朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

/// 「高圧業務用夏季需給調整特約S」の契約書が届きました ///

f0112434_18422625.jpg今日、関西電力から「高圧業務用夏季需給調整特約S」の契約書が届きました。
申込ハガキを出して、出来る簡単な契約です。

今年の8月~10月の3カ月間のそれぞれの電力が、昨年の電力より下がると1KW当り1,004円06銭割引いてくれるのです。

f0112434_18435461.jpg朝野家の昨年の8月は447KW、9月438KW、10月349KWなので、デマンドの最大需要電力は8月の447KWの契約となっているのです。
デマンドは一番高い所で契約しているので、12か月分がそこの支払になります。

f0112434_1845034.jpg関西電力必要時の3カ月間の割引も有難いのですが、ここでピークデマンドが下がれば12カ月分が下がってくるのです。
どうしても節電をしなければなりません。ここ一年で液晶テレビ、LED電球に交換、デマンド監視装置、ブルーライトなどの措置をしてきました。

2/3位になれば3カ月での割引が、80万円でてきます。助かるなぁ~。

バックヤードでは、それぞれ節電が進んでいるようですが、節電委員会設定の進行状況を今日の部長会で確かめなければ・・・。
by asanoyayu | 2011-07-31 18:47 | エコ・節電・システム

/// 旅館は規則だらけ、日本の治安は守られているわけだ ///

f0112434_13532450.jpg旅館の営業をするには、結構いろいろな認可が要ります。消防所、保健所、警察署などがかかわります。
消防には防火管理者、ボイラーがあればボイラー技士、重油タンクがあると危険物取扱主任、保健所では旅館業法に基づいての調理師免許やビル管理技士などがあります。

f0112434_1355859.jpg27日は、警察の3年に1回の風俗営業管理者の講習会が、豊岡であり出かけました。

f0112434_13541130.jpgえぇ~、旅館は風俗なの・・・?
そうなんです、警察によると客室や宴会場で客室係りさんが料理を提供する接待行為は、第2条第1項第2号の「客の接待をして客に遊興または飲食させる営業」の風俗に分類されるんです

館内のスナックでお客様同士で、ダンスされる場所と踊る行為はナイトクラブに分類されます。ナイトクラブではお客様に接待することは出来ないんです。

規則だけだと普通に旅館がとっている宴会場では、舞台があってもお客様にダンスをさせることは出来ないんですよ。

また親戚一同の家族連れが宴会場で食事をされる場合に、規則的には宴会場は風俗許可の場所なので、未成年保護の観点から、18未満の未成年は同席できないんですよ。本当に矛盾しています。家族は一緒に食べれないなんて…。一応お目こぼしのはんいなのですが・・・。

そんなことを再度、勉強をしてきました。
警察というより外部団体の風俗環境浄化協会の講習なのですが、1時から4時半まで拘束です。

風俗適正化法は昭和23年に作られた法律が基準となっています。建築図面で宴会場の横のスペースがあった場合、物置きと表示してあればOKなのですが、押入れだと布団が入るからダメなんて感じで、時代錯誤も甚だしいです。

目的は善良の風俗を保持するため、清浄な風俗環境を保持するため、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するための3つです。規制ばかりなんですよね。

f0112434_13584368.jpg前回とあまり変わらないので、facebookをしながら聞いていました。
講習終了後、ミニテストがあり、簡単な問題だったのでとりあえず100点です。0点だからといって再講習というようなことはないのですが。

f0112434_13591841.jpg管理者講習通知書に受講済みの印をもらって、終了です。
バタバタと忙しいのに半日も使ってしまった。でも代理は効かないんですよ。
受ける時は本人確認もありますし、管理者が替わる時は変更通知を出して、新管理者は講習も受けないといけないし、受講できない時はその理由、住所、氏名と営業所を書いて講習の10日前までに警察に書面にて提出せよ。

これぐらい規則・規則ですから、日本の治安は守られているわけだ。
by asanoyayu | 2011-07-28 01:51 | つぶやき

/// ジャパン・ブルー 2011.7.27放送分 ///

f0112434_22273835.jpg夏の青空や海の青を、白い布に写し取ったような藍染の色。
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

藍草(あいぐさ)という植物で染める、この美しい色は「ジャパン・ブルー」とも呼ばれています。
 
江戸時代から明治にかけて、商人や町人で賑わう日本の町には、藍色があふれていました。

明治23年、記者として来日した小泉八雲(こいずみ・やくも)が、日本の印象を書き記した文章にもこんな一節があります。

「青い屋根の下の家も小さく、青いのれんをさげた店も小さく、青い着物を着て笑っている人々も小さい」。青いのれんと青い着物は、まさに藍染の色です。
 
ひと口に藍色といっても、うすい水色から濃い青色までさまざまな色合いがあり、洗いざらすと、さらに色の変化が楽しめます。小泉八雲の目にもきっと、ジャパン・ブルーが表情豊かに映ったことでしょう。
 
藍染の衣服は江戸時代、木綿の栽培が盛んになったことから、庶民の間に普及したといわれています。木綿は、藍草で染めることによって繊維が丈夫になり、汚れも目立たなくなることから、普段着や仕事着として重宝されたのでしょう。

丹精こめて栽培した藍草が、収穫期を迎える7月下旬から9月上旬までが、藍染に最も適した季節。今でもこの時期になると、藍染の工房は、藍の香りに包まれます。この香りを虫が嫌うので、藍染には虫除けの効果があるともいわれてきました。
 
夏こそジャパン・ブルー。藍染の良さを再発見してみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2011-07-27 10:27 | 朝野家・香りの散歩道

/// じゃらんの横暴と戦うために大阪に行ってきました ///

f0112434_21232362.jpgFacebookってご存知ですか?
そうです世界的なSNS(ソーシャルネットワークサービス)で、世界で6億3,320万人が利用するソーシャルネットワークで、日本でも360万人が利用している状況です。記憶に新しいと思いますが、エジプトやチュニジアで起きた政変は「Facebook革命」と呼ばれています。

f0112434_21244846.jpgじゃらんの横暴と戦うために大阪に行ってきました。
じゃらんとFacebookとの会議って何なの?と思われる方もおられると思いますが、無茶苦茶なことをじゃらんがやったんです。それを問いただすため国観連近畿支部IT戦略部会(部長をやっているものですから・・・)が立ち上がりました。

そのFacebookでは、自社「Facebookページ」を制作することができ、全世界の方々に見ていただくチャンスが広がります。またGPS機能のついたスマートホンでチェックインをして、クーポンをもらったりすることが出来ます。そのクーポンの制作も自社でつくれるのです。

では何が問題だったかというと、facebookはオーナーかその代理人しか作れないルールのはずなのに、じゃらんが、旅館の名前を勝手使って、オーナーとなり、公式ページと名乗り約20,000軒の旅館のFacebookページを勝手に作ったのです。旅館だけでなくポットペッパーなどで飲食の契約店50,000軒も一瞬にして、勝手に作りました。

お客様を欺き、自分のもうけのために。お客様は公式ホームページだと思ってクリックするとじゃらんに飛ぶんです。変でしょう。しかも、その後に本当の経営者が自分の会社の名前、スポットを作ろうと思っても取れない状況がおきてます。

f0112434_2127667.jpgその上にGPSを利用して、その場所(スポット)に、行かなければもらえない割引クーポンもかってスポットに貼り付けています。
オーナーしか変更が出来ず、クレームは施設任せ。
私はこの事件をJARAN WARSと読んでます。信じられないぐらいの利己主義ですね。

f0112434_2128326.jpg25日、大阪料理会館で14:00から会議がもたれました。
じゃらんからは旅行ディビジョン営業部長、じゃらんネット編集長、ゼネラルマネージャー、推進グループ員の4名。
f0112434_2128558.jpgIT戦略部14名。
じゃらんからの謝罪で始まりましたが、施設への告知方法や告知時間に対するお詫びで、勝手に名前を使ったことや国観連近畿支部が求めていた「今後一切、SNS等への承認なしでの掲載行為をしない」という謝罪文の要求などほとんどこちから要求は「持ち帰って返事します」です。

f0112434_21304973.jpg合意出来たのは「団体一斉削除依頼の承認する」「じゃらん社のfacebookクーポンキャンペーンの責任はじゃらん社が責任をもち旅館に迷惑をかけない」「削除されるとオーナー権限が移り旅館が自由に使える」ということです。でも勝手に作っていたんですよ。

持ち帰った要求は2~3日中に返事が来ると思いますが、自分たちは悪くないという前提に立っているし、会社の体質が変わらない限りリクルート事件と同じことだと思います。
by asanoyayu | 2011-07-26 21:20 | つぶやき

/// 今こそ、このCM、10年前のサッポロ黒ラベル ///

f0112434_004820.jpg「男は黙ってサッポロビール」ってキャッチコピーがありましたね。

サッポロビールといえば黒ラベル。
3年前に知り合った弁護士の小川幸三弁護士から、「篠崎進士法律事務所報」が届きました。

2008年9月の「暴力追放・防犯・交通安全-美方郡住民大会」では東京弁護士会の小川幸三弁護士による「暴力団の本質から見た民事介入暴力への対処方法について」を演題に講演が行われました。

その後、朝野家で懇親会が行われ、私も調停委員を13年程やっていてこんな事例はと話が弾み、宿泊をしていただいてからの縁です。

先生の事務所は伊丹十三監督が名門ホテルを食い物にするヤクザとミンボー(民事介入暴力)専門の女弁護士の闘いを描いた1992年作品「ミンボーの女」で、監督にミンボーノウハウを提供したり、特別捜査幹部研修や警部任用科の研修生に「民事関係をめぐる犯罪」「暴力団の本質から見た民暴対策」などの講演をしている暴対のスペシャリスです。

いつもいただく冊子も読ませていただくのですが、楽しみにしているのはあいさつ文なんです。
今年の暑中見舞いはこんな感じ本当に熱血漢なんですね。大きな体にやさしい笑顔、時折見せる鋭い眼はさすがなものがあります。暴力団相手に頑張っているのですから・・・。

f0112434_094518.jpg小川幸三弁護士の手紙

『私の一番好きなCMは、今から10年前に放送されたサッポロ黒ラベルのCMで、急病人を搬送する救急車の行く手を塞ぐ松形弘樹の高級車、通りすがりのサラリーマンのおじさんやおにいちゃんたちが力を合わせて持ち上げ、歯を食いしばって移動し、ゴミ置き場に捨てちゃうというものです。覚えている方も大勢いらっしゃると思います。

困っている人を助けるために立ち上がり、歯を食いしばり、でも終われば何事もなかったかのようにいつもの日常に戻っていく見ず知らずのオトコたちの後ろ姿、その行動に敬礼を以て応え、病院に向かう救急隊、私は、めちゃくちゃカッコいい!!オトコならこうありたい!!と心から思いました。・・・・・。』



いつも巨大な悪党に向かっていく正義の人、いかにも小川弁護士らしいコメントです。
東日本大震災で進まない現状、景気の良くならない日本。人々は歯を食いしばって頑張っているのに・・・。

黒塗りの大きな車は、政府・政治家・官僚・金儲け主義の企業、自己中心の輩、あまりにもたくさんあり過ぎる。改めて見ると今こそ、日本に流すべきCMかもしれませんね。
by asanoyayu | 2011-07-25 00:07 | 社長お勧め商品

/// ビジット・ジャパン事業に協賛事業者新規登録にしました ///

f0112434_23332385.jpg日本では、2008年やっと国土交通省・観光庁が出来、順調に海外からのお客様(インバウンド)が増やしている中、東日本大震災がおきて、沢山の訪日居住者は帰国し、外国人渡航者が来訪するのを控えました。
経済復興のためにも、日本の観光魅力を海外に発信するとともに日本への魅力的な旅行商品の造成等をし、訪日外国人旅行者数を2013年1,500万人、2016年2,000万人、2019年2,500万人、将来的に3,000万人とする目標に向けて、支援するビジット・ジャパン事業を官民一体で推進しております。

f0112434_23351342.jpg朝野家も、ビジット・ジャパン事業の対象アジア市場(韓国、台湾、中国、香港、タイ、シンガポール、インド、マレーシア)をはじめ、米国、カナダ、フランス、英国、ドイツ、ロシア、オーストラリアのマーケットにアピールできるよう、VISIT JAPANホームページの「協賛事業者新規登録ページ」登録しました。

f0112434_23362374.jpg参加のメリットは


1.施設や提供特典情報を8言語で、世界へアピールして直接誘致できる。
2.インバウンドに関する情報や点灯ツールも入手できる。
3.参加無料でインバウンド相談窓口が利用できる。

f0112434_23371521.jpgもちろん必ず特典も必要なので、朝野家オリジナルの文香を準備させていただきました。
文香は手紙に添える香のことで、封を切った瞬間、中から優雅な香りが漂ってきます。手紙を広げるとそこには美しいデザインの文香が出てきます。一つ一つ丁重につくられた手作りの文香には、送った人のぬくもりが宿ります。

手紙だけでなく、名刺ケース、本の栞、バッグや箪笥に入れといてもいいですね。開ける度に、とてもほのかな香りが漂い、優雅な気持ちになります。

f0112434_2338013.jpg少しでも沢山の所から来ていただけたらと、ビジット・ジャパン事業に参加させていただきました。
ぜひ、旅館でのおもてなしをご体験していただければ幸いです。
by asanoyayu | 2011-07-24 00:30 | 旅行・体験日記

/// 森田先生の温泉熱発電システム実証実験を見せていただきました ///

f0112434_18162342.jpg21日は温泉熱発電を勉強に、行ってきました。
いつもお世話になっている元役場職員の坂本明さんと放送大学鳥取学習センター西田所長(鳥取大学名誉教授)から、お誘いのメールを頂き、鳥取大学 地域共同研究センター・岡本副センター長(鳥取大学工学部機械工学科助教授)の4名で皆生温泉へ出かけました。

f0112434_18171753.jpg坂本さんから頂いた新聞によると、米子高専機械工学科の森田慎一准教授が、今年3月から皆生温泉の「皆生菊乃家」で源泉を熱源とする発電システムの実証実験を行っているということでした。
湯村が今までやろうとしている温泉熱バイナリー発電ではなく、源泉タンクに設置した「温度差発電装置」で、西田所長と坂本さんが放送大学で行ったベルチェ素子による発電です。f0112434_1929107.jpg
菊乃家さんでお待ちいただいていた米子高専の森田慎一准教授(熱力学)。

f0112434_18185297.jpg皆生で実証実験を行ったいきさつは、日本の温泉の60%以上が塩泉であることと皆生は温度・濃度が比較的高いので、スケールの発生など過酷な実験の方が実用を目的とした時に成立ちやすいとの話でした。

f0112434_18193145.jpgまた温泉熱発電だけではただの経費削減にしかならない。
この装置を使い人が呼べないかということで、実験披露でも人気のあった中型スターリングエンジンの画像を見せてくれました。こういうものを展示するとまちおこしになるのではとも話していました。

スターリングエンジンは、シリンダー内のガス(もしくは空気等)を外部から加熱・冷却して仕事を得る外燃機関で1800年代から存在しうる熱機関の中で最も高い効率で熱エネルギーを運動エネルギーに変換する事ができるものだが実用化されていない、これを温泉で出来たら面白いですね。

f0112434_18203859.jpg外に出でLED電球の説明。発電は10Wです。
f0112434_18215612.jpgその電気は庭のライトに2路灯のLED4.5W×2に使われてます。
この装置を直列につなげは電力は取れると思います。100Wで10枚必要ですから少し大きなものになるのかなぁ~。

f0112434_18232263.jpg実物を見せ頂くために地下ピットへ、貯湯タンクの横階段を上がると40×60Cmぐらいの大きさですごくシンプルな装置でした。
まあプロトタイプですから、市販のペルチェ素子を使っています。温泉温度75度と水道水25度の温度差発電、パイプで両水を循環させています。

f0112434_18243392.jpg皆生の菊乃家さんの温泉はナトリュウム・カルシウム塩化物泉で、温度は75度前後でタンクに入ります。地下にピットがあるので室温は夏は30度ぐらいと悪条件を考慮しての実験です。
ただ構造がシンプルなのとランニングコストがかからないのがいいですね。

f0112434_18251972.jpg森田先生には湯村は98度なのとナトリウム炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉でスケールも少ないので、もっと効率よく使えますよ。と話しておきました。
久々に理科の実験をしました。楽しかったですよ。
by asanoyayu | 2011-07-23 18:41 | まちづくり・人づくり

/// アイリス・オオヤマの人感センサー付きLED電球を購入してみました ///

f0112434_23263433.jpg日ごろから節電しなければと色々な商品に関心を持っているですが、このたび試しでアイリス・オオヤマの人感センサー付きECOLUX(LED電球)を購入(2,480円-鳥取イオン)してみました。

f0112434_2327154.jpg商品は明るさは250lmで消費電力は6w、交換目安40.000時間でE26の金具なので一般の白熱球と交換が簡単です。
特徴は人感センサー付きなので、人に反応して自動で点灯します。しかも明るい所では常時消灯する賢いLED照明です。これは便利です。

f0112434_23275276.jpg早速、トイレ・風呂周りの廊下に付けて見ました。
f0112434_23283238.jpg20wの電球相当の明るさなんですが、60w位に感じます。赤外線センサーで反応して、5分間点灯します。
客室の入口やトイレ、各フロアーなどの廊下から社員着替え室などに使えば、切り忘れがなくて節電になります。

白熱電球より少し大きめなのですが、センサーを組み込んでこの大きさですから別売りのセンサーやセンサー付きのスイッチの事を考えると手軽で、とても安くできます。ただセンサー感知部は電球の下についているので、下向きに人がいる状況でしか使えません。

ということは朝野家の廊下は壁面にアッパーライトで、しかも障子カバーが付いているので使えません。残念!!
by asanoyayu | 2011-07-21 00:21 | エコ・節電・システム

/// 見直されている日本手ぬぐい 2011.7.20放送分 ///

f0112434_21221352.jpg汗をかいたときも、温泉に入るときも、使い込んだ手ぬぐいが一枚あればいい。江戸時代、木綿の手ぬぐいは暮らしになくてはならないものでした。
(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

使う場面によってハンカチやタオル、フキンや風呂敷がわりになるだけでなく、変幻自在の大活躍。たとえば、頭巾や鉢巻き、姉さんかぶり、スカーフのように首に巻いたり、腰に巻けば簡単な帯にもなりました。

手ぬぐいを肩にかけてポーズを決めている・・・そんな江戸っ子の姿を描いた浮世絵もあり、デザインが多彩な手ぬぐいは、粋なおしゃれの小道具でもあったようです。
 
その人気ぶりを物語るように、身分や職業に関係なく、さまざまな人が手ぬぐいのデザインを競い合う、「手拭合(てぬぐいあわせ)」というコンテストも開催されたとか。呼び掛けたのは、当時の人気作家で浮世絵師でもあった山東京伝(さんとう・きょうでん)だといわれています。

粋な江戸っ子たちには、どんな図柄が人気を集めたのでしょうね。
 
そして、時はめぐり、今また手ぬぐいの良さが見直されています。なかには、端が切りっぱなしのため、ほつれるのが気になる・・・と敬遠する人もいるようですが、それこそが手ぬぐいの良さ。水切れが良いため、濡れてもすぐに乾くのです。

何度か洗って、ほつれた部分をハサミで切っているうちに、ほつれは自然に止まってくるので、ぜひ使い込んでみてください。

夏は特に、出番が多くなりそうな手ぬぐい。その使い心地を、試してみませんか?

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2011-07-20 21:25 | 朝野家・香りの散歩道

/// 夏期節電に伴う割引メニューのご案内」が届きました ///

f0112434_0484899.jpg毎日、営繕担当者と節電について勉強をしています。
東北電力や東京電力のように15%が強制されたらどうするのか?

関西電力は今のところお願いという形をとっていますが、原発停止のこともあり、15%カットになった時の事を想定して、節電シュミレーションを練っています。
f0112434_0504197.jpg今回、デマンド制御装置を取り付けてみていますが、昨年ピークは447KWで、今回の設定は440kwと僅かです。
もちろん目標数値差が低いので警報も鳴った事もなく、ましてや電源を落としたこともありません。

f0112434_0514038.jpgそんな中、昨日、関西電力から「夏期節電に伴う割引メニューのご案内」が届きました。
f0112434_0521129.jpg節電に協力することで、8月・9月・10月の最大需要電力が前年同月の最大需要電力を下回る場合に、割引対象高圧電力(500kw未満)1KWにつき、1,004円割り引いてくれます。
目標差7KWなら、1か月7,028円の値引き、3か月で21,0874円にもなります。

以前に関電の方が来られて、夏期の説明と割引を聞いてたので楽しみにしていました。封筒がきただけでは、割引にならないので早速同封のハガキで登録しました。

デマンド監視装置も付けたし、LED照明に替えたし、甘い目標は楽々クリアーして、8.9.10月の節電がいくらの割引になるか楽しみです。
by asanoyayu | 2011-07-19 00:56 | 社長お勧め商品