朝野家スタッフのblog

ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

/// 出雲大社60年ぶりの『平成の大遷宮』 ///2013.1.30放送

f0112434_182798.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

出雲大社で60年ぶりに行われる「平成の大遷宮」と、20年に一度の伊勢神宮の「式年遷宮」。この二つが重なる今年、私たちは日本の長い歴史の中でも、特別な一年を過ごすことになりそうです。

皆さんは、出雲大社に初めてお参りした時のことを覚えていますか?

明治23年、西洋人としては初めて、出雲大社の正式な昇殿が許された人物といわれるラフカディオ・ハーン、のちの小泉八雲は、その時のことを書き残しています。

前日の夜、提灯のおぼろげな光を頼りに見た参道の松並木を、ハーンはこのように描写しました。「天も仰ぐほどの大木が林立する間を、広い参道は、鳥居をいくつもくぐりながら果てしなく続いている」。そして、大鳥居や堂々たる注連縄以上に、この参道に荘厳さを醸し出しているのは、鬱蒼とした松の巨木ではないだろうか・・と感想を綴っています。

闇の中で松並木を目にしたその感動は、翌日、陽の光のもとで見ても変わることはありませんでした。「粛々とした大樹の並木には、思わずため息が出てくる。なんとも壮大な眺めだ」と、本殿へと続く参道の素晴らしさをくり返し書いています。

この参道を通って、ラフカディオ・ハーンが昇殿した本殿は、明治14年の遷宮で造営されたものですが、ハーンの心をとらえた松は、今も参道にそびえています。

出雲大社を訪れる際には、永遠の緑をたたえる松並木の美しさ、力強さに、心を向けてみませんか。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-01-30 00:02 | 朝野家・香りの散歩道

/// 朝野家で「鬼のこづかい」を経験してみませんか? ///

2 450.jpg

2月3日は節分です。節分は年に4回ある季節の分かれ目の1つで、旧正月から初めての春夏秋冬を分ける節目です。立春の前日、新年を祝うと同時に厄を払っておこうとする特別な日でなのです。

朝野家では各部屋の床の間に、福豆をご準備させていただきます。升に炒り豆と柊の葉を入れてます。どうぞご利用ください。

1 450.jpg

被せています和紙には、節分の豆まき風習のいわれを書かせていただきました。
中国から伝わった追儺の儀式に由来しています。

節分450.jpg

豆まきの豆は福豆といい、年より1つ多く食べるのと病にかからぬという。翌日の立春で1つ年を重ねるので来年の分もという気持ちでしょう。湯村温泉の厄払いの豆まきは、煎り豆で「鬼は外!福は内!」とすべての入口、窓を開けて行い、厄が舞い戻らないようにして閉めます。

四辻450.jpg

この後、節分の深夜に、「鬼のこづかい」の儀式が始まります。
家族それぞれに年の数だけ豆をとり、半紙に包み体の悪い所を中心にさすり、1年間の厄を移します。この時に「鬼のこずかい」として5円か10円を中に入れるのです。

四つ辻には鬼がいて、気配を感じさせないで厄を落としに行くために、子どもたちは豆を包んだ半紙を、家から一番近い四つ辻に捨てに行きます。鬼は子供の姿が見えません、ただ音だけで子供がいるのを見つけるのです。こづかいは無事に戻ってくるお礼と鬼の興味を惹くためなのです。

玄関を開けた瞬間から、緊張の連続です。鬼に見つからないように手をつないでそぉ~と四つ辻を目指します。

鬼にきずかれないように、こんな決まりがあります。
・絶対誰にも会うな。
・絶対声を出すな。
・絶対に走るな。
・絶対後ろを振り向くな。

小さな子どもには、深夜の暗闇でしゃべることも走ることも許されない。振り向くと鬼が気づいて、食べられるといわれているで帰ってドアーを閉めると「わぁ~怖かった、鬼に食べられると思った」「○○ちゃんが泣きそうで口を押さえて帰ってきた」などと大声でしゃべります。

「そうか、そうか。食べられんでよかったなあぁ~あ・・・」

私も子供のころ怖くてたまりませんでした。朝になればすっかり無くなっています。「鬼はこづかいを持っていった。

今年の節分には、こんな風習の残っている湯村・朝野家へお越しいただき、昔ながらの体験をしてみませんか?
by asanoyayu | 2013-01-29 18:55 | 旅行・体験日記

/// 雪と温泉の生活、日常の中で・・・ ///

f0112434_1342554.jpg
今朝はキーーンと鳴る様な氷点下の空気の下で、お客様の車の雪落とし。
離れた朝野家諏訪野駐車から見ると、綺麗な雪景色の中に朝野家があります。

f0112434_13432320.jpg
屋根からの滴でつららも恐竜の牙のように成長しています。

f0112434_1345258.jpg
誰が作ったんでしょうか?

朝野家
下の湯けむり広場には、雪だるまが数個。親子の軌跡が残っています。

f0112434_13473847.jpg
荒湯では今日も変わらず、1200年前から揚がっている湯気が湯村の日常。
安心できる湯気が観光客を優しく包みます。

当たり前ののどかな時間。
時がゆっくりと流れていきます。
いつもの日常が今日も続いています。久々の青空の下で・・・。
by asanoyayu | 2013-01-27 13:53 | 旅行・体験日記

/// 冬のお礼葉書で、湯村温泉を思い出して・・・ ///

f0112434_18223074.jpg
メールやフェースブックのデジタル的な情報発信やお礼は、早くてとてもスマートなのですが、ヘタでも直筆の葉書も心に残るものですね。

絵手紙や書道を習っているわけではないのですが、旅の思い出帳や新聞の挿絵を描いているうちに、なんとなく形になってきました。

とりあえず相手を思い、見た時に喜んでもらえる事は無いか。自分にしかない個性は何かと考えては書き綴ってきました。

f0112434_1971134.jpg
冬のお礼状は「雪椿」、「蟹すき」、「松葉蟹」。
お礼の葉書も無くなってきたので、時間がある時に書いておきます。

f0112434_1963473.jpg
今年の新作は「雪地蔵さん」。
旅の思い出帳には書いていたのですが、お礼の葉書も書いてみました。

受け取った方が、湯村の冬を感じてくれればいいのですが・・・。
差別化は個性!少しだけ、私に出来る事。
by asanoyayu | 2013-01-24 08:12 | 筆誤一会

/// ルドゥーテが描いた『バラ図譜』」 /// 2013.1.23放送分

f0112434_111623.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

一枚一枚、ていねいに描かれたシルクのようなバラの花びら。その絵の前に立つと、香りまで漂ってきそうです。

作者の名は、ピエール=ジョセフ・ルドゥーテ。1759年、現在のベルギー南部に生まれ、パリで植物画家として活躍したルドゥーテは、花の肖像画ともいえる緻密で優雅な作品を数多く残しました。

なかでも、最高傑作といわれる『バラ図譜(ずふ)』は、ナポレオン皇妃ジョセフィーヌがマルメゾンの庭で栽培したバラを中心に、ルドゥーテが描いた169点のバラの銅版画です。1817年から24年にかけて刊行された、この『バラ図譜』によってルドゥーテの人気は花開き、その才能を讃えた人々から「バラのレンブラント」「花のラファエロ」と呼ばれるようになりました。

今も、植物画の最高峰といわれる『バラ図譜』。その全作品を観ることができる展覧会が、ひろしま美術館で開催されています。

会場の入口で迎えてくれるのは、ほのかなバラの香り。この素敵な演出は、何種類かのローズオイルを交替で薫らせているそうです。

また、週末にはバラの絵を施したチェンバロのコンサートなども開かれ、優雅な演奏を聴きながら作品を鑑賞することができます。

ひろしま美術館で2月11日まで開催されている「ルドゥーテのバラ」展。芸術を愛する人にも、植物を愛する人にも、心華やぐ香りを届けてくれる展覧会です。

【ホーム用香りの散歩道】
『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-01-23 00:02 | 朝野家・香りの散歩道

/// 年賀はがき、お年玉シート7本当たり ///

f0112434_1653377.jpg
何時になっても、当て物って楽しいですよね。
年1回のお年玉年賀はがき、昨日当選番号が発表されました。
子供が小さい時は彼らの仕事でしたが、早速、会社や家族に届いたもの約450枚をチェックしました。

f0112434_1653482.jpg
等級関係なく当選番号の下1ケタを0~9に並べていきます。

  70
294651
957503
 5635
111316
346247
  29

下1ケタの2、4、8は外れです。1ケタが合えば10ケタと見ていきます。
ハガキの下のケタから探して行きます。ゆっくり前のケタから調べたいのですが、たくさんあるとこれが早いようです。

f0112434_1654414.jpg
4等(下2けた)お年玉切手シートが、7枚当たりました。
当たると嬉しいですね。

f0112434_16552636.jpg
実は2等で惜しいのがありました。
2等当選番号111316、年賀の番号は111357。

年賀はがき、来年こそは止めようと思っているのですが、商売していると年1回ぐらいは良いかなぁ~と悩んでます。
by asanoyayu | 2013-01-21 16:57 | イベント・歳時記

/// 持ち歩きに便利な「幸せの湯村温泉『隠れハートを探せ』 」A5のチラシが出来ました。 ///

f0112434_121273.jpg
昨年の2月から、湯村温泉ではカップルの方に、バレンタインディーの新しいイベント企画がスタートし、ポスターに続きA5のチラシが出来ました。

f0112434_12124196.jpg
見つけると「幸せになる」「良い縁がある」と言われ、今、話題の隠れハート。実は、湯村温泉にはたくさんの隠れハートが点在しています。公認の隠れハートを探せ は34か所あます。

f0112434_12132767.jpg
あそこにも、ここにも湯村温泉の恋愛パワースポットが・・・。
「あそこの石垣に隠れてた・・・」
「あの神社にもあったよ!!」
「見ぃ~つけたぁ~!」

日本テレビの「KAT-TUNの絶対マネたくなるTV」でも放送された隠れハート。見つけて携帯写メを撮って待ち受け画面にすると恋の運気が上がるらしい・・・と話題の【幸せの隠れハート】をぜひあなたの手で捕まえて下さい。

逆さハートや横向きハート、自然に見えるもの、ある角度からしか見えないハート、なんとなくハート?などハートなら幸せになります。でもヒミツ!。秘密にしなきゃ!!人に教えると運気が逃げちゃいますよ。

❤❤湯村温泉・【幸せの隠れハート】を探せ!」❤❤

f0112434_12142145.jpg
プレゼント1
湯村温泉街にある「隠れハート」5個を写メに撮って湯村温泉観光協会へもっていくと、ハートの海老せんべい当たり付をプレゼント。

f0112434_12151742.jpg
中身はこんな感じ、黒豆茶も入っています。

f0112434_12155268.jpg
5枚のえびせんべいの中にも1枚だけハートの幸運が、誰にあたるか楽しんで下さい。

f0112434_12181792.jpg
プレゼント2
YumuraWalker表紙の記念写真を携帯に返信します。

ご宿泊のお客様は、朝野家のフロントにヒントを聞いてみてください
by asanoyayu | 2013-01-20 14:01 | 隠れハート

/// 幸せの青い鳥を探して旅に出る ///2013.1.16放送分

f0112434_15473571.jpg

(墨絵:朝野家社長 朝野泰昌)

昨年、生誕150年を迎えたベルギー生まれの作家、モーリス・メーテルリンク。童話劇『青い鳥』の作者といえば、皆さんよくご存じでしょう。

幸せの青い鳥を探して旅に出る、チルチルとミチルの物語は、100年の時を超えて、今も世界中で愛されています。

この『青い鳥』が、ノーベル文学賞を受賞したメーテルリンクの代表作といわれていますが、彼は優れた自然観察者でもありました。花やミチバチ、アリなど、自然界の神秘をテーマにした作品を数多く残し、その中の一冊『花の知恵』というエッセイでは、花の香りについて思いを綴っています。

南フランスを訪れたメーテルリンクは、この土地で何よりも強い印象を与えるのはバラやジャスミンの花が咲く季節だといい、その香りをこんな言葉で表現しました。「地上の大気が瞬く間に、限りなく幸福な惑星の大気に一変してしまったのだろうか・・・」

あたりは、「あまねく豊かにゆきわたる永遠の侵しがたい香りに充たされる・・・」こんなにも素敵な言葉で、自分の香りをほめられたバラやジャスミンは、きっと幸せでしょうね。

この本の中で「嗅覚は自然が人間に授けた唯一の贅沢な感覚なのである」と語ったメーテルリンク。その贅沢な感覚を、私たちは日頃どのくらい活かしているでしょうか。

幸せの青い鳥が身近なところにいたように、香りという幸せのもとは、気づけば私たちのすぐそばに、たくさんあるのかもしれませんね。

『朝野家・香りの散歩道』は朝野家提供で、毎週水曜日FM山陰(16:55~17:00)放送、日本海新聞・大阪日日新聞に掲載されます。

また朝野家ホームページ「朝野家・香りの散歩道」のバナーからもお聞きいただけます。
by asanoyayu | 2013-01-16 00:03 | 朝野家・香りの散歩道

/// 地球からの贈り物で環境に優しい温泉地を目指 ///

朝野家に帰ってきたら、机の上に新聞の切り抜きが置いてありました。
夜警のNさんが、置いてくれたみたいです。

f0112434_20145181.jpg
以前から提唱してきた私のコメント、温泉熱発電の記事が読売新聞に載っていました。湯村温泉は昔から日常に溶け込んできた温泉で、観光だけのハレの温泉でなく、住民や来訪者も使える珍しいケの温泉です。

荒湯で野菜や山菜を湯がき、洗濯をして、冬には湯たんぽに使ってきた自慢の温泉です。

今回は新しい活用として、ペルチェ素子を使い温度差発電の実験をなっています。ジオパークの精神にのっとり、地球からの贈り物で環境に優しい温泉地を目指しています。

今の時代にあうECOな温泉熱発電を、世界に情報発信していきたいと思います。
by asanoyayu | 2013-01-15 20:16 | 温泉力

/// 【まんが・但馬むかし話】 「ふたつめのご本尊」 香美町・美方 ///

むかし、むか~しから、但馬国(たじま)の湯村温泉に朝野家という旅館があるそうなぁ~。

「その旅館はなぁ~ぁ、お客様に但馬のことを知っていただこうと但馬民話を漫画に描いたそうじゃぁ~」今も残っているその漫画を、また公開することになったのじゃ~。
f0112434_17103574.jpg
朝野家のまんがコンテンツを出します~。

この漫画は手塚おさむさんのアシスタントをしていたまんが工房岩田さん(鳥取在住)にお願いして、画いていだきました。
by asanoyayu | 2013-01-14 00:03 | 但馬のまんが昔話