直捌きの「はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ」の販売 ///

f0112434_16393648.jpg朝野家和モダン会席でご好評いただいてます、【はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ】

調理長と相談して、つくり置きでなく取れたてを加工するので、通信販売にさせて頂きます

f0112434_1449577.jpgお泊りのお客様から「こんな食べ方初めて・・・」とか「おいしいのねぇ~、持って帰れないぃ」「ぜひ!家族に食べさせて上げたい」などと嬉しいお言葉。
山陰沖の回遊群!絶対に美味しい、朝野家調理部が直捌きの「はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ」、自慢の特性鍋出汁・柚子・柚子胡椒付です。
f0112434_14501825.jpg朝野家が使用しているのは、山陰沖で獲れる浜坂港水揚げのはたはたです。

そんな脂の乗ったはたはたをしゃぶしゃぶ用に三枚におろして、朝野家自慢の特性鍋出汁、柚子、調理長特性の柚子胡椒とともにお届けします。

野菜を用意していただくだけで、朝野家「はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ」の味が再現できます。

鳥取大学の研究では山陰沖で獲れる「回遊性はたはた」は、秋田沖で獲れる「産卵性はたはた」に比べ魚体は小さいのですが、脂質量が高くて美味しいのです。

「産卵群はたはた」は子孫を残すために卵を体に抱きます。体の脂質をはじめ栄養素はすべて卵に取られてしまいます。しょっつる鍋のように「ぶりこ」を食べるならいいのですが、身は痩せてしまいます。

「日本海西部群系回遊性はたはた」は山陰沖で餌を食べ、朝鮮半島で産卵することが知られています。山陰沖で獲れるはたはたが太っていて、卵が出来るまでに捕ってしまうので脂質の乗りが違うんです。

f0112434_14513314.jpg新鮮なはたはたの頭と内臓を取り・・・。
f0112434_1452448.jpg腹開きの三枚に下ろしていきます。鱗はないのですが脂で滑るので慎重に・・・。
f0112434_14523374.jpgまずは一枚ひいて、中骨と三枚にしていきます。
f0112434_14532643.jpg次に細かな腹骨を包丁でそぎ取ります。

鰤のように大きければ簡単な三枚下ろしですが、はたはたの大きさとたくさん身を残そうとすると結構熟練の技が必要です。
f0112434_14535754.jpg皿に載せるように1つ1つ丁寧に入れていきます。
f0112434_14542152.jpg1箱に24枚・2人前です。

f0112434_14544579.jpgたくさん捌いたつもりですが、たったの3セット分しか作れませんでした。
f0112434_14551153.jpg山陰沖の回遊群!絶対に美味しい、朝野家調理部が直捌きの「はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ」、自慢の特性鍋出汁・柚子・柚子胡椒付です。約4人前(24枚×2パック)で送料・税込の5,000円です。

すぐに召し上がっていただけるように、朝野家自慢の特性鍋出汁、柚子、調理長特性の柚子胡椒とともにお届けします。

お鍋と野菜はご準備ください。
f0112434_14554665.jpg鮮度を保つため冷凍真空パックでお送りします。

そのまま流水で解凍して、お皿に放射状に並べていただくと綺麗ですよ。
後は鍋に特性鍋出汁をうつして、火にかけひと煮たちすると、はたはたをしゃぶしゃぶと・・・。皮と身の間の脂がぷくっと玉になると食べごろです。
出汁に柚子を絞って、お好みで柚子胡椒を入れてお召し上がりください。

素材の旨味を知っていただくために、市販のポン酢などでなく、出汁と共にお召し上がりください。美味しいですよ。

【はたはたの柚香(ゆこう)しゃぶしゃぶ】料理の入った、朝野家【女将プロデュース】お洒落な和モダン創作料理もお勧めです。
by asanoyayu | 2010-05-23 15:14 | 美味彩宴

/// 何でも一丁噛みしとくもんですね。福を頂きました ///

f0112434_176369.jpg食のみやこ鳥取プラザから宅急便が届きました。
注文していないのに、鳥取の特産物が入っています。
f0112434_23574915.jpg
「ANAで行く!うっとり鳥取キャンペーン」の当選の商品です。すっかり応募してたのは忘れてました。耳株は悪くない方ですが…、当りました。

東京への出張はほとんど鳥取空港から行くんです。鳥取⇔東京は1日4便あって日帰りも出来、神戸や大阪へ行くより便利なんですよ。

湯村から鳥取空港までは約45分、飛行機で約1時間、京成やモノレールで15分となると2時間で東京のど真ん中。しかも鳥取空港は駐車場無料です。

東京から湯村温泉・朝野家にお越しの場合は空港でレンタカーを借りるのか、鳥取駅までバス、列車で浜坂駅、浜坂からバスもしくはタクシーで9キロで湯村温泉です。とっとも近くて便利なんです。

先週も1泊泊まりで、東京からお越しのお客様が「温泉もいいし、日本海の幸が食べれて、便利ですね。」っておしゃられてました。そうです、伊豆や箱根よりも近いですよ。

f0112434_177535.jpgいつも利用している鳥取で「ANAで行く!うっとり鳥取キャンペーン」をしてたので、応募しちゃいました。

『ANA便を対象運賃で搭乗いただいた方の中から 抽選で総計640名様に松葉がになどの鳥取県産品をプレゼントいたします。』とか。松葉蟹や鳥取和牛もあったのですが、珍しい鳥取県産詰合せを選びました。
 
商品は鳥取らっきょうの酢づけ、梨のポン酢、塩、あご(飛魚)入り鰹だし、トマトケチャップなど近くにいながら知らない商品も入っています。楽しみたいと思います。

何でも一丁噛みしとくもんですね。宝くじも買わなければ当らないのと同じです。
福を頂きました。m(_ _ ;)m
by asanoyayu | 2010-05-20 01:04 | つぶやき

/// 香りの余韻を長く楽しめる お茶 ///  2010.5.19放送分

f0112434_23464182.jpgやぶきた、ゆたかみどり、あさつゆ、おくひかり……。お茶好きの方なら、もうおわかりでしょう。日本で栽培されている、煎茶用の茶葉の代表的な品種です。

八十八夜も過ぎましたが、皆さん、今年の新茶の香りは楽しまれましたか?

新茶とは、その年の春に初めて摘んだ一番茶のこと。茶摘みの時期は、品種や産地の気候などによって異なるため、今まさに新茶の最盛期という場所もあります。

お茶の木は、一度新芽を摘んでもまた伸びてくるので、夏が終わる頃まで二番茶、三番茶を摘む産地は多いのですが、やはり、味も香りも最上級といわれる新茶の人気は高いようですね。

高級なお茶にまつわるエピソードといえば、坂本龍馬の生きた時代に、世相や権力を風刺した有名な歌があります。

「泰平の眠りをさます上喜撰(じょうきせん) たった四はいで夜も眠れず」

この『上喜撰』というのは、当時、最上級とされていたお茶の銘柄のことで、今でいうカフェインがたっぷり入っていたため4杯も飲めば目がさえてしまう……これに、ペリーが率いて浦賀にやって来た黒船の『蒸気船』を引っかけて、「たった四はいで夜も眠れず」と、4隻の黒船で大騒ぎになった世の中の混乱ぶりを風刺したのです。

香りの余韻を長く楽しめるのが、良いお茶の条件の一つだといわれていますが、幕末に生まれたこの歌も、時代を超えて長く語り継がれているようですね。

*『香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)
by asanoyayu | 2010-05-18 23:49

/// 鳥取地区・山陰海岸ジオパーク拠点 山陰海岸学習館 ///

f0112434_2229866.jpgいよいよ山陰海岸ジオパークの世界登録が秒読みになってきました。

朝野家から車で20分ところにある岩美町牧谷の「山陰海岸学習館」に出かけて見ました。
4月24日にリニューアルした鳥取県立博物館の分室で、鳥取地区の山陰海岸ジオパーク拠点施設です。
f0112434_22301329.jpg子供も親しめるよう入り口近くには、水槽があり、岩美近郊の海岸に生息している生物を見ることができます。
f0112434_22321739.jpg内部は山陰海岸誕生の物語や陸地・砂浜・磯・海中など、環境ごとに変わる多様な生き物、鳥取砂丘や浦富海岸といったジオスポットの地層について、標本やはく製、レプリカが飾られています。
f0112434_22335767.jpg興味深い鳥取砂丘の出来方は、古砂丘など時代によって断面図になっています。
f0112434_22342968.jpg日本海海底地形模型は、日本列島が大陸から離れてできたことや、日本海がプールのように閉ざされた構造になっていることなどを実感できます。
f0112434_2236494.jpgまた、日本海や砂丘など映像で見ることもできます。

世界ジオパークネットワーク(GGN)加盟に向けた現地審査や登録後海外からの来訪者を予測して、英語併記説明分もわかりやすく書かれています。
f0112434_22363911.jpg親子でも楽しめる施設で、無料施設ですのでぜひお出かけください。
by asanoyayu | 2010-05-17 01:27 | 山陰海岸ジオパーク

/// 母の日のプレゼンでメタボが進行か!? ///

f0112434_324799.jpg先週の日曜日は「母の日」でした。前日ヨドバシカメラから電話がありました。

「娘さんから、電化製品が届いているのですが、明日の2時前後在宅でしょうか?」

長女から母の日のプレゼントが届きます。女将には1日間内緒、日曜日に荷物を預かると炊飯器でした。

我が家の炊飯器は10年ぐらい前のものを使ってました。釜のコーティングフッ素がとれて、釜だけ買って使っていたのですが、その釜のフッ素も取れてこびりつきだしてました。

f0112434_1293896.jpg前回、帰郷した時に見て忍びなかったのでしょう。
昨年はバラ風呂用のバラをもらって1週間優雅に入浴してました。「やっぱり女はバラ風呂よ・・・。」朝野家の女将企画にもしっかり生きてます。

f0112434_130389.jpg新しい炊飯器は「サンヨーの圧力IHジャー炊飯器・おどり炊き」です。

早速炊いてみました。やっぱり新しいのは良いですね。米もたってます。
f0112434_1302394.jpg早速、茶碗に入れてもらい、大好きな玉子掛けご飯。
f0112434_1304181.jpgやっぱり美味しいですね。美味しいご飯だとついつい食事が進み、またメタボが進行してしまいそうです。

お礼の電話をすると「父の日のプレゼントも兼ねているからね。」と念を押されました。有難うね。
by asanoyayu | 2010-05-16 01:36 | イベント・歳時記